2011年03月05日

魔法少女まどか・マギカ 第9話 「そんなの、あたしが許さない」

法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 鹿目まどか
法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 鹿目まどか




これもタイトルと蒼樹うめの萌え系キャラの絵をアニメ新番組一覧みたいなので見ただけで、興味ねえやって観るのパスしてたんだけど、
これまたたまたま作業しながらつけてたテレビで眺めたら、
タイトルとキャラに全く似つかわしくない、重苦しい虚淵玄の脚本と、劇団イヌカレーが創る描き込まれた背景やCGIエフェクトの独特な映像になってた。

まーかわいいキャラが重苦しい雰囲気の中で悲惨な目に遭ってくって違和感は珍品だとは思う。

魔法少女って快活な女の子向けのアニメのカテゴライズを、



魔法ってキーワードから、本来持つ裏暗さに着目して契約や代償だのってのでドロドロした話に女の子を巻き込むってのは、上手いアイディアだと思った。

でもねえ、今回をきっかけに続けてみるかっていうとなあ。
俺のエンタメではねえんだよなあ。
萌えも、珍奇な絵も、暗い話も、俺は別に全く楽しくないんだよね。

それと、これどうせバッドエンドみてえな感じがプンプンするし。
てのも、これでご都合主義ハッピーエンドとかになったら、じゃあ今までなんだったんだって状態にならざるを得ないし。

中途で乱入の上にたった1話だけ眺めてで無責任な発言する無礼を許していただければ、
俺の乱暴な予想だと、

MAXのエネルギー状態のまどかが魔法少女の契約を解除することで、
これまでのエネルギーがリバースして、魔法のなかったことになった側は元通り、

しかし、引き出した力が大量に流入した後に逆噴射することで、引き出すことを誘導していたインキュベーターの世界側のエネルギーが枯れてしまい滅ぶ・・・

とかじゃね?

女の子達は助かったけど、完全なハッピーじゃなくて、
一方の世界は全滅しましたってなドロドロしたオチって予想してみる。

単純な勧善懲悪展開でもなく、かといって何の救いもない話って感じもどうかって思う俺ならばそんな感じで纏めるけどね。



魔法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 暁美ほむら
魔法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 暁美ほむら

posted by wolf_howling at 03:06 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事