2011年03月15日

罪なき被災者に「天罰」が下ったと言う石原慎太郎を絶対に許さない

石原慎太郎の異常ぶりを伝える発言は朝日がTwitterで伝えたのが発端だった(流石、速度優先)

http://twitter.com/asahi_kantei/status/47220894023692288

副長官番A)節電の要請に訪れた蓮舫・節電啓発担当相と会談した石原都知事。会談後に「震災への日本国民の対応をどう評価するか」と質問したところ、石原さんは「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と述べました


小池晃氏も下記のように伝える
http://twitter.com/koike_akira/status/47231284308742144

現在都庁で行われている記者会見で、石原慎太郎氏は今回の被災を「天罰」と明言。ぜったいに許せない暴言だと思います。



被災に遭われた方々に罪なんて何もある筈ねえだろ!

天罰がもしあるのならこういうことも平気で言う不遜なテメエこそが真っ先に食らってる筈だ!

若い頃から躾をされてこなかった奴が老害になった結果がこのザマ。


その後、記事に

>「大震災は天罰」「津波で我欲洗い落とせ」石原都知事
http://www.asahi.com/national/update/0314/TKY201103140356.html

いまだに西欧崇拝とか母国日本をないがしろにするコンプレックスの塊だな。

>大震災は「天罰」と石原知事 「津波で我欲洗い落とせ」
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031401000989.html

天罰について発言した際、「『被災された人は非常に耳障りな言葉に聞こえるかもしれないが』と言葉を添えた」としたが、実際には話していなかった。


非実在発言を言ったという。なんという嘘つき。

しかも天罰ってのは発言した事を認めた上で撤回しない。

>東日本大震災:石原知事「津波は天罰」
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110315k0000m040043000c.html


「天罰」発言について石原氏は、14日夕に都庁で行った記者会見で「『被災された方には非常に耳障りな言葉に聞こえるかも』と(前置きで)言ったんじゃないですか」などと釈明したが、実際には発言していない。


撤回しない考えを示した。



>「津波は天罰」=石原都知事「我欲を洗い落とす必要」
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2011031401295&j4

(今回の震災が)大きな反省の一つのよすがになるのではないか」などと説明し、撤回しなかった。



なのに流石、テレビはマスゴミ!

松沢成文の出馬辞退表明と、石原の出馬表明というデキレースのみを再三放送。

石原慎太郎の天罰発言側を隠蔽してる!


おじいさんが30年前に死んだのを隠して年金詐取する、こんな国民は世界中に日本人しかいない。


デタラメな年金システムを長年まわして来たのは我利我利亡者のお前ら団塊世代と、お前の支持政党、自民党じゃねえか!

そして団塊世代老害どもが、実際の模倣事件をおこしてる婦女暴行小説だのを書いている奴を政治家に選んだ。

http://twitter.com/TomoMachi/status/10507425216

昭和32年(1957年)、無職T少年(16歳)ら7名が16歳の少女にカルモチン入りの ジュースを飲ませて昏睡させ7人で暴行を働いたほか婦女暴行10件で逮捕。取調べでTは石原慎太郎原作の映画『処刑の部屋』を見て手口を覚え犯行を計画したと供述した。


こんな犯罪を誘引したものこそが(現在でも)野放しになっている事に
女性達は身の危険を感じる事は無かったのだろうか。


石原慎太郎。

人間てのにはな

「言っていい事」と「悪い事がある」んだ。

表現の自由は結構。

でも「人としては、人間だったら絶対にやっちゃいけねえ事」ってのがあるんだ。


地震を天罰などとは思われない方々、奴の暴走を叩き潰す事に御協力ください。

女性の皆さん、お力を貸してください。



こういう奴を放置どころか前面に押し出し広めてきた紙媒体やマスゴミテレビに踊らされる団塊老害どもを阻止する為に、

石原慎太郎が自らも認めた上で、撤回すらしなかった「地震を天罰と発言した事実」を口頭でもいいから伝えてください。

posted by wolf_howling at 03:44 | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事