2009年12月05日

2009 K1グランプリ決勝戦  第17代 世界王者決定

HAOコレクション バダ ハリ
HAOコレクション バダ ハリ

K-1 WORLD GP 2008 COMPLETE BOUTS ~激闘完全版~ [DVD]
K-1 WORLD GP 2008 COMPLETE BOUTS ~激闘完全版~ [DVD]


バダ・ハリ★DIVE×HAOソフビ<K-1>


Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 バダ・ハリ vs アリスター・オーフレイム

バダ・ハリ VS ルスラン・カラエフ

しょっぱなのカラエフのダウンの前に、目の上のカットってバダ・ハリの左「肘」入ってない?

倒れた時の映像、馬鹿みてえに散々リピートしてたが、右のパンチ当たってねえだろ。

そしてカラエフは顔の右側をカット=相手の右パンチで切る訳無いダメージ個所だろが。


アリスター・オーフレイム VS エヴェルトン・テイシェイラ

テイシェイラの左手を前に出して、距離を測りつつ相手を嫌がらせるのは空手や中国拳法である型の一つだよね。

でも、テイシェイラの左ローキックをピシピシもらったのにカッときたんだろうなー

アリスター・オーフレイムの膝があばらに、
その痛みで体を曲げて下がった顔に更に膝が炸裂!

前のめりに倒れてピクリともしないテイシェイラ。

空手がうたれづよいって言っても、顔を殴るのは反則の空手では、
顔を殴られるのに対しては避ける練習すらしてないので話は別だよね。

馬鹿なアナウンサー、膝を「これだけで!」とか言ってるけど、
前にも膝はあばらに向けて何回か入ってるし、
お前「これだけ」呼ばわりならアリスター・オーフレイムの膝、顔面に受けてみろと。
死ねるぞ。


ジェロム・レ・バンナ VS セーム・シュルト


ジェロム・レ・バンナ “BC”Tシャツ BLACK<k-1>

空手から入ったシュルトの弱点はバダ・ハリにダウンをもらったのを見てもそうだけど、やはり顔を殴られることにボクサーやキックの選手に比べて慣れてないんだよね。

だからラッシュで前に出ることはいい作戦なんだけど、プレッシャーをかけつづけないとダメ。

間合いがあれば空手の基本且つ、人中や内臓を狙える「前蹴り」が出る。

鳩尾やリバーブロー状態で前蹴りが入って苦悶の表情で屈する事に。


エロール・ジマーマン VS レミー・ボンヤスキー


フィギュアストラップ レミー・ボンヤスキー WHITE<k-1>

なんかオーソドックスなキックの試合の風情がなかなか楽しい。

谷川、右と左、間違えてたけど(ボンヤスキー贔屓心理がそういうふうに出る)
ジマーマンの膝上側じん帯にダメージを与えるやや打ち下ろし気味の右ローキックでレミーが左足を壊されてるのは明白。

これ、相手の膝頭を蹴っちゃうと自分がダメージ入るから、超高等テク。

でも、最初にカウンターもらっちゃったせいで踏み込みや前に出る心が弱すぎた。
レミーがカウンター上手いのはわかるけど、逆に前に出るタイプじゃないのでラッシュとかには弱いんだよね。

ボブ・サップ相手ならラッシュいなすとかは出来ても、普通にパンチの練習してる相手にはそうでもないはず。


ピーター・アーツ VS グーカン・サキ

アーツがリザーブか。

綺麗な打ち抜きカウンターダウン以外は、コレといって・・・
拍手がとか言ってるけど、なんか見どころもさして無いしょっぱい試合では。


1ラウンドKOが多かったから、3試合分の殆ど流しても尺余っちゃってるのか。

インチキ判定だらけのいつものK-1に比べれば、いい状態だけどね。


バダ・ハリ VS アリスター・オーフレイム

バダ・ハリ。ちゃんと見てさえいればわかるけど、こっちでもやっぱり左肘何発か入れてるよ。

レフェリーの試合前注意だと肘はまだK-1はダメの筈だけど。

やっぱこれぞK-1。

だったらアリスターの方も総合の技アリでやれば?

顔踏み付けの誰かさん相手にはそれで釣り合うだろ。



セーム・シュルト VS レミー・ボンヤスキー


アナウンサー「セミー・シュルト」って誰だよ。

つづりはSemmyだけど、お前らの放送自体がカタカナで「セーム・シュルト」って書いて放送してんだろ。

ちゃんと発音するなら「セミー・シュー」だろ。

結局、「レミー」と「セーム」を脳内が混ぜちまったって事だろ。

運営側のレミー・ボンヤスキー贔屓がありありバレバレ。

しかもレミー・ボンヤスキーはダウン1回分オマケってなんだよ。


となると、もうバダ・ハリ贔屓の引き倒しがミエミエなんだけど。

果たして誰がじゃねえよ。

となるとセーム・シュルト応援するしかねえ。



バダ・ハリ VS セーム・シュルト

あと放送始まった段階からハア?って感じだったけど
長島一茂とか解説とかありえねえだろ。

なーにが紙一重だよ。

優木まおみが放送運営側の空気を無視してちゃんと言った「圧倒的」って表現でしかないだろ、

映画にせよ何にせよマスゴミは解説=情報操作はいらねえし、
そういうのに踊らされるのは情弱だけだってまだ解ってねえんだな。

Dynamite!! ~勇気のチカラ 2008~ [DVD]
Dynamite!! ~勇気のチカラ 2008~ [DVD]

posted by wolf_howling at 21:18 | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事