2009年01月19日

キャプテン翼の「チャンバ」に対する新説






【DVD】キャプテン翼 COMPLETE DVD-BOX 1〈小学生編・前編〉/アニメーション


【送料無料選択可!】キャプテン翼 コンプリート・コレクション / アニメサントラ

「ストレイトジャケット」で薬室を「チャンバー」とか言ってて、


DVD ストレイト・ジャケット COMPLETE BOX(同梱不可品)《発売済・取り寄せ品》

>チャンバーって何だよ。古い芸能界用語での「ばーちゃん」の意味かっての。

>薬室はchamber、t∫e'imbэ(r)、言わばチェィンバーって発音だろ。

>ガンアクションとか言いながら、用語ちゃんと知らないって・・・薄っぺらにも程がある。

って書いたわけだが、


チャンバーで検索するとキャプテン翼がやたらとかかる。

>キャプテン翼の「♪あいつの噂でチャンバも走る」の「チャンバ」って一体何なんですか!
http://q.hatena.ne.jp/1077895790

要は最も古いアニメ化作品OPの沖田浩之が歌う「燃えてヒーロー」歌詞中に「チャンバ」なるものがあるのだが、何の意味なのかって疑問質問とそれに対する推測解答が殆どなのだが、実際のところ、真実が何なのかは明確になっていない様子。

キャプテン翼 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E7%BF%BCJ#.E3.82.AD.E3.83.A3.E3.83.97.E3.83.86.E3.83.B3.E7.BF.BC.EF.BC.88.E6.98.AD.E5.92.8C.E7.89.88.EF.BC.89

オープニング主題歌

* 『燃えてヒーロー』(1話 - 87話)
o 作詞:吉岡治、作曲:内木弘、編曲:飛沢宏元、歌:沖田浩之、小粥よう子
o なお、歌詞に出てくる「チャンバ」という言葉の意味は、諸説あるものの未だ不明である(有名なものに「おばあちゃんの業界用語」説、「ポルトガル語の新聞記者」説など)


でもさあ、

♪ちょっとアレげなー

とか

♪それにつけても、おやつはカールー(曲は燃えてヒーローのまま)


明治 カールチーズあじ 10個入

とか替え歌で茶化されるような古臭いフレーズの中に

急に当時はパパラッチだのって言葉すら広まってない時代に、現在でも一般的には誰も使っていないから、現在でも多くの人が疑問のままのポルトガル語の記者言葉をわざわざ使った言い方や、

放送業界でのシーメーだのワイハだのって逆読みとかを入れるってのはあまりに唐突で違和感が大きい。


そこで別の説を唱えるてみる。

ここでキーになるのは「サンバ」という言葉の韻を踏んでいる事だ。

「燃えてヒーロー」の二番を見れば一番と同じ「ジグザグサンバ」リピートフレーズの後に「スズメも三羽(サンバ)」と書かれている。

http://listen.jp/newtype/animeWord_22075.htm

ということは多分元々は走るのは一番側も「サンバ」だったのではないだろうか。

サンバに漢字をあてると「三羽」以外で真っ先に出るのは「産婆」ではなかろうか?(ホントか?)

印を踏むためには「産婆」さんに走ってもらうしか無いのだが、それだと正に意味不明だ。

ではということで、産婆さんを、お婆さんとし、普段はゆっくりゆったりとしているお婆さんも走る位とのくすぐりとしたのではなかろうか。

そこを「婆さんも走る」ではなく、それを業界用語翻訳して「チャンバ」とすることにより、正式に韻が踏めなかった「サンバ」に似た音の並びとしたとか。

もしくは産婆さんを使おうとしたけど、出産というものを扱う方に対して不謹慎とか自粛的な意味で変えたとか。

ともあれ、当然憶測に過ぎない。

要は作詞者の吉岡治って人に「チャンバって何だよ」って聞けば済む話だと思うのだ。
(もう20年以上は余裕での昔なので、全く覚えていないとか言われる可能性は強いけど)

こういう時に、個人で聞いても反応とかってなさそうだよなあ。
だってこれだけ色々な人が疑問に思ってて誰も当人に一度も聞かなかったって事も無さそうだし。

そういう時にはマスコミだかで、特番と銘打ちながら「毎回おんなじ」永久保存版最終回だの流してないで、

「チャンバの謎に迫る!」だのってやれば報道や調査ってものの価値はあるんじゃない?とか言ってみる。


キャプテン翼 沖田浩之キャプテン翼 沖田浩之『燃えてヒーロー(UGAカラオケ楽曲)』



posted by wolf_howling at 05:00 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事