2008年07月07日

燃えよデブゴン Enter The Fat Dragon




香港電影最強大全1800円キャンペーン::燃えよデブゴン7 デジタル・リマスター版

残念ながら水島裕の吹き替えじゃなかった。

にしてもこのレベルの映画を昔はゴールデン洋画劇場とかで流してたんだなー(苦笑)

とはいえ「身軽なデブ」のサモハンのアクションは見所それなりなことと、
本当にサモハンはブルース・リーを尊敬してたんだなーとシミジミ思った。

コメディーとして自分がブルース・リーに憧れながらも太っちょで全く似てない青年というキャラを演じつつも、
リー模倣の劣化映画俳優に対しては「お前達なんてどこもブルース・リーじゃない!もっと頭を使え!」と言ってのけて叩きのめす。


燃えよドラゴン【Blu-rayDisc Video】

最後の3人抜きは死亡遊戯のオマージュだろうし
(黒人役の人はどうみてもただ顔を塗りたくってる中国人なんだけど・・・)


ブルース・リー『死亡遊戯』オリジナル・サウンドトラック

主軸が自虐コメディーなことでこれ自体は粗悪なリー模倣映画ではないということと、
やっぱりあの体型でも演舞がしっかりと出来てるサモの見せ場が立ってるというのは久々にみてそれなりだが楽しかった。
(蹴りへの脚でのカウンターなんてホント見事!)

で、このノリが解らないと浦安鉄筋家族のサモハンキン子の大福星子とのかけあいとか面白みは数百分の1だろうなーとか。

ちなみに「サモサモー!」とか謎の言語にせよ俺の中の脳内だとそれはCV水島裕だし、大福星子の声は石丸博也だから(W


浦安鉄筋家族(28)

posted by wolf_howling at 00:37 | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事