2021年08月31日

2021年08月30日の遠吼え


























































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月30日

2021年08月29日の遠吼え












posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

魔界転生(2003年)

魔界転生(2003年) - 窪塚洋介, 佐藤浩市, 麻生久美子, 杉本哲太, 黒谷友香, 吹石一恵, 中村嘉葎雄, 長塚京三, 古田新太, 加藤雅也, 麿赤兒, 平山秀幸, 奥寺佐渡子
魔界転生(2003年) - 窪塚洋介, 佐藤浩市, 麻生久美子, 杉本哲太, 黒谷友香, 吹石一恵, 中村嘉葎雄, 長塚京三, 古田新太, 加藤雅也, 麿赤兒, 平山秀幸, 奥寺佐渡子

「はいクソー」。

冒頭からかったるくて1.3倍再生。アクションも碌に出来ない老人俳優連中まで起用してるから中盤近くから2倍速再生した。
そのスピードを付加してすら「本家」魔界転生(1981年)の千葉ちゃんとジュリー対決や、若山富三郎の迫力には遥かに及ばない。

魔界転生(1981年) - 沢田研二, 千葉真一, 真田広之, 若山富三郎, 緒形拳, 佳那晃子, 丹波哲郎, 成田三樹夫, 室田日出男, 成瀬正(成瀬正孝), 深作欣二, 野上龍雄, 石川孝人, 深作欣二
魔界転生(1981年) - 沢田研二, 千葉真一, 真田広之, 若山富三郎, 緒形拳, 佳那晃子, 丹波哲郎, 成田三樹夫, 室田日出男, 成瀬正(成瀬正孝), 深作欣二, 野上龍雄, 石川孝人, 深作欣二

どんなにCGを使おうが、本物の火を使って撮影したシーンには勝てないし、
そもそもにキャストの役者レベルで21世紀版は負けが確定してる。

原作を読んでるので忍法“魔界転生”を映像にしてる点で、アレをやるのか、と思った。
深作欣二は特撮で表現できないわけじゃないけど「きれいな絵を作りたい」から意図的に取り入れていない点からして、
監督や特技監督の技量以前の信条からして勝負にならない。

原作比較といえば、深作版は魔界衆を絞り込んだ上で細川ガラシャを加える事で原作者の山田風太郎をして「ガラシャは思いつかなかった」と言わしめた。

細川ガラシャ夫人 - 三浦 綾子, 村上 めぐみ, 有賀 友利恵, 大島 昭彦, 野口 晃, 安田 愛実, パンローリング株式会社
細川ガラシャ夫人 - 三浦 綾子, 村上 めぐみ, 有賀 友利恵, 大島 昭彦, 野口 晃, 安田 愛実, パンローリング株式会社

一方、クボヅカ版は荒木又右衛門を出してるけど、何で出てきたのか解らないキャラ用途。

講談名作文庫13 荒木又右衛門 - 講談社
講談名作文庫13 荒木又右衛門 - 講談社

原作では徳川頼宣も魔界転生のターゲットにされるけど、殺しちゃったら70歳まで生きた歴史側が狂っちまうだろバーカ。

征夷大将軍になり損ねた男たち ートップの座を逃した人物に学ぶ教訓の日本史 - 二木謙一, 二木謙一
征夷大将軍になり損ねた男たち ートップの座を逃した人物に学ぶ教訓の日本史 - 二木謙一, 二木謙一

何より、徳川家康を魔界転生したところで、既に権力や地位を譲った後ではタダのジジイにすぎねえだろ。

ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら - 眞邊 明人
ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら - 眞邊 明人

そもそも魔界転生ってのは人生に悔いのある者が生きながらえたい心を利用する訳だけど、
何で清和源氏の家系でもなんでもないのに経歴詐称までして征夷大将軍になって幕府を創った徳川家康が内ゲバで徳川幕府を崩壊させる必要があるんだよ!

>徳川家康 将軍になるためルーツを詐称した
https://www.news-postseven.com/archives/20180516_670810.html?DETAIL

監督の平山秀幸って、原作と深作版を意識してるのがアリアリなのに、自身の能力差でこの程度のアウトプットしかできないってのが明白なだけだな。

深作版で、あえての最大欠点は、ここまで引っ張ってラストがコレかよ?!と腑に落ちない点だ。

それを改善する事で一縷の逆転チャンスがあったハズ。

それすら自ら棒に振って亜流の劣化演出とか、救いようがない。

個人的にはラストは原作版が一番良い様に思う。

魔界転生 上 山田風太郎忍法帖(6) (講談社文庫) - 山田風太郎
魔界転生 上 山田風太郎忍法帖(6) (講談社文庫) - 山田風太郎

posted by wolf_howling at 17:36 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月28日の遠吼え
































































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月28日

ポンペイ(2014年アメリカ)

