2009年09月07日

グイン・サーガ 第22話 復讐の女神

グイン・サーガ I 【完全生産限定版】 [DVD]
グイン・サーガ I 【完全生産限定版】 [DVD]

グイン・サーガ II(完全生産限定版) [DVD]

グイン・サーガ II(完全生産限定版) [DVD]

DVD グイン・サーガ 1 通常版[アニプレックス]《発売済・取り寄せ品》


DVD グイン・サーガ 1 完全生産限定版[アニプレックス]《発売済・取り寄せ品》

ここんとこ一応眺めては居たんだけど、エントリ書く気も起きないっつーか。

可もなく不可もなし、でも面白くは無いよなあと。

で、やっとこさ今回の脚本読んでだか、ナリスの内田夕夜と、


グイン・サーガ(8)

アムネリスの渡辺明乃がキャラを飲み込めたようで、それらしい芝居になっていた。


グイン・サーガ(3)

王子様お姫様カップルというよりも、
冷酷非情な男と、すぐにカッと来る激情家の女って組合せっていうのは、先に原作読んでれば誰でも解るし、何より今後の展開も原作で勉強しといてくれるとクオリティーコントロール的には宜しいんだけど。というかそれ位プロなのだからお願いしたい。
つーかあんなラノベ、中学生が学校生活送りながらでも日に1冊読める程度のものなんだから斜め読みでもしとくだけで違うのに。

デンデ役やるだけでドラゴンボール全巻買った平野綾とかの方が若いのに遥かに勉強家だよな。(古本でも3万以上は掛かるし)


★送料無料★ ドラゴンボール (完全版) 1-34巻 漫画全巻セット

ていうか仕事として受けたからにはキャストは「まわし読み」でもいいから原作絶対に読んどけよ。ホント。学生レベルでもできることだろそれ。
スタッフもそういうとこ放置なのがバレバレ。
制作って金のこともそうだけど、品質管理って必須だろうに。それで売れるか売れないかが全て決まっちまうんだぜ!絵とか音楽だけじゃない、総合芸術だろ。

今回位なら、ナリスの計算高さや冷酷残忍さと、若い勝気なお姫様が怒りと悔しさに任せても勝てませんでした、ってのをちゃんと出来てるって認められるかなーってつもりで今回はエントリ書いたんだけど、どうしても辛口になっちまうよな。今までがアレ過ぎると。

そういう点からだと、もう一人の声優演技指摘対象がイシュトバーン役の浅沼晋太郎。


DVD グイン・サーガ 3 完全生産限定版[アニプレックス]《予約商品09月発売》


DVD グイン・サーガ 3 通常版[アニプレックス]《予約商品09月発売》

なんかヒーローしたがってる演技が凄く歯がゆい。
浅沼晋太郎はツンデレとか言ってるけど、そういうんじゃねーから。
コイツは実はイイヤツとかじゃなくて、もっと賢しいし腹黒い、
というか「すげー強欲で身勝手な性格」なんだって。
自分では王様だってふかしてるけど、剣ではグインに勝てず、知力ではナリスに勝てないチンピラ。そういうコンプレックスの中でのし上がっていって・・・ってキャラだぜ。

こっちは原作では現状最終巻まで現役なので流石に全巻一気に読めとは言いがたいけどね。

とはいえ、栗本薫が亡くなられた為に未完となってしまったこの先の展開だけど、
これは私の全くの推測に過ぎないのは当然にせよ、多分に

「イシュトバーンはグインに誅殺される」

って流れだったのではと思う。

まー原作読んでれば、諸々の悲劇の原因て、コイツだし。

で、誅殺後に予知能力がある筈のリンダが「出会った頃はあんなにみんな仲が良かったのにね・・・」って感じでシンミリと終わるって感じだったのじゃないのかなあと。


DVD グイン・サーガ 2 完全生産限定版[アニプレックス]《発売済・取り寄せ品》


DVD グイン・サーガ 2 通常版[アニプレックス]《発売済・取り寄せ品》

グイン・サーガ オリジナル サウンドトラック
グイン・サーガ オリジナル サウンドトラック

遠いうねり―グイン・サーガ〈127〉 (ハヤカワ文庫JA)
遠いうねり―グイン・サーガ〈127〉 (ハヤカワ文庫JA)

posted by wolf_howling at 03:04 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事