2010年05月11日

赤ちゃんポストについて、毎日の偏向記事

>赤ちゃんポスト:設置3年「子にとって虐待」病院側が変化
http://mainichi.jp/select/today/news/20100511k0000e040003000c.html

この見出しと内容だと一見、病院がネガティブ意見を出したようにとれるけど、

じゃあ時事通信社側のこういう真逆な内容が同じ会見で出てくるわけない。

>赤ちゃんポスト「やって良かった」=運用3年で病院会見−熊本
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010051000813

蓮田太二理事長って同じ方の会見内容だし。

あまりに違和感が酷い。

で、よく読んでみると


>蓮田理事長は、預けられた子供を一時保護する児童相談所について「育児放棄した親に無理に返すのが親子の幸せになるのか」と指摘。病院がポスト設置の参考にしたドイツでは全員が養子縁組されている点に触れ、こうした環境が整わない中でのポスト利用に「虐待にあたる」との認識を示した


これ「育児放棄した親に無理に返す」事が「児童虐待」だっていってるのであって、

ポスト利用が虐待とか言ってないだろと。

結局、この記事を書いた、結城かほるって人が、元々赤ちゃんポストに否定的で記者にあるまじき客観性を欠いた色眼鏡の偏向姿勢で書くからゆがんだ解釈になるんだろと。

で、自分での勘違いだけならまだしも、それを記事として公にこれだけ伝えていいものなの?

変態、低俗、捏造記事で英語版サイトWaiWaiが閉鎖した毎日新聞。

報道ってものは意見の押しつけじゃないんだから、第3者的視点で事実を伝える姿勢ってのが必要じゃないでしょうか?

posted by wolf_howling at 14:09 | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事