2021年04月30日

2021年04月29日の遠吼え






















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

2021年04月28日の遠吼え


















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

2021年04月27日の遠吼え




























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月27日

2021年04月26日の遠吼え












































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月26日

2021年04月25日の遠吼え










posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

2021年04月24日の遠吼え






















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月24日

2021年04月23日の遠吼え






















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月23日

2021年04月22日の遠吼え


































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

2021年04月21日の遠吼え














posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月21日

2021年04月20日の遠吼え
































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

ドロンちび丸(1)杉浦茂

ドロンちび丸 (1) (クオーレ) - 杉浦茂
ドロンちび丸 (1) (クオーレ) - 杉浦茂

そういえば杉浦茂の作品を、ちゃんと読んだ事なかったなあと思い読んでみる。

ナンセンスギャグ漫画で独特表現てのは知ってたけど、かえって逆に物語筋書としては破綻したりはこの作品に関してはないんだなとも思った。

集英社『幼年ブック』昭和30年10月号別冊付録掲載の「かたいあたま」の章で、
ライバルとして登場した際は「あっかんだるま」なのだが、ちび丸と後に仲良くなって「おりこうだるま」になるキャラが、

飴をなめながら

>「ぜんぜん おいしいね」


というセリフを言っている。

「全然」は否定形用途が正しいと現在でも広く言われているが、

1955年作品に肯定用途で「ぜんぜん」が使用されている例を見つけた。

>「全然いい」「全然OK」は誤用? -「全然」の正しい使い方【ビジネス用語】
https://news.mynavi.jp/article/20180301-590073/

他にも『幼年ブック』昭和30年7月号別冊付録掲載の
「まっすぐまっすぐ」の章は、「魁!!男塾」での「直進行」の元ネタだろ!とか思ったり。

魁!!男塾 第1巻 - 宮下あきら
魁!!男塾 第1巻 - 宮下あきら

本作では大らかな時代宜しく力道山が出てきたり、ゴジラやアンギラスが出てきたりもするが、

力道山プロレス地獄変 : 下 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか〜最終章〜 KIMURA〜木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか〜 (アクションコミックス) - 増田俊也, 原田久仁信
力道山プロレス地獄変 : 下 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか〜最終章〜 KIMURA〜木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか〜 (アクションコミックス) - 増田俊也, 原田久仁信

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ アンギラス(2004)
ゴジラ ムービーモンスターシリーズ アンギラス(2004)

田川水泡の弟子だけあって、のらくろや、ブル連隊長が客演してたりも御愛嬌。(名前は流石に出してないけど、見た目で不通に判るw)

のらくろ漫画大全 (スーパー文庫) - 田河 水泡
のらくろ漫画大全 (スーパー文庫) - 田河 水泡

posted by wolf_howling at 04:45 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月19日の遠吼え








posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月19日

2021年04月18日の遠吼え














posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

2021年04月17日の遠吼え








posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月17日

ゴルゴ13(10)『雪は黒いドレスの肩に』『アラスカ工作員』『鎮魂歌に牙を』『リオの葬送』『ナチス鉤十字は錆びず』『ラ・カルナバル』

ゴルゴ13(10) (コミックス単行本) - さいとう・たかを
ゴルゴ13(10) (コミックス単行本) - さいとう・たかを

1巻まるごと連作というスタイルだが、内容の出来はイマイチ。

『雪は黒いドレスの肩に』の出来が良いだけに、無理にスケールアップしたためにオーバーで安っぽいスパイアクション映画みたいにしてしまった続編が全て蛇足。

『鎮魂歌(レクイエム)に牙を』
の回でKGBに捕まったゴルゴが何を装備しているかが解るコマがある。

M16カスタム、高性能手榴弾、ダイナマイト、ダムダム弾、毒ガス(嘔吐(アダムサイト)ガス、びらん(ルイサイト)ガス、サリン(神経ガス))、モルヒネ、アトロピン、スコポラミン、ストリキニーネ、青酸、メスカリン、そして数枚の偽造パスポート。

