2010年06月19日

カラオケで「歌ってみた」をUPしてる人、犯罪だって知ってるのかな?

EXIT TUNES PRESENTS 神曲を歌ってみた
EXIT TUNES PRESENTS 神曲を歌ってみた


即納!■送料無料■初回限定盤■ヒメカ 2CD【ラブ アニソン 〜歌ってみた〜】10/3/3発売

YouTubeに「ONE PIECE」をUPした中学生は少年鑑別所行きとなったわけだが


(コミック全巻セット)【新刊本新品】【送料無料】ONE PIECE ワンピース[クリアカバーサービス](1)〜(58)/尾田栄一郎

(そのニュースソースのYOMIURI ONLINEは「逮捕に賛否」とか見出し書きながら
自社の著作権に対する対応は読売新聞社の了承を得ない限り個別記事にはLINK禁止という有様なので、
さすがナベツネのマスゴミ、いっそWebから撤退して、ずっと紙でやってろや!とも思う)

YouTubeも出版社も「著作権を大切にしてるから」とか、合法非合法ではなくて、「金が儲かるか如何か」でしかないからなあ。

そのアコギなやり方の代表がカスラックなわけだが、
強欲なやり口の一方で連中が一番優先している収入の方は減る一方だ

>JASRACの2009年度著作権使用料は1094億円、CD売上低迷で減収額は過去最多
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100519_368060.html

出版社は構造不況の上に電子書籍であからさまにケツに火がついて
今回の中学生逮捕劇に繋がってはいるのだろうが、


電子書籍の衝撃


電子書籍元年


電子書籍の基本からカラクリまでわかる本

大人の逮捕なのでフォーカスも少ないが
ジャスラックはストリーミングでも当然やる気満々だ。

>「ねとらじ」でJASRAC曲を無断配信、男を逮捕
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/12/news083.html

原曲を作者の許可もなくBGM配信すればアウト。アタリマエだ。

でもYouTubeやニコ動はカスラックにみかじめ料払ってるから大丈夫!・・・とか勘違いしてる人も多いんじゃない?

このASCIIの素人記者みてえに

>ニコニコ動画とJASRACの提携で、「歌ってみた」「演奏してみた」が合法に
http://ascii.jp/elem/000/000/082/82009/index-2.html

初出時、編集部側で「カラオケで歌っている動画は自由に投稿できる」と原稿に記しましたが、正しくはカラオケのBGMなどが著作隣接権に触れるためカラオケメーカーなどの許諾が必要になります。お詫びとともに訂正させていただきます


(このインタビューされてる津田大介って方もTsudaるの語源の人だけど、ご自身のセミナーではサイトの会員数とかの情報、全然古い数字とかで数百万人単位で違っても平気で講演とかされてたりするので、フォロー対象からは除外してる)


30分で達人になるツイッター


 だれが「音楽」を殺すのか?


YouTubeでドキドキ!わくわく!動画ライフを楽しむ本

で、要はジャスラックってのは楽譜屋なので金を払った事で
「歌詞を歌う事」「音楽を演奏する事」がOKになってるだけで、

販売されている楽曲のUPではなくとも、「歌詞を掲載する事」とか「BGMとして他の人が演奏したものを使う事」はOKじゃないんだよねえ。

作詞、作曲の著作権の他に「著作隣接権」てものがあるので

音楽ビジネス著作権入門

音楽ビジネス著作権入門

価格:2,520円(税込、送料別)




例えば同じ歌にしても「誰が歌った」って事でその歌手ごとに「著作隣接権」が生まれる。
楽器を演奏している人のテクニックに対しての「著作隣接権」もあるから、
作曲者の著作権は作者が死んで50年を超えてるクラシック楽曲にせよ、
ブーニンの弾いてるピアノに価値が見出されて権限が生まれる。


