2009年03月08日

アメリカン・ヒーロー シーズン3 第10話 逃げる赤鬼! 王子アハ

LINK
アメリカン・ヒーロー DVD パイロット版


アメリカン・ヒーロー DVD-BOX PART.5

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0066038/

でたーー。もう掴みからTRPGを歪曲した表現!(WWW

でも、未だに地下室で怪しい集会を行う事がTRPGだという誤解はアメリカでもあるようだね。


月曜日は魔法使い

劇中の「Wizard & Warlock」ってのはもちろん「DUNGEONS & DRAGONS」が元。


ダンジョンズ&ドラゴンズ 日本語版 基本ルールブック モンスター・マニュアル第4版(書籍)《予約商品03月発売》


ダンジョンズ&ドラゴンズ 日本語版 基本ルールブック ダンジョン・マスターズ・ガイド第4版(書籍)《発売済・取り寄せ品》

当時はマジでRPGは原理主義者やマスゴミに差別、危険視、弾圧されてたからな。

CBSは「禁じられた遊び」って言って放送。
NHKはオウム記者の江川紹子に取材をさせるという差別っぷり!

で、数十年が経過して世の中どうなったかな?マスゴミども!

世界最初のRPG、ダンジョンズ&ドラゴンズがなかったら。
ドラクエもFFもポケモンもMMORPGも無い世の中なんだよ!
そしてそれらの普及は世界各国に確たるものだ!

ざまあみたか!

ガイギャックス!ガイギャックス!

(まー非電源系でないTをつけられたPRG側は流石に細々だが・・・)

当時でも13冊もあるルールブックを「良く覚えられるわね」とかって台詞が入ってるが、WoCとHJの商売は更にその上を行く(W

モジュールやサプリメントなら赤箱時代でもそれ位は楽勝だけど、まあドラマの中では厚手のハードカバーだったので多分、時節的にもAD&Dなんだろうけど。

劇中のゲーセンのビデオゲーム内にTAITOの文字があって、横が黄緑色の筐体なのでインベーダーゲームじゃ無い筈だけど、何のか気になった。

で念の為にいっときますけど、ドラマのこれは全くTRPGじゃないからね。

これは「ARG(Alternate Reality Game)」だ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Alternate_reality_game

>いよいよ日本上陸をはじめた「ARG」って何だ?
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0804/22/news074.html


名探偵コナン・カード探偵団 mission2 -古(いにしえ)の秘宝を探せ- ガイドパック 通常版 BOX《発売済・取り寄せ品》

これケータイGPSやAR(Augmented Reality)と組み合わせればもっと面白くできるのにねえと。

でもジジイたちと話しててもこういう技術だのは普及してからだのとか保守的でホントツマラネエ。

ケータイはとっくに普及してるだろが!(俺は嫌いだから持ってないが)

紙メディアやテレビはWebにやられてガタガタになるってのを俺は10年前から言ってたが、周りは信じなかった。

これも年月を経てどうなったかというと
出版不況なんてものでなく構造的衰退で、雑誌は悉く先細り、
テレビもアナログ放送と一緒に終了のお知らせだ。

せっかちな俺が諸々早すぎるってのも解るので、色々塩漬けにしておいて、
俺の中で醗酵した「今更・・・」てなものが、キャズムの先で時流に乗るタイミングなんだろうなあとか。

でも、その段で俺の興味は腐ったものなんかより、既に別の先を見てるんで如何でもよくなってるんだよね。ヤレヤレ。

何しろ中学生の時、パソ通しかなかった時代に今のMMORPGみたいなの作りたかったんだけど、
実際にインターネットというパラダイムシフトが起きた段階で
「あー、これなら金がある奴らが勝手に作ってくれるな」って感じで、
UOを体験してみただけで、その後はホント如何でもいいって状態。


【送料無料】9048JEOFGJP エレクトロニック・アーツ ウルティマオンライン 11周年記念アイテムコレクション 9048JEOFGJP

その当時、VRでのゲームも考えてたけど、ジジイ達は普及してからとかぬかすが、今、ちょこっと流行ってるARも別に10年以上前の枯れた技術だぜとか。


世界初!AR(拡張現実)を使ったフィギュア「電脳フィギュア ARis/アリス」!GTE(芸者東京エンターテインメント株式会社) 【即納可】 19009 電脳フィギュア ARis/アリス ※台数限定大特価!>

LINK
名探偵コナン カード探偵団 基本パックvol.2BOX

posted by wolf_howling at 08:36 | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事