2008年07月01日

赤塚不二夫公認サイト これでいいのだ!!






DVD 元祖天才バカボン DVD-BOX 1《発売済・取り寄せ品》


マンガヒーローズ 天才バカボン&もーれつア太郎 BOX《発売済・取り寄せ品》

「天才バカボン」で検索して下記をみつけたんだけど、これいいなぁ
http://www.koredeiinoda.net/bakabon_top.html

俺、相当長い間このサイトがあったの知らなかったんだな…

つーかFlashサイトのSEO不利とかあるにせよ、
時間をかけてのマーケとそこそこいいものを作っておけば間違いないってことだよな。

(一部、個別カテゴリのプロダクトポータルに戻るボタンがないというUIには呆れたが)

ともあれバカボンのコンテンツはそれなりに気合いも入ってていい。
(そして、後付けのコンテンツが徐々に微妙になっている感じがあるサイト)

http://www.koredeiinoda.net/bakabon_top.html

でも、コンテンツは充実してるし、よくあるテレビ局の番宣や出版社の作品紹介サイトなんかよりも更新頻度も高い!感心した。
(連載ものはライブラリ化やバックナンバーだので厚みを持たせた方が得をするのにってとこだけが残念)

それにしても赤塚不二夫自身が倒れて、もうずっと意識不明のまま4年も経過してるんだなぁ・・・

手塚も、藤子F不二夫も、石ノ森も亡くなるの平均寿命とかから見ると早いし、
10代とかでマンガ家をホントに志してデビューしてきた人たちとかホント燃え尽きちゃってるんだなと。

(今でも10代でデビューしてるマンガ家がいることも知ってるし、
そういう人を批評とか改善要求やアドバイスじゃなくて、Webで闇雲に面白半分で叩いたりとかしてるクズとか見かけるとホント腹立つけど)

紙にインク載せて右から左へ流通させることだけで中抜きだのした上に原稿紛失とかする出版社どもや、搾取の結果、年収1000万オーバーだのになってる寄生虫編集者どもじゃなくて、ホントにコンテンツクリエーターが収益を得やすい仕組みが必要だよね。


あ、あと下記で天才バカボンの各アニメOPとEDがみれます。
http://www.koredeiinoda.net/b_anime.html

トムスもぴえろも太っ腹だよね!好きだ!


【予約】少年サンデー50周年企画★人気キャラクター名ゼリフ入り!ミニ扇子根付携帯ストラップ(天才バカボン)【納期7月上旬予定】【開催06272p】


★送料無料★CONVERSE AS RETROTENSAI-BAKABON HI【コンバース オールスター レトロ天才バカボン ハイ】YELLOW【イエロー】



posted by wolf_howling at 14:04 | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事