2010年12月11日

タイガーマスク 第39話 涙の栄冠

ミュージックファイルシリーズ/MFコンピレーション 超空想リングサイド~格闘チャンピオン・マッチ~
ミュージックファイルシリーズ/MFコンピレーション 超空想リングサイド~格闘チャンピオン・マッチ~



迫力のタイガーマスクだ!コイッ!ジョークマスク【ストロングタイガー】

http://gyao.yahoo.co.jp/p/00722/v09847/11/s/

再三書いてるけど、ピックアップが絶妙!

この回はタイガーを富山敬さんじゃなくて、森功至さんが代役でやってる。

けど、声が違う事は聴けばイッパツで判ったけど、演技として全然違和感無い。流石だなあ。

でも、故 富山敬さんの演技というのはあれほどの芸達者の山ちゃんがリスペクトしている程で、
富山敬さんの孤独なタイガー、悪役として残虐な歓喜に酔いしれるタイガーの使い分けもいいんだけど
出だしを除いて戦い中心のピックアップだからさほどシーンが無いからこそ、自分の中で引き立つのが
伊達直人として子供達にふれている時の優しい青年の演技側も特筆だと思う。

柔らかさと熱さ、強さと寂しさを併せ持つ。
人は誰もそうかもしれないけれど、タイガーこそは激しい感情の差が際立つキャラクターだけに、富山さんの熱血青年の役からトボケた芝居もこなせる甘い声の持ち主というのが惜しまれてならない。

この回は連続した話の区切りの回で、しかもマンガ的に見栄えのするストーリーの回。
惜しみない取り上げ方、配信の仕方こそが面白さを伝えられ、興味喚起し、高感度を上げる要素になりうる。

この辺、BANDAICHANNELの配信の仕方って、単に頭から数話ってやり方だの、

ボトムズの無料配信も声優が「自分の誕生日の数で」なんてデタラメで選択するのを許してる。

これは東映BBかGyaOの映像や作品に対しての敬意と姿勢と
バンダイチャンネルの版権管理はしてるけど作品に対しての無理解とイイカゲンさの差か?(苦笑


【パーティーグッズ・コスプレ・仮装・変装】タイガーマスク 新型 【プロレス・ラバーマスク・パーティーグッズ・虎・年賀状】【年末オススメ】

初代タイガーマスク ~猛虎伝説~ Vol.1 [DVD]
初代タイガーマスク ~猛虎伝説~ Vol.1 [DVD]

posted by wolf_howling at 15:28 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事