2009年05月17日

グイン・サーガ 第5話 宿命の出会い

グイン・サーガ オリジナル サウンドトラック
グイン・サーガ オリジナル サウンドトラック

グイン・サーガ 〜炎の群像 ― オリジナル・サウンドトラック
グイン・サーガ 〜炎の群像 ― オリジナル・サウンドトラック


【送料無料選択可!】グイン・サーガ II [完全生産限定版] / アニメ


グイン・サーガ(1)


グイン・サーガ(1)

あのさあ、原作からしてだけど、捕虜ってものの元々の定義がわかってない話運びだよね。

西洋で騎士とかを捕らえるのは身代金とかの取引材料があるからで、国が滅んだ王族なんて売り飛ばす先が無いじゃん。

しかも、化け物がウヨウヨしてる中で、自分の部隊を守ること優先なら、ファンタジー世界での捕虜の使い道なんて、囮位だよなあ。

実際、現代でもアフリカの戦争の仕方だと、子供達を前に歩かせて地雷を避けるってあまりにも酷い事が行われてるのが現実なわけで。

その点、栗本薫の想像力とかドラマの御都合主義がその程度だって事だよな。

昔、ツクダホビーのボードSLGでグインとセム族とラゴン族で、モンゴールと戦うってのがあったけど、ラゴン族を呼びに行く際にグインが竜巻に逢うってイベントは、
グインのチットをマップ上に落とすって馬鹿げたルールだったなあ。

で、昔の国産SLGってのはくだらない再現性優先で絶対に不利な方が勝って劇的な勝利が「起きない」って事を裏付けるっていう、今的なゲーム性、エンタメ性とかは皆無のクソゲーばっかりだったよなあ。

宇宙戦艦ヤマトのSLGなんて、たかだか戦艦一隻で敵の軍隊全て滅ぼすなんてのは絶対無理って展開のものを売りつけてゲームでございとかしてたしね。

当時の自称ゲームクリエーターのクソゲー作家とかってちゃんと駆逐されてるのかなあ。


50%OFF宇宙戦艦ヤマト TV 7枚組DVD-BOX初回限定生産【新品】【エンタメSALE0508】

んー、BIGLOBEのアニメワンでの配信。
インタビューパートは無くしたみたいだな。

ま、これといって見なくて困るものでもないけど。


グイン・サーガ(2)


グイン・サーガ(3)


グイン・サーガ誕生30周年記念出版【予約受付】 豪華限定版 『GUIN SAGA』 [ 送料無料 ]

グイン・サーガ I 【完全生産限定版】 [DVD]
グイン・サーガ I 【完全生産限定版】 [DVD]

posted by wolf_howling at 01:20 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事