2008年08月07日

Google マップ ストリートビューたのしー




Google Maps hacks第2版


Google Maps API逆引きクイックリファレンス


Google Maps API徹底活用ガイド

いやー、コンテンツも禄にみんとこっちで遊んでました(W

アメリカでリリースされたときに「これはやりすぎだろ、プライバシーってものが…」と思ったんだけど、やっぱり日本でもほぼ同様の問題起きてるよな。

会社の検索してみたら、思い切り会社から出てきてる社員の某さん写ってるし・・・

でも、これ顔の個所にぼかしかけてあるのな。一応。

http://www.google.co.jp/help/maps/streetview/
>不適切な画像を報告するには

とかもあるしね。こっから先は人力ハックか。

ともあれ、これほど良く出来た「地図」は現状他にはないだろう。
「ココの店ですよ!」とか教えるのにこれほど間違いが起き難い道案内もないだろう。

歩きなれたアキバもバーチャルにグルグルまわってみて、
「ここらの写真は朝撮ったな。この店のシャッター降りてるし」とか思ったのだが、
これ一昔前のダンジョンゲームの移動速度並みのスペックでてるよね。
思わず建物の中に入りたくなるのだが、これ自動車で撮影してるので、ビルの中を自動車が走るわけにも行かず当然道路を移動するに留まる。

それと、「あー、ココで曲がっちゃってるんだ。この先に行きたいのに・・・」という感じでビューをグリグリ回転させて、目的の建物にズームして遠景で確認したりとかって個所が多かった。

まぁ東京は路地が恐ろしく多いし、運送屋でも新宿は町名が多いって言う位だし、
完全補完は相当難しいよな。

ともあれこれで結構なシティーアドベンチャーゲームができそうだよなーと、
もうMapsとEarthの強化がされる度にこれ使ってゲームやりたいって毎回書いてるんだけど、はて、何がいいかなーとか逆にこれだけデータがあると迷う。

座標共有しておっかけっこするってのは割とたのしいんだけど、それって初期のMapsでもできるよな。まんまスコットランドヤードとか


カワダ スコットランドヤード

これ写真の上に対象物反映させてそれを相手がみれないと、結局、潜水艦ゲームと同じレベルか・・・

Earthの方とのGoogle SketchUpでの3D連携も、Google SketchUpの機能が微妙にショボイせいで流行ってないどころか殆ど知られてないよね。


Google SketchUpスーパーマニュアル


Google SketchUp日本語版パーフェクト(入門編)


Google SketchUpパーフェクト(実践編)

場所を絞り込んで当てるゲーム・・・
これにも別に2D以外のデータはいらないか。

あと、公園や広場とか施設は中を撮影車で乗り回すわけにも行かず、
一般的な外景写真意外は参照できないんだよね。

んー、機能自体は見た目諸々凄く楽しいんだけど、
よくよく考えてみるとこの機能を応用して遊ぶのは結構難しいのかも??

つーか、先にも述べたが元々「地図」だしね


Google Maps API v2活用リファレンス


Googleマップ+Ajaxで自分の地図をつくる本


Google Earthコンテンツ&アプリ作成ガイドブック


Google Earth裏perfect



posted by wolf_howling at 10:13 | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事