2011年09月28日

TIGER & BUNNY 最終回 #25 Eternal Immortality. (永久不滅)

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 7 (初回限定版) [Blu-ray]
TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 7 (初回限定版) [Blu-ray]


タイバニ、最終回配信も終わっちまうのでって感じでギリギリに観る。

ってのも、なんかOPも大していい歌でもないのに変えられて
後半の重苦しい展開をダラダラ続けてる段になって、割とどうでもよくなってきてた。

ミッシングリンク
ミッシングリンク


別に展開だのなんざこちとらお見通しで読めてるから、
バレバレのアリガチ状態のものにWktkしろって言われても無理!ってのに加え、
俺は重苦しいばかりでカタルシスがねえのは「大嫌い」なので。

なんでエンタメなのに連綿と続く不快感の時間の方がなげえんだよ! → 観たくない → 観ない。


サンライズも予想もしなかった前半での思わぬヒットの後に、
そのテの層に媚びたのがミエミエで反吐が出るし。

アメリカTVドラマのシリーズ構成を見習ってに伏線だの仕込んであるのは解るけど、
厳しい言い方だけど、その分、お子様にもわかりやすい程度のお約束展開のたいした事無い話を
わざわざ勿体ぶってgdgd続けられてもなあと。

西田征史の脚本ってオコサマ向けで解りやすいとは思うけど、そんだけだよなー。
でさー、お子様向けなのに陰鬱な所は必要ないほど「くどい」

アメコミ知識、一般人よりはマシな程度の俺からしても、スーパーヒーロー側の立て方があまりにハンパすぎ。
てのは、X-MENも映画なんかよりもコミックス読む方がキャラのXパワーのコンビネーションとかも見れて面白いし。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray] / ジェームズ・マカヴォイ, マイケル・ファスベンダー, ケビン・ベーコン, ローズ・バーン, ジェニファー・ローレンス (出演); マシュー・ヴォーン (監督)

キャラ立ててるつもりなんだろうけど、本家知ってる側からすると、不幸設定側だのにしてもてんで薄味。
何より、アメコミやアメリカのドラマは不幸設定でのお涙頂戴をグダグダ続けたりとかってしないし、
ピンチからの脱却とかも兎に角テンポが悪い。

あとさー、アクションが描けてないよね。
コンテや作画任せで、ネクストの能力ギミックを生かしてのバトルとか全く描けてない。
ジャンプのバトルマンガ読むところからやり直したほうがいい。

桂正和だって別に1作目のバットマンの映画が好きなだけで、アメコミを色々読み込んでるってわけでもないしね。

バットマン [Blu-ray] / マイケル・キートン, ジャック・ニコルソン, キム・ベイシンガー, ジャック・パランス (出演); ティム・バートン (監督)

ZETMAN 1 (ヤングジャンプコミックス) [コミック] / 桂 正和 (著); 集英社 (刊)

俺がキャラが立ってる方だと思えたのって結局3人

アンチヒーローのルナティックは、対照的なマーベルヒ−ロー、デアデビルとパニッシャーをあわせて割ったパクリ

デアデビル/ディレクターズ・カット [DVD] / ベン・アフレック, ジェニファー・ガーナー, マイケル・クラーク・ダンカン, コリン・ファレル, ジョン・ファヴロー (出演); マーク・スティーヴン・ジョンソン (監督)

パニッシャー:ウォー・ゾーン【Blu-ray】

パニッシャー VS. デアデビル(モダンver.) マーベル バーサスジオラマスタチュー 【サイドショウ】


ジェイクとクリームは言わずもがな、ジョーカーとハーレークインパクリ。

Batman: Killing Joke [ハードカバー] / Alan Moore (著); DC Comics (刊)

Women Of The DC Universe - Mini Bust : Harley Quinn ( By Adam Hughes ) / DCダイレクト

バットマン ジョーカー&ハーレイクイン ( コールドキャスト製 塗装済完成品 ) / 壽屋

なんかヒーローとされてる側を人間的なキャラとして描く方に集中したせいで活躍よりも見劣りするし、
本家テイストを混ぜてるコイツらクラスが話を回しててればなーって感じ。

こう列挙してってなんか気づくのがアメコミも映画化された奴程度しか見てないんじゃね?って気も。

まードラマ版の怪物くんの酷さみてれば、オマージュとか、プロとしての知識欲とかもねーかんじだよなー。

怪物くん DVD-BOX / 大野 智, 松岡昌宏, 八嶋智人, 川島海荷, 上島竜兵 (出演)

西田征史オコサマ脚本が伏線散々貼ってあっても、根本的な所で違和感がぬぐえないってのは言うまでも無いけど、

例えばジェイクってバーナビーに逆恨みされて殺されたカッコじゃん。 いーのかと。

(数え切れないほど、記憶に残らないほど人を殺してる?
お前は今まで食べたパンの枚数を数えた事があるのか?)

ジョジョの奇妙な冒険 リアルアクションヒーローズ-485 ジョジョの奇妙な冒険 DIO(ディオ) Medicom Toy メディコムトイ RAH

殺人だのやってる犯罪者でもヒーローは殺さない的なポリシー上(?)
極悪人は大抵、事故死、内ゲバっぽいくたばり方ってパターンも何度もされてもなー。

それと、ルナティックが最終回に懲罰発動した時に、警官たちは悲鳴あげてましたが、
別に罪も無いのに暴力をふるったルナティックは自分を処罰しないといけなくなