2011年05月18日

味のある間違い探し無料ゲーム「Museum of Thieves」Google Chrome ウェブアプリ

Museum of Thieves
Museum of Thieves


Google Chrome ウェブストアが一昨日開いて、MS-DOS時代のフリーソフトを探したり、Firefoxの1以前からアドオンを色々試すwktk感再びという感じなのだが、日本語アプリもあることながら、英語のゲームにも挑戦してみた。

「Museum of Thieves」
https://chrome.google.com/webstore/detail/gfmfcbbfpfhgimahmdgbakemclmkklge?hl=ja

無料のシンプルなUIの間違い探しゲームなのだが、ストーリー仕立てになっていて、
絵にも味があるし、雰囲気がとても良い。

昨今、映画やゲームで散々3DCGをみせられてもファンタジー世界に入りこむ気持ちには全くならなかったのだが、
子供の頃に絵本を読んだり、童話を読んでエルマーと竜と共に冒険してる感覚や、

【送料無料】エルマーのぼうけん愛蔵版

【送料無料】エルマーのぼうけん愛蔵版
価格:7,500円(税込、送料別)



初めてゲームブックとして火吹山を訪れた時などに起きた、あの懐かしい感覚が蘇った。

ファイティング・ファンタジー「火吹山の魔法使い」 (〈ファイティング・ファンタジー〉シリーズ)
ファイティング・ファンタジー「火吹山の魔法使い」 (〈ファイティング・ファンタジー〉シリーズ)


これこんなに出来が凄く良いのに何で無料?とか思ったんだけど、
OptionやAboutの画面などを見るに、eBook書籍の広告として創って配布している様子。

ビジネスモデルに納得しつつも、
これChromeウェブアプリで販売すればいいだけじゃね?

Googleが取る手数料って5%。因業な出版社やAppleと大違いなんですけど?

Google API Expertが解説するHTML5ガイドブック
Google API Expertが解説するHTML5ガイドブック

posted by wolf_howling at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事