これ、もしゴルゴが爆死したら周囲は大惨事だな(苦笑)


『アラスカ工作員』
の回でジュリー・アンドリュースショーを放送している時点の設定なので1965年11月ということになるが。

>The Julie Andrews Show
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Julie_Andrews_Show

『ラ・カルナバル』=リオのカーニバル期間ということは半年以上もかかっている話という事になる。

>リオのカーニバル、今年は中止へ 新型コロナで7月開催「不可能」―ブラジル
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012200192

にしても一つ前の9巻、ボリビアを舞台にしている話で第23話『内陸地帯』にはネタとして有名な
吸血アリクイが出てくる。

『内陸地帯』の脚本協力は宮崎惇。

宮崎惇は『聖マッスル』の原作者だから、まあねって感じではあるのだが。

聖マッスル - 宮崎 惇, ふくしま 政美
聖マッスル - 宮崎 惇, ふくしま 政美

10巻の脚本協力は通してK・元美津なので、よっぽど『内陸地帯』の吸血アリクイのインパクトに食われちまったんだなと。

ちなみにオオアリクイはジャガーも倒す程のアマゾン最強生物だけど、大人しい動物だってのは2歳の頃の俺でも知ってるレベルの事だけどな!

ゴルゴ13(9) (コミックス単行本) - さいとう・たかを
ゴルゴ13(9) (コミックス単行本) - さいとう・たかを

posted by wolf_howling at 18:04 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルゴ13(9)『ラオスのけし』『デス・バレイ』『内陸地帯』『誕生日に白豚を殺せ!!』『暗い街灯の下で』

ゴルゴ13(9) (コミックス単行本) - さいとう・たかを
ゴルゴ13(9) (コミックス単行本) - さいとう・たかを

『ラオスのけし』は1971年2月の発表作品。脚本協力は森幸太郎。

概要として、ゴルゴはCIAから麻薬王を殺す依頼を受ける形だ。

作中でCIAは
「けし栽培地として名高いラオスのジャール平原をめぐって、ラオス政府軍とパテト・ラオ(ラオス愛国戦線)軍、それに北ベトナム混成軍との死闘が、何回となくくり返されている」

といい、

GRU(ロシア連邦軍参謀本部情報総局)工作員は

「アメリカ空軍は、1ヶ月のべ12500機の戦闘爆撃機を投じ、ベトナム北爆を上まわる大量の爆弾をジャール平原にただきこんだ。
にもかかわらずジャール平原はパテト・ラオ軍に完全に制圧されるにいたっている」


と語る。

米軍が中立国であるラオスに無責任にバラ撒いた爆弾総量は200万トン以上。
ラオス全人口の約1割、30万人以上がラオス空爆でアメリカ人に大量虐殺された。
クラスター爆弾や地雷は現在でも不発弾としてこの地域を脅かしている。

作中に元フランス外人部隊が出てきてゴルゴをおちょくった挙句にボコボコにされているが、
ラオスやベトナムがフランス植民地支配を受けてきた仏領インドシナだった歴史背景もちゃんと匂わせている。

フランス人は自分たちで争わない: フランス外人部隊日記 日記シリーズ (ノンフィクションライトノベル文庫) - 大仏見富士, ロボットマナブ
フランス人は自分たちで争わない: フランス外人部隊日記 日記シリーズ (ノンフィクションライトノベル文庫) - 大仏見富士, ロボットマナブ

この作品が掲載された1971年にはまだラオスは内戦中で、
1975年のベトナム戦争のサイゴン陥落をうけ、ラオス首都ビエンチャンで2万人もの反右派住民デモが起きた。
王国軍は解散となりパテト・ラオ側が勝利した形となった。

サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3)) - 近藤 紘一
サイゴンのいちばん長い日 (文春文庫 (269‐3)) - 近藤 紘一

北ベトナム軍とパテト・ラオ、つまりはインドシナ半島で共産勢力が勝利した。
現在においてもラオスはラオス人民革命党による一党独裁体制の社会主義共和制国家だ。

この敗北に至る事を躍起になって止めようとしていたのがアメリカ。
ラオス内戦についてはCIAが画策担当していた。

そしてこの話ではCIAが麻薬売買で軍資金を得ている組織を叩くようにゴルゴに銘じている「様に見える」。

だが実態としてCIAは「エア・アメリカ 」というフロント企業をつくり黄金の三角地帯で自らが麻薬や武器の空輸を行っていたのだ!

