2011年05月03日

TIGER & BUNNY #04 Fear is often greater than the danger. (案ずるより、生むが易し)

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 (初回限定版) [Blu-ray]




■藍坊主 CD【星のすみか】11/4/27発売

■藍坊主 CD【星のすみか】11/4/27発売
価格:999円(税込、送料別)



なんか前回ラストから引っ張ってる割にはブルーローズのフォーカス回なのに、たいした活躍もせず、ヒューマンドラマ側もなんか実写の家族ドラマでもできそうな地味な話・・・



スーパーヒーローのベタな活躍ものにしない為に意図的にやってるんだろうけど、別に俺はX-MEN達の中に日常社会や家庭生活の苦労や、守っている対象の筈の人間からの差別という理不尽の辛さとか



デイリー・プラネット新聞社に勤める社会人クラーク・ケントや、学生やりながらカメラマンやってる「親愛なる隣人」の中にも彼女や家族との二重生活の大変さとかも普通に読み取ってるからなあ。





ともあれ、X-MENに出てくるミュータントの中にはパワーを悪事以外だが、救命とかじゃないことの仕事に使ってたり、日本で例えればパーヤンみたいな事してるのもいるし

パーマン 第6話 パーヤンですねん

一方でX-MEN達はプロフェッサーXの「恵まれし子らの学園」の先生もやってるけど、資産家がついてるからできるヒーロー活動って感じがすげえする(W

アベンジャーズは米政府や国連の権限や、社長アイアンマンの財力とかのヒモ付だった組織のせいで相当ばたばたあったりとかだし。



なんかNEXTヒーロー達は警察的ではないし、スポーツ選手的な感じ。
でもポイント競ってるとはいえ、コンビでないにせよ、人命救助の際にはチームプレイ的に機能してるし、バーニーもそんなにあからさまなあざとい行動とかもしてないよね。
都心の警官てのは点数稼ぎと働いてるフリの為に一般市民の邪魔でしかない任意検問を実質「強要」だのしてくるくせに、傷害事件の通報した時には「それは別の所轄だ」とかぬかしてたらいまわしにする税金泥棒だし、

プロスポーツ選手とかはミスジャッジに開き直りをみせる巨人軍選手なんかもいたり、デッドボールに当たったふりを恒常的にしてた広島の選手とかスポーツマンシップって何だっけ?みたいな卑劣漢も多い。

まーそもそも球っころを棒切れでひっぱたいても人命助かったりはしねえ訳で、
人助けしてる側にボランティアが多くで、有事に電気を無駄遣いしてる見世物側が大金稼いでるってのは明らかな理不尽だけどな。

野球だのの視聴率が落ちまくってるのもむべなるかなで、
そもそも個人や一部集団自身の娯楽でしかないスポーツ=他人の運動なんかに、金払ったり時間使ったりって事は、ゲームやって知人とコミュニケーションするより実利が無いって事に気づいた人が増えたんだろうな。



TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 2 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 2 (初回限定版) [Blu-ray]

posted by wolf_howling at 09:00 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事