2011年07月12日

映画「アローン・イン・ザ・ダーク」 (2005年カナダ・ドイツ・アメリカ合作)

アローン・イン・ザ・ダーク [DVD] / クリスチャン・スレーター, スティーヴン・ドーフ, タラ・リード, フランク・C・ターナー, マシュー・ウォーカー (出演); ウーヴェ・ボル (監督)


クリスチャン・スレーターが出てる段で嫌な予感がしたんだけど、
カーアクションに始まり、ガンアクション、爆発だらけ。

何処もアローンじゃねえし!

俺はアローン・イン・ザ・ダークといえば、20年近く前のポリゴンを初めて使ったクトゥルフ神話系のホラーアドベンチャーゲームで、

アローン・イン・ザ・ダーク2必勝攻略法 (プレイステーション完璧攻略シリーズ) [単行本] / ファイティングスタジオ (著); 双葉社 (刊)

基本は洋ゲーならではの無理ゲー難易度で圧倒的に強い敵を回避しながら複雑な謎を解いていくタイプのゲームで、
(恐ろしく極めた奴はバーチャファイターとかいいながら闘いもしてたけど(W)

Super1500 バーチャファイター PC / メディアカイト

それにアクションテイストを強めて大成功したのがバイオハザードであり、ポリゴンホラーの原典的な恐怖感やサバイバルテイストのある暗い作品だったのに・・・

バイオハザード リバイバルセレクション(「BIOHAZARD archives 特別版」プロダクトコード同梱) / カプコン

こんなに銃乱射したりとかじゃそういう雰囲気ゼロ、台無し!

何で狩猟民族どもは何でもかんでもアクション映画とFPSにしちまうんだよ!

とはいえ、クソ映画評価は欧米でも同様のようで、
ドイツ人監督のウーヴェ・ボルって奴はラジー賞のノミネート常連の上に、
ボルに、ゲーム原作映画を撮るのを止めさせる署名活動サイトまであるそうだ。

バイオのポール・アンダーソンは、まあアレな所はあるとはいえ観れる映画は創ってるしね。

バイオハザードIV アフターライフ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray] / ミラ・ジョヴォヴィッチ, アリ・ラーター, ウェントワース・ミラー (出演); ポール・W・S・アンダーソン (監督)

ドイツはコンテンツ国策としてこんな奴を税金まで使って援助してる事は歴史に刻まれる恥レベルになってると思う。
コンテンツってのは放送時代と違って一過性のものではなく、永劫に晒されることになるものだって解らないの?

アローン・イン・ザ・ダーク / エレクトロニック・アーツ

posted by wolf_howling at 04:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事