ポンペイ [Blu-ray] - キット・ハリントン, エミリー・ブラウニング, キャリー=アン・モス, キーファー・サザーランド, ポール・W・S・アンダーソン
ポンペイ [Blu-ray] - キット・ハリントン, エミリー・ブラウニング, キャリー=アン・モス, キーファー・サザーランド, ポール・W・S・アンダーソン

GYAOで2倍速視聴。
https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%A4/60ab74cd-f379-4ecd-9e40-8a87d32e0327

監督が『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンなのでCGスタッフはそれなりに頑張っている。

【Amazon.co.jp限定】バイオハザード 4K ULTRA HD & ブルーレイ コンプリートBOX (完全数量限定)(ブックレット(8ページ)付)[4K ULTRA HD + Blu-ray] - ミラ・ジョヴォヴィッチ, ミシェル・ロドリゲス, エリック・メビウス, ジェームズ・ピュアフォイ, ポール・W・S・アンダーソン
【Amazon.co.jp限定】バイオハザード 4K ULTRA HD & ブルーレイ コンプリートBOX (完全数量限定)(ブックレット(8ページ)付)[4K ULTRA HD + Blu-ray] - ミラ・ジョヴォヴィッチ, ミシェル・ロドリゲス, エリック・メビウス, ジェームズ・ピュアフォイ, ポール・W・S・アンダーソン

でも例の如く微妙な物語展開な上に、ラストもタイトルからして想像つくけど、ディザスタームービーにせよ無為に人を殺し過ぎ。
映画としてガッカリなのが、主演のキット・ハリントンと、ヒロイン役のエミリー・ブラウニングがパッとしない事。
俺が嫌いなキーファー・サザーランドが悪役として焼け死ぬのが観れた点だけしかカタルシスもないし1時間CG観ただけ。

一応、ポンペイの再現をしようとする努力は認めるけど、

ローマの石畳の道を再現した点はいいけど、2車線じゃない点で馬車が通行できない街の構造になってしまっている。

冒頭の闘技場でフレイル状のモーニングスターを持ってる奴が出てくるのだが、金属鎧に対して有効な武器を剣闘士がメインウエポンとして使用してるのは説得力が皆無。

何より歴史考証的に一番アウトなのが
主人公がケルト人なので騎馬の扱いが上手いという設定なのだが、
この頃にはまだ「鐙」が発明されていない!

この映画の舞台は紀元62年設定で、カエサルのガリア戦争は紀元前58年〜51年で、その頃のヌミディア騎兵は鐙のない馬に乗れる技術を持つことからエリート兵だったし、対するガリア人=ケルト人は戦車(チャリオット)の騎兵だった。

ガリア戦記 (岩波文庫) - カエサル, 近山 金次
ガリア戦記 (岩波文庫) - カエサル, 近山 金次

そもそもローマとブリテン島にいて戦った民族はケルト人ではない!

ケルト人―古代ヨーロッパ先住民族 - ゲルハルト ヘルム, Herm,Gerhard, 楠生, 関
ケルト人―古代ヨーロッパ先住民族 - ゲルハルト ヘルム, Herm,Gerhard, 楠生, 関

単に監督のポール・W・S・アンダーソンがイギリス人だからブリテン島やロンディニウム=ロンドンの元を出したかっただけで、そのせいで完全に設定がそもそも破綻してしまっている。

あとはディザスタームービーなのに災害の表現がインチキすぎ。
火砕流の速度は時速100kmを超える事もあるからフルスピードで走れる自動車でもない限り人間が逃げられる筈が無い!
津波にしたって人間が走って逃げて助かるのに波を目視してからなんてのは無理!

せいぜい火山の表現として噴火時に火口から噴出してくる順番が火山弾、火山礫、火山灰ってのが合ってた位だな。

ポンペイの歴史と社会 (世界の考古学) - ロジャー リング, Ling,Roger, 賀貴, 堀
ポンペイの歴史と社会 (世界の考古学) - ロジャー リング, Ling,Roger, 賀貴, 堀

posted by wolf_howling at 04:47 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月27日の遠吼え






























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月27日

2021年08月26日の遠吼え






























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月26日

2021年08月25日の遠吼え


















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月25日

2021年08月24日の遠吼え
























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月24日

2021年08月23日の遠吼え


























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月23日

2021年08月22日の遠吼え






















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月22日

2021年08月21日の遠吼え














































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月21日

2021年08月20日の遠吼え








posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月20日

2021年08月19日の遠吼え


























posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月19日

2021年08月18日の遠吼え




















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月18日

2021年08月17日の遠吼え




















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月17日

2021年08月16日の遠吼え


















posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月16日

2021年08月15日の遠吼え
































































posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

2021年08月14日の遠吼え








posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月14日

2021年08月13日の遠吼え














posted by wolf_howling at 00:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の記事