2011年01月21日

エブリスタプレミアム コミック作品、続々打ち切り

モバゲータウンがすごい理由 ~オジサンにはわからない、ケータイ・コンテンツ成功の秘けつ~ (マイコミ新書)
モバゲータウンがすごい理由 ~オジサンにはわからない、ケータイ・コンテンツ成功の秘けつ~ (マイコミ新書)




前にネタとして紹介した「ログ・イン」てのが唐突に終わった。

って言ってもキャラクターに話を膨らませる要素は残してたけど、流れ的には終局方向だったしね。
でも、キャラが相互に正体を知るのがあまりに唐突だったり、
ラスト近くページは明らかに手抜きで投げやりになってるのも解る。

雑誌だと次回最終回とか枠に書かれてたりもあるけど、
電子書籍の連載だとページめくってて「最終ページです」ってダイアログが唐突に出るだけで、表紙を差し込んでるんだから「つづく」だのは原稿内に1枚レイヤー入れて書いとけよと。

ところで松本零士の「幻想新幹線0」の早々の打ち切りで
リスト表示個所の「連載中」って赤文字表示が「完結」って変わるんだってのは理解したが。

しかも「愛しのマリー」はリストには完結って出てるので、話も全然途中ジャン、すげえ急な打ち切りだなと思ったんだけど、ふと見たら続きが掲載されたりとか・・・運営どうなってんの?自社で出してるサイトやコンテンツ見てる?

しかもこれ課金サービスなんだよね??

そして本棚の中は「完結」作品も「連載中」って出てたりとか、共通のパラメータ参照して表示してねーだろ、このバグ持ちシステム。

何より、本棚に入れた後に邪魔臭くなったコンテンツを消せないわ、自分で並び替えできないわ、諸々と貧弱貧弱ゥな設計。

ドコモはインフラ屋だからDeNAがこれ作ってるの?

まービッダーズをカットオーバーしたときに、オークションサイトなのに出品のインターフェイスが無かったりとかだから、今は飛ぶ鳥を落とす勢いにせよ。諸々、ネットのプロとしては如何なものかって所が結構、垣間見えるんだよね。

で、打ち切りの流れなんだけど、新作もボチボチ出てきてるから、これ元々半年計画での連載予定だったのもあった可能性もあるけど、テレビ番組的な運営手法なの?

ともあれ「読める」って感じの作品は個人的には全体の中で2本位しかOK出せない。

「女子高生信長ちゃん」がフリーなら暇つぶしに読むかもって感じで、
多分、雑誌連載クラスで課金に耐えられるのは「マジャン」だけのような気が。

これ、編集スタッフって存在してるんだよね??

コミックガンボみたいに無料配布の広告ビジネスモデルじゃなくて「課金」なんだし、本家の出版社どもの雑誌がバタバタ行ってるんだから、これ、相当ちゃん仕事できる人をつけないとマズイんじゃね?

まープレミアムのつかない「エブリスタ」はUGCだからそれでいいっていうのならそうなんだろうけど。

http://estar.jp/.pc/

【送料無料】出版(2012年度版)

【送料無料】出版(2012年度版)
価格:1,365円(税込、送料別)



ソーシャル・ネット経済圏
ソーシャル・ネット経済圏

posted by wolf_howling at 06:50 | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事