2009年04月01日

JNN50周年特番ザ・ドリフターズ結成45周年記念8時だョ!全員集合スペシャル!!

番組誕生40周年記念盤 8時だョ!全員集合2008 DVD-BOX【豪華版】
番組誕生40周年記念盤 8時だョ!全員集合2008 DVD-BOX【豪華版】


8時だョ!全員集合2008番組誕生40周年記念DVD-BOX【新品】

出だしは細切れにつまんで編集しすぎだろ!と思ったけど、
逆にストックまだまだあるんじゃねーか、TBS!

警官コント丸々とかはなかなかみれないし、志村が見習いの頃の映像とか。
でも、その時に背中を蹴りあいとかしてるんだけど、仲本工事も志村に負けずと運動神経いいよね。トランポリンとかでの体操コーナーとかやってたし。

西城秀樹のゲスト出演回数が74回ってのも凄いけど、今日日だと番組がそれだけ続くかも怪しい状態だよね、

壊れるセットの美術とかも凄いけど、おならの音効ですら生演奏だもんなー。
というか、毎週新作の1時間ものの舞台を生放送するなんて芸当は今の放送局の制作レベルでは不可能じゃないかな。リハとかの時間だの準備手配にしても大変だもの。

一説には当時の金額で一本の収録に6000万使っていたらしいので、
いまだと億は軽く超えてる筈。
今ではこうやって、過去の資産にすがって、ゲスト呼んでキリバリか。
斜陽産業のテレビだと。これが今の限界。

昔が良かったとか年寄りはいうものだが、
毎週、土曜八時を楽しみにしていた幼稚園児、小学生はホントにいい時代だったと思う。

まあ実際にステージを観れた人はその上を行ってるだろうけど、
放送当時に、ドサ周りでドリフをうちの近所の公園に呼ぶとかってのがあって、
ドリフと握手した事がある。小学校の低学年だったけど嬉しかった。

そのイベント仕切りで噛んでたうちの親父に聞いたところ、楽屋で待ってるときのドリフの態度は相当悪いものだったらしいけど、まあ、吹きっ晒しの公園に呼ばれて、数百人の子供の相手ってのは仕事としちゃウンザリって感じだったのかもねえ。

人気が凄かった当時でもドリフはそういう仕事を合間合間にやってた証拠だし。

今のお笑いって貧乏話とかはあるけど、そういう点では下地をつくってくれた先達に比べて環境的には恵まれすぎてるよな。

萩本欽一はスタジオに客を入れて笑いの声がライブ感覚でとれるようにした人物だっていわれてるけど


萩本欽一/他/フジテレビ開局50周年記念DVD 欽ドン!良い子悪い子普通の子 D

ドリフのお笑いが今でもこなれてるのは、これだけ生放送の舞台で多くの観客を前に反応見ながらこなしてれば、それは実力ついてアタリマエだよな。

生まれる時代は誰も選べないし、タイミングってのはあるんだろう。

大人になって観るのは懐かしいって感覚優先だが、
子供の頃にドリフの8時ダヨ!全員集合を毎週楽しみにできてた世代としてはホントについてたと思う。

マンネリネタで漫才ブーム時のひょうきん族に負けた形での終了だけど、


 【中古】DVD 初限)2.オレたちひょうきん族 1983-1984


 【中古】DVD 初限)オレたちひょうきん族 1985

ひょうきん族以降のとんねるずなどの笑いはスタッフでのウチワウケ、内情暴露などで今までの脚本とアドリブセッションという笑いの枠を越えたものの、実際は裏技を使った事同様の結果となった。
観客の自然な反応の笑い声でなく、本来は収録時に押し殺していたスタッフの笑い声まで入れて放送したり、
マンセー取り巻き観客だけでなく、笑い声を音効で入れたり。

独り善がりの笑いと、観客を笑わせる笑いは質が違う。
自分しか見えてないおごり高ぶったテレビやタレントは凋落して当然だな。


8時だョ!全員集合 DVD-BOX 2タイトルセット

8時だョ!全員集合の作り方―笑いを生み出すテレビ美術
8時だョ!全員集合の作り方―笑いを生み出すテレビ美術

posted by wolf_howling at 20:48 | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事