2005年03月01日

「カードミステリー」



ヨースタイン ゴルデル, Jostein Gaarder, 山内 清子

カードミステリー―失われた魔法の島



カードミステリー―失われた魔法の島
ヨースタイン ゴルデル Jostein Gaarder 山内 清子

徳間書店 1996-03
売り上げランキング : 96,095

おすすめ平均
ミステリー
勉強ではない
素敵な本に出会いました

Amazonで詳しく見る>


ダイスを使わないTRPGの資料として、何かインスパイアされるものがあればと読んだ。

「ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙」

ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙
ヨースタイン ゴルデル Jostein Gaarder 池田 香代子

日本放送出版協会 1995-06
売り上げランキング : 17,006

おすすめ平均
読むのに時間がかかる本
おもしろい!!!
未来の社会の暗示

Amazonで詳しく見る


の作者、ヨースタイン・ゴルデルの有名になるきっかけとなった作品。

多分、トランプを基にした作品と、自分の旅行記を基に2個の話をくっつけて書いたものと思われる。
(トランプといえば非常に有名な童話があり、その影響は免れない。
ノルウェーの批評家もこれらの点は指摘しているのだが、生まれた時代が後なら仕方がない。
ネタバレにならない程度がレビューとしてはいいので、これもあまり触れないでおこう。
死んだ淀川長張が映画の前に全てあらすじを言うという最低の行為をしており。あいつの顔を見ない時間帯から日曜洋画劇場を見るようにしていたのをふと思い出した。)

さて、本題に戻る。
2つの話と書いたが、それは大枠としてで、ゴルデルの「ソフィーの世界」や、ミハエル・エンデの「果てしない物語」

はてしない物語 (上)
ミヒャエル・エンデ

岩波書店 2000-06
売り上げランキング : 5,946

おすすめ平均
ずっと読んでいたい
イメージの美しさが印象的でした・・・
素敵な作品だな〜

Amazonで詳しく見る


で、使われている、小説の中で読まれている本というメタ視的描写方法でいくつかの話が描かれている。
これの纏め方はトランプをモチーフに、細かい節に分けられており非常に読みやすい。
忙しい現代人の隙間時間の娯楽の使い方としての小説の描き方の参考とさせてもらおうと思った。
ただ、描こうとしている問題やテーマが多岐にわたりすぎ(複数の話を混ぜているのだから仕方ないが)どのテーマもピンボケな印象を受ける。

だから、哲学に絞った「ソフィーの世界」を書いてそれが当たったのだろう。
(当時これが、哲学ブームの元となり、タモリの番組でゴールデンタイムで扱われていたや、ポケモンの歌にも哲学が歌われてたことなんて、もう殆どの人がおぼえてないだろう)

アニメポケットモンスター TV主題歌 パーフェクトベスト(1997-2003)
TVサントラ GARDEN 江崎とし子 田村直美

メディアファクトリー 2003-04-23
売り上げランキング : 5,045

おすすめ平均
ドライブのお伴に最高です。
ポケモンに出会って希望の光が見えた。
良かったデス!

Amazonで詳しく見る


ヒルストリートブルースやER 緊急救命室

ER 緊急救命室 I ― ファースト・シーズン DVD セット vol.1 【Disc 1〜4】
アンソニー・エドワーズ ジョージ・クルーニー

ワーナー・ホーム・ビデオ 2001-05-18
売り上げランキング : 687

おすすめ平均
10年前にはつらすぎた。でも...
1stシーズンが一番!
最高の医療ドラマ!!

Amazonで詳しく見る


の様な平行にドラマを進める技法とも全く違うのだが、様式美的ではあると思った。

旅をモチーフにしたロードムービー手法でもある。
(町のホテルや道のりの詳細が細かく描かれており、多分、自分のヨーロッパ旅行を基にしているのだろう)

「黒い兄弟」

黒い兄弟〈上〉
リザ テツナー Lisa Tetzner 酒寄 進一

あすなろ書房 2002-09
売り上げランキング : 57,276

おすすめ平均
アニメがおもしろいなら原作も良い
アニメよりリアル?
ひたむきに生きるジョルジョに感動しました。

Amazonで詳しく見る


のスイスのティチーノが出てくるとなんだかんだで、ヨーロッパも大して広くないような気がしてしまった。何より殆ど車で移動が可能なのだし。
ただし、民族や様式の多様性は食事一つとっても魅力的ではあると思う。旅行の場面転換というのも、読者を飽きさせない手法としては有効だ。
(日本も緯度が多い国なのだから、気候も多岐にわたり似たような表現は可能なのかもしれない)

これを、映像化するよりは本のままの表現方法の方が良い様に思う。
(「ソフィーの世界」も映画化されたが、

ソフィーの世界
シルエ・ストルスティン トーマス・ヴォン・ブロムセン アンドリン・サザー ビョーン・フロバーグ

アミューズソフトエンタテインメント 2001-02-23
売り上げランキング : 24,956

おすすめ平均
素敵な雰囲気の映画でした。
大人にとっても、若いころ勉強したことが懐かしくよみがえり、楽しめる。
おすすめ!

Amazonで詳しく見る


あのオチとかは本でなければ表現できないと思うのだが…

Amazonレビューはいいポイント数がついてるが、これって原作は既に読んでてはまった人間の枠と思うと、公正なレビューかどうかはナァ・・・)

テーマ的には描こうとした事が複雑なのでまとまりに欠けた印象になるが、技法的には面白い。そういった感じの本だ。

posted by wolf_howling at 19:00 | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事