2010年08月07日

楽天ブログ タイアップ企画 投稿キャンペーンの生成コードにエラー

これ広告費払っている小林製薬側は機会損失でクレームあげて良いレベル。

【タイアップ企画】健康食品・コスメ特集 第1回記事投稿キャンペーン
http://plaza.rakuten.co.jp/inc/campaign/kobayashiseiyaku/20100721/index.html

てやつで、『納豆のどんなところが好き?』というテーマでエントリを起こしてみた。

http://plaza.rakuten.co.jp/webtrpg/diary/201008070001/

この記事の最上部の画像だが、これはテーマ選択すると楽天ブログに自動挿入されるコード個所だ。

ところが、楽天ブログの公開をしようとすると・・・

下記、1箇所の入力エラーがあります。
・HTMLタグの記述に誤りがあります


とアラートが出る。

[ エラーの詳細を見る ] と

HTMLタグの記述に誤りがあります
">"
を付け忘れたと思われるタグがあります。


ってのが出る。

自動挿入されるコードは下記。
<a href="http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=NzzPFc2r&ai=376"target="_blank">
<img src="http://plaza.rakuten.co.jp/inc/campaign/kobayashiseiyaku/20100721/img/item01_img01.jpg" border="0">
</a>


おいおい! アンカーtarget属性の個所でスペース抜けてるぞ!

正しくは

<a href="http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=NzzPFc2r&ai=376" target="_blank">
<img src="http://plaza.rakuten.co.jp/inc/campaign/kobayashiseiyaku/20100721/img/item01_img01.jpg" border="0">
</a>


だろ!

バカブラウザのIEとかで表示されたからOKとかやらかしてんじゃねえの?

楽天は少なくともECサイトの企業なら、社内の会話を全て英語にって言う前に、
少なくともHTMLくらい社員が読み書きできるようにしといたほうがいいぞ。

というか、サイト公開する前にシステムの動作確認とか検証してねえの?

システム開発者も広告担当者も仕事してるってレベルじゃねえぞ!これ

しかもこれ7/21からキャンペーンやってるって書いてあるから、
18日間もシステムが異常なまま放置されてるわけだろ。

1回だけ動作確認した俺がすぐ解る事なのに
スポンサーの小林製薬の広告担当者も全く動作確認とかしてないらしいね。

というか出稿側も、広告掲載側も担当者がすっとぼけて隠蔽してる可能性もあるか?

これテーマで書いた人、300人近くいるけど、「エラー個所」ってブログで扱われるコードを素直に削除してるのと違う?

広告の意味ねえ!CVろくに出ねえだろ。

なのに

>【ご注意】ポイント付与対象者基準
http://plaza.rakuten.co.jp/hirobastaff/diary/201008040000/

>記事内に自動的で挿入される画像・リンクを外すと、本キャンペーン対象外となります。


おいおい!エラーになって投稿できないコード生成しといて、
その動作確認もしてねえで、ユーザー側の責任って・・・
告知で逃げかよ!とっととバグ改修するべきじゃねえかよ!

前のテーマ投稿キャンペーンも目的の数に半分も到達してない状態だったし、

素人以前に営利企業に勤める社会人としてデタラメだな。


--追記
現在、クチコミテーマ

『健康な肌を保つための方法は?』
『歳をとったなぁ。と思った瞬間は?』
『コラーゲンといえば、どんなこと思い浮かぶ?』
『疲れを取るためのの秘策は?』

でも、症状再現。=全滅

楽天のブログ運営スタッフと、システム開発してるスタッフは広告受注案件で一切、通しのテストとかしてねえの?

IEで「あー、表示されてるされてる」とかで、ソースコードレベルは全く気にしてないのは良くわかった。

ただテーマ経由で確認してみるとユーザー側はタグを書き直して表示させる対応をされている方も多い様子。

おかげで破損してる表示ページの多いこと・・・

俺が遡ぼれる範囲だけ見てこれだから、投稿者全体だとズタズタだろ。

しかもこれ、キャンペーンとして各テーマに参加者300弱とかじゃあ1500個LINKを同じドメイン内でサブドメ別でディレクトリ名違うだけで複数作るだけだろ?
SEO的にも何の効果もねえに等しい。
逆に有料LINK扱いされてGoogle八分食らう可能性もあるわけだし。
Web広告としてはリスキーすぎねえ?

CVとかのWebKPI目標値とかどの程度にというより何に設定してるのかな???

まー楽天ブログはデイリーのアクティブユーザーが2万程度、月次で9万弱だから
1ヶ月に4.5回程度しか更新されてないブログサービスからいえば、
1500のエントリ増えるだけでもブログ全体から観て60分の1増えた活性化ってことにみなせるか。

Blog運営側とすれば良い数字だけど、
広告出す側としては如何なものかと。
俺だったらこんな程度のCVなら広告出すの別のサイトにする。

とはいえこの数もシステムにバグが無ければもう少しマシな数字になった可能性もあるかもね。

--

はい、検収完了。

このキャンペーンの自動生成するコードは全てtarget属性の前にスペースが入ってないバグ持ちでした。

2000÷5=400だから、バグにユーザー側が対応して用件満たして書いた人全員に33ポイントは送られる形になるでしょう。

おめでとう! 5つのテーマなら165円分です(W

こんなに競争率が低いのはユーザー側でHTMLを楽天のシステム開発スタッフより解ってる人しか参加できない仕組みにしてるからだと確信した。

俺より相当前に指摘してるエントリ書いてる人もいるけど、
数字読んで「伸びないことを変だと感じるマーケ感覚」も欠如してると思われる。

まーキャンペーンにバグシステム使用でユーザーと広告主に迷惑かけてるんだから責任問題は免れないな。

posted by wolf_howling at 19:23 | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事