2011年03月31日

サンケイが紹介したデマ事例がリアルタイム検索で見つからない件



ITmediaは画像での引用システムを持っているので利用してみたが、削除されないとも限らないので、タイトル部分の説明個所はテキストベースでも引用しておく。

>「餓死続出の宮城県花山村」はなかった 漠然とした不安、普段と違う心理状態の自覚を
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/30/news023.html


<【超拡散希望】宮城県花山村はいまだ救助は来ず、餓死した赤ちゃんや老人が後を絶ちません…>

 切迫感あふれるツイッターの書き込みだが、花山村は市町村合併で平成17年に消失し、現在は栗原市。震度7を観測したが震災の死者数はゼロで、市の担当者は「餓死続出などまったくない」と困惑を隠さない。

 こうした書き込みには<悲惨な状態のようです。広めてあげてください>と、悪意でなく情報を広めている様子もうかがえる。急を要する必要性を感じて親切心から<警察に通報した>と書き込んだ人もいた。


とまあ、この記事から憤りをツイートされている方も多い様子だが、

一方でこの間注目を集めたブログエントリがある。

>Twitterのデマ発信源はつきとめられる
http://ebilog2009.seesaa.net/article/191045647.html

このように特別な技術がない人でも、
Googleリアルタイムでデマの発生源をつきとめる事ができる


ということで、このデマを流したアカウントは何処だろうと私は気になって、

リアルタイム検索で

『【超拡散希望】宮城県花山村はいまだ救助は来ず、餓死した赤ちゃんや老人が後を絶ちません』


ってのを検索してみたのだが、

地震の発生した3/11から、この記事の掲載される前日の3/29の間には

『宮城県花山村はいまだ救助は来ず』

というワードすら検索に全く存在しないのだが?


さて『宮城県花山村』で検索をしてみると、

宮城県花山村

この2個を比較すると現存する最も古いデマは検索上では下記のRTのようだ。

http://twitter.com/shisyun0608/status/48311665799872512
RT @raitan0103: 宮城県花山村、支援が来なく辛い日々を送ってます。孤立した所で餓死した赤ちゃんや老人が後をたちません。ツイッターで広まり孤立した避難所にも支援がきたという話を聞きどうか広めてほしいです。花山村にも支援を!#j_j_helpme -#jishi ...

6:33 PM Mar 17th webから


次点が下記
http://twitter.com/naru_tomo/status/48316103373504512

【拡散希望】地震で孤立している《宮城県花山村》は未だ救助が来ず餓死した赤ちゃんや老人が後をたちません。ツイッターで広まって孤立してた非難所にも支援がきたという話を聞いたので広めてもらえませんか?#j_j_helpme -#jishin -拡散 -RT -QT

1:33 AM Mar 17th webから


あれれー、「超」拡散希望とかなってませんねえ。

文面も細々と変更されている様子。

ジャーナリズムが文面改ざんとかしちゃダメじゃないの?

そして、デマに注意を促す記事を読んで「けしからん」って憤りつつも、
マスコミの記事を鵜呑みにして、検証をしたり、裏をとろうとか考えない限りは、
自分がデマの媒介になってしまう事を繰り返してしまうのではなかろうか?

【送料無料】デマの心理学

【送料無料】デマの心理学
価格:3,360円(税込、送料別)


posted by wolf_howling at 02:32 | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事