2009年01月17日

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」




【DVD】ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版 /ダニエル・ラドクリフ

にしても、このシリーズみてるとアングロサクソンジュートどもの教育ってものがどういうものか解るよな。

まずは学校内で潰しあい。

次に学校代表同士で潰しあい。

社会に出たら他の企業をこき下ろし。

挙句、そいつらの集合体の結果は他の国を破壊侵略。

そういう思想になるって、こんなこと教育とか言ってやってりゃな。


とはいえ、平和ボケどもや「ゆとり」がいいとは思わない。

なにしろ、こういう凶悪凶暴な連中と世界レベルでやりあって、駆け引きしてかなきゃならないわけだから。


で、まあその毛唐の元教師が書いたお話だが、流石、オコサマ向けレベルってあけあって、コナン並に怪しい人間がまんま犯人諸々なわけだけど、
まあその正体が一度に色々と明かされる話で、その辺はすっきりした。

変に穿った展開とかホント全く無いのなってのの裏づけ取れて。


■10%OFF+送料120円■ポストカード封入特典■TVアニメ DVD 【名探偵コナンPART.16 Vol.8】08/8/22発売

この点、毛唐ってのは単純で読みやすいから、対策も立てやすいよな。

同様に、どこぞの大陸の奴らは、嘘つきしかいないとか思ってればいいわけで。


ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上・下2巻セット)



posted by wolf_howling at 23:33 | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事