エア★アメリカ HDマスター版 [DVD] - メル・ギブソン, ロバート・ダウニー・Jr, ナンシー・トラヴィス, レイン・スミス, デヴィッド・マーシャル・グラント, ケン・ジェンキンス, ロジャー・スポティスウッド
エア★アメリカ HDマスター版 [DVD] - メル・ギブソン, ロバート・ダウニー・Jr, ナンシー・トラヴィス, レイン・スミス, デヴィッド・マーシャル・グラント, ケン・ジェンキンス, ロジャー・スポティスウッド

1972年にアルフレッド ・ウィリアム・マッコイによりアメリカCIAによる麻薬密売は明らかにされた。

>CIA麻薬密売の申し立て - Allegations of CIA drug traffickingWikipedia site:ja.wikiarabi.org
https://ja.wikiarabi.org/wiki/Allegations_of_CIA_drug_trafficking

>アルフレッドW.マッコイWikipedia site:ja.wikiarabi.org
https://ja.wikiarabi.org/wiki/Alfred_W._McCoy

ヘロイン―東南アジアの麻薬政治学 (1974年)上下2巻 - アルフレッド・W.マッコイ, 堀 たお子
ヘロイン―東南アジアの麻薬政治学 (1974年)上下2巻 - アルフレッド・W.マッコイ, 堀 たお子

しかしフィクションながら、既に松本清張が1969年に連載した『象の白い脚』という作品でアヘン密売にCIAが関与している陰謀を描いている。
証拠が公にされるまで時間はかかったものの当時でも周知の事実だったのだろう。

ゴルゴはアメリカから請け負った形で共産勢力側の麻薬組織をターゲットにしたとして描かれているが、
結果論的にはCIAという麻薬密売組織が商売敵を殺し屋に襲撃させたギャング抗争だったわけだ。

P+D BOOKS 象の白い脚 - 松本清張
P+D BOOKS 象の白い脚 - 松本清張

posted by wolf_howling at 15:58 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月16日の遠吼え




posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月16日

ゴルゴ13(8)『マニトバ』『素晴らしきシカゴ』『デスマスクの肖像』『仮面の標的』『マッディブラッド』

ゴルゴ13(8) (コミックス単行本) - さいとう・たかを
ゴルゴ13(8) (コミックス単行本) - さいとう・たかを

現在ではゴルゴは冷酷非情なイメージが確定しているが、初期には子供や女性を気遣って守ったり庇ったりする行動もよく見られた。

だが、ゴルゴを殺しに来た女スパイに必然の報いを与える展開は別にして、
悲劇の女性がゴルゴに関わって後の結末へというパターンも徐々に増えてきた感じがそろそろする。

1960年代を色濃く残している頃のゴルゴは度々、ナチスとKKKがターゲットとして関わる。

ホロコースト ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌 (中公新書) - 芝健介
ホロコースト ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌 (中公新書) - 芝健介

新書827クー・クラックス・クラン (平凡社新書) - 隆三, 浜本
新書827クー・クラックス・クラン (平凡社新書) - 隆三, 浜本

『デスマスクの肖像』の回では当時のアメリカ南部在住白人でありながらクレー射撃の上手いゴルゴと喜んで知人となる人物が

>白人至上主義者のエイブラムス


という知事に対して、

>ふん!エイブラムスという名まえがおかしくってなりませんよ!

と言うセリフがある。

言うまでもなく「エイブラハム・リンカーン」にかけた台詞だろうが、

実態として「奴隷解放宣言」を公布したとしても、リンカーンが黒人と親しくはつきあったりしていない。

エイブラハム・リンカン―「奴隷解放宣言」を発して奴隷制度を廃止し、民主主義の指針を示したアメリカの大統領 (伝記 世界を変えた人々) - アンナ スプロウル, Sproule,Anna, 美ど里, 茅野
エイブラハム・リンカン―「奴隷解放宣言」を発して奴隷制度を廃止し、民主主義の指針を示したアメリカの大統領 (伝記 世界を変えた人々) - アンナ スプロウル, Sproule,Anna, 美ど里, 茅野

実質は南北戦争で勝利する為に解放奴隷たちを兵力として利用したにすぎない。


リンカーンは「ホームステッド法」に署名し発効した大統領だ。
アメリカ西部の未開公有地を安価に払い下げる法律で、開拓を促進する目的だった。

大草原の小さな家 DVDコンプリートBOX - マイケル・ランドン, カレン・グラッスル, メリッサ・ギルバート, メリッサ・スー・アンダーソン, リンゼイ&シドニー・グリーンブッシュ, ディーン・バトラー, ヴィクター・フレンチ, シャナン・ドハーディ, キャサリン・マグレガー
大草原の小さな家 DVDコンプリートBOX - マイケル・ランドン, カレン・グラッスル, メリッサ・ギルバート, メリッサ・スー・アンダーソン, リンゼイ&シドニー・グリーンブッシュ, ディーン・バトラー, ヴィクター・フレンチ, シャナン・ドハーディ, キャサリン・マグレガー

自由農民が増える事により、プランテーション、ひいてはその労働力である奴隷制への影響を嫌ったアメリカ南部の諸州が合衆国から1861年に脱退したことにより通過した法律だ。
その年からAmerican Civil War 南北戦争が始まる。

南北戦争 アメリカを二つに裂いた内戦 - 小川寛大
南北戦争 アメリカを二つに裂いた内戦 - 小川寛大

白人入植が進んだことによりインディアンとの衝突、ひいてはインディアンは白人に住んでいた場所を追われる事になる。

Dakota War ダコタ戦争と呼ばれる事件がある。
Warだの言っても実質は白人軍隊に狩場から追われ、約束した年金や食料が白人によって盗み取るられたことで支給が行われず、結果的に飢餓状態となったスー族が起こした暴動に対して一方的にアメリカという国家が暴力を振るった身勝手な呼び名である。

ダコタ族の酋長たちは交易業者代表アンドリュー・ミリックに援助を求めた際に

「やつらが飢えているんなら、草か自分の糞でも食わせておけばいいだろう。」


と暴言を吐いた。

1862年にスー族は暴動蜂起した。
アンドリュー・ミリックは逃げ出そうとしたところを見つかり、最初に殺された白人となった。
死体の口には草が詰め込まれていたそうだ。

大統領エイブラハム・リンカーンは鎮圧をジョン・ポープ命じた。
ポープは言った。

「私の目的は、スー族をすべて皆殺しにすることだ。
彼らは条約だとか妥協を結ぶべき人間としてなどでは決してなく、狂人、あるいは野獣として扱われることになるだろう。」


この時点で約束を守らず人間として扱われるべきでない狂獣がどちらかは明白だろう。

白人たちはインディアンの降伏後も、酋長の首を切り落とし頭の皮をはいで晒し者にした。
2000人の捕虜は、ほぼ4年間収監され、3分の1は病気で命を落とした。
更には暴動と無関係な女性や子供、老人を含むダコタ・スー族の1,700人が収容所に拘留された。そのうち疫病によって300人以上が亡くなった。

リンカーンは39名の死刑執行署名を行い、執行の延期を認められた一人を除いて、
見世物として38人が同時に絞首刑にされた。

このようなナチスのホロコースト同然の民族浄化的な大量虐殺を行った大統領こそがエイブラハム・リンカーンなのだ。


正しい歴史を知っておくべきだ。


文庫 わが魂を聖地に埋めよ 上 (草思社文庫) - ディー・ブラウン, 鈴木主税
文庫 わが魂を聖地に埋めよ 上 (草思社文庫) - ディー・ブラウン, 鈴木主税

posted by wolf_howling at 00:30 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月15日の遠吼え
















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月15日

2021年04月14日の遠吼え




























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事