2009年05月04日

ブロッカー軍団IV マシーンブラスター 第1話

ブロッカー軍団IVマシーンブラスター DVD-BOX(初回限定生産)
ブロッカー軍団IVマシーンブラスター DVD-BOX(初回限定生産)


メカアクションシリーズ ブロッカー軍団IV マシーンブラスター<ロボクレス&ブルシーザー> シーエムズコーポレーション(発売中)


【2008年10月上旬発売予定】メカアクションシリーズ ブロッカー軍団IV マシーンブラスター サンダイオー&ボスパルター【シーエムズコーポレション】

http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00189/v03958/

色々気に入った作品のDVDだの買ってるものもあるんだけど、
これは流石に時間のあるときにしか観れない感じだからなあ。
家の中の片付けとかしながら横で流しておく。

懐かしいんだけど、アレ?ヒデタ樹のOPは???
(2話目にはちゃんと入っていた。無料配信だのの版権の関係?)

これコミカルな演出も多くてテイストはタツノコチックなんだけど、
初回放送みてた頃から10年位の歳月を経て後、
日アニの記念作品集か何かの表紙に名作劇場の面々とコイツらが並んでるのをみて、驚いた記憶がある。


日本アニメーションの世界 主題歌・挿入歌大全集 第3集 SF・ファンタジー編

でも葦プロが企画から何から噛んでるし、実状はパテントが日アニってだけな感じかもな。

出撃のセットインだの、「燃える正義の、怒りを込めて、世界の平和の、盾となる。マシーンブラスターここにあり!」って名乗りとか懐かしいなあ。

マジンガーのパイルダーオンもどきギミックな感じだが、
モーニングスターだの個性的な武器とか、
何より4体のメカのコンビネーションとかが必殺技とか、今見ても個性的だし、
子供には戦隊モノ同様にウケやすい要素だよね。

ただ玩具を売ろうってだけで、闇雲にメカだのキャラだの増やしてるだけの昨今の玩具メーカー、プロダクション、制作委員会って、自分たちの都合しか見えてないよね。
子供の目線とか全く無いし。

富野みたいな自分のイデオロギー押し付けが商業娯楽として通用しないなんてのはアタリマエだから、
宮崎駿が押し付け自然崇拝じゃなくてポニョみたいに子供が喜ぶもの=嘗て子供だった大人にも何か繋がるものってスタンスに切り替えたのは商業的にもエンタメ的にも成功だったって事だな。


【予約7/3】 崖の上のポニョ(2-DVD)●特典:ポニョのシールブック●

東映は特撮もアニメも掲示板を大きなオトモダチに荒らされて閉鎖事件とかになってるし、
でも本来は聞き分けのある方が大人の筈なのに、ホント逆だよな。
自分のサイトだので批評するとかならまだしも、公式相手に営業妨害とかって訴訟モノなんですけど。

この辺、正にWeb配信みたいな形で住み分けが効けば問題ないのに。

逆フィルタリングとかしていいんじゃね?大人は来るなとか。


[枚数限定][限定版]ブロッカー軍団IVマシーンブラスター DVD-BOX/アニメーション[DVD]

日本アニメーションの世界 主題歌・挿入歌大全集 第3集 SF・ファンタジー編
日本アニメーションの世界 主題歌・挿入歌大全集 第3集 SF・ファンタジー編

posted by wolf_howling at 16:33 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事