【CD】別れの曲〜ショパン:24のエチュード集/ブーニン ブーニン【smtb-TD】【saitama】

自分で演奏しなくても、オーケストラだのはカラヤンの指揮って事で指揮者にも「著作隣接権」がある。カラヤンも亡くなってるけど50年経過してないし。


■送料120円■クラシック CD【カラヤン/グレイテスト・ヒッツ】 07/12/12発売

メディアを形成してる時に編集とかの作業があるために、レコードレーベルや放送局も「著作隣接権」を主張してるんだけど、

この点ってセルフパブリッシングや

VOCALOID2=デジタルシンセサイザーで商用オリジナル楽曲を個人が作成してインディーズとしてDL販売したり
個人が撮影してDTV編集して配信を行うケースからすれば、
放送局だのレーベルってのを中抜きして中間搾取されないメディアも既に存在するわけだけどな。


■スリーヴ仕様■V.A. CD【EXIT TUNES PRESENTS Vocalogenesis(ボカロジェネシス)feat.初音ミク】10/5/19発売

(「VOCALOID2」の使用許諾条件で各社個別に商用利用規定は微妙に違うらしいが大体同じ

>同人CD販売は? カラオケのコーラスは?――初音ミク「許諾の限界」を探る
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0711/05/news061.html

>1つ目の条件は、楽曲が公序良俗に反する歌詞を含まないこと。ひわいな歌詞や、「○○氏は最低の人間」といったフレーズを初音ミクに歌わせると、アウトとなる。また、商用カラオケのバックコーラスとしての利用もNG。さらに、着うた/着メロも条件付きでNGとなる。

 着うた/着メロの場合、ポイントとなるのは「他の楽器や音楽作品中の音との組合せ」があるかどうかということ。つまり、初音ミクの音声だけで着うた/着メロを作り、ダウンロード販売してしまうとNGとなる。だが、他の楽器も組み合わせた上でオリジナルの音源を作り、これを着うた/着メロとしてダウンロード販売するぶんには問題がない。この点も確認がとれている。

 もう1つの条件は、ことさらに「初音ミク」を前面に押し出さないこと


>エンドユーザー使用許諾契約書
http://www.crypton.co.jp/download/pdf/eula_cv01.pdf

>ソフトウェア使用許諾契約書

3.合成音声の使用の制限

お客様が公序良俗に反する歌詞を含む合成音声を公開や配布することはどのような方法であっても許されません。
お客様がライブラリの歌手本人だけでなく、第三者の人格権を侵害する合成音声を公開または配布することは許されません。お客様が合成音声を公開あるいは配布したことにより発生したいかなるクレーム、訴訟、直接的、派生的、付随的または間接的な損害に対してもヤマハ株式会社は一切責任を負いません。
お客様が本ソフトウェアによる合成音声を以下の形態で使用する場合には、本使用許諾契約とは別にヤマハ株式会社から別途の使用許諾契約が必要となります。もしそのような使用許諾契約が必要であれば、ヤマハ株式会社までご連絡下さい。
(a)
主として、商用カラオケソフトウェア、カラオケハードウェア、インターネットを利用したカラオケ製品システムやサービスの開発での使用など、商用のカラオケサービスあるいはシステムにおいてバックコーラス等の歌声に合成音声を使用する場合。
(b)
他の楽器や音楽作品中の音との組合せで使用する場合以外で、電話機の呼び出し音 ( いわゆる「着メロ」を含む )、電話や電話用機器での警告音として合成音声を商用に使用する場合。


>Megpoid エンドユーザー使用許諾契約書
http://www.ssw.co.jp/products/vocal/megpoid/end/index.html

>使用形態によっては、追加ライセンス料が発生

>(1)商用カラオケでの使用
>(2)電話/携帯電話着信音等の商用目的での使用
>(3)映像作品での使用
>(4)商品への表示




VOCALOID2 Megpoid 送料無料VOCALOID2 Megpoid今をときめく中島愛のボーカロイド!【お取り寄せ】☆

メディアの特性もWebのおかげで大きく実情は変わる一方、
今年の1月1日に所謂「DL違法化」となったものの、技術に疎い人間側がルール決めてるので、キャッシュはどーすんだバーカってなツッコミが散々入ったわけだが、

「じゃあストリーミングなら」ってツッコミも当然あったわけだがDLとかの複製の問題とは別に許可を得ない楽曲配信はリアルタイムだろうが著作隣接権でアウトなのだ。

下記に詳しいが

>歌ってみたとは (ウタッテミタとは) - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%AD%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F

要はYouTubeとニコ動はJASRAC、イーライセンス、JRCの管理楽曲で
「演奏してみた」、アカペラで「歌ってみた」はOKだけど、

原曲使うのは「著作権侵害」、演奏や打ち込みもしてない、ありもののカラオケ使うのは「著作隣接権侵害」の「違法行為」

なのにニコ動の親会社経営者は丸上げじゃないからOKみたいな感覚なの?

http://twitter.com/kawango/status/7388847800
>Youtubeはともかくニコ動にはテレビ番組なんてほとんどないのに不快な言い方をするな。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20091224/211870/


http://twitter.com/kawango/status/14854883480
ニコニコ動画で音楽をきくユーザは 23.9%。youtubeの半分しかないというのは浅い理解で、ニコ動には商業音楽は削除されるのでほぼ存在しない。


ニコ動の中にはアニメ動画のリッピングをキリバリしたMADも、
歌の差替えも、作業用BGMも存在しないみたいな言い草だね。

なんというダブスタ。なんというポジショントーク。
ニコ動自体見た事ないのか?って位、白々しい。

実際、著作権侵害コンテンツは著作権者からの通報以外は受け付けない=著作権者自身じゃないと通報も許さない仕組みだしな。

で、こういうエントリ書いてるお前のスタンスは何なんだって突っ込むつもりの方もいるだろうけど

「作者が利用を認めてくれているものを使いましょう。
クリエイティブコモンズとか、フリー素材とかを提供してくださっている方々も居ます。(商用の場合は商用利用可否は要確認)
提供者に感謝するのはモチロン、
誰の作品を使用しているのかを明記するなどをマナー的に心がけたいものです」ってのと

「犯罪を自覚してるかどうかって意思の問題は罪状の重みには関係あるけど、
法律を知ってる知らないに関わらず、やらかしたこと自体で法律は裁くものだから
何がアウトか知りましょう。14歳なので知らなかったじゃすまないのが現実。
そしてアウトな事はしなければ逮捕されたりとかはありません。君子危うきに近寄らず。
まーそれ以前に、人のものを盗まないってのはそれで普通の生き方」

「ただし、自ら汗を流して創り出したものでもない他人の作品について権限振りかざして濡れ手に粟状態の版権ゴロの中抜き商法は、クリエーター側のWeb直販で搾取構造は滅べばいい!」

て感じ。

そしてこれまでが前置きだったり(さすが、やたらな長文エントリを書く俺・・・)

先のエントリつながりでいけてない冥王神話のOPの口直しに聴いた

聖闘士星矢OP「ペガサスファンタジー」の


聖闘士星矢 主題歌&BEST

アレンジとエレキギター演奏テクニックがスゲー良くて
ジャパメタが海外にも通用した面目躍如的な2次創作作品動画を
少しでも多くの人に知ってもらいたかったから!

Saint Seiya. Pegasus fantasy (neoclassical version) DEMIANG
http://www.youtube.com/watch?v=f5R9uz-EuHY




よくわかる 音楽著作権ビジネス 基礎編 3rd Edition 安藤和宏著 [楽譜]

EXIT TUNES PRESENTS 神曲を歌ってみた 2 ジャケットイラスト:ゆのみ
EXIT TUNES PRESENTS 神曲を歌ってみた 2 ジャケットイラスト:ゆのみ

posted by wolf_howling at 04:29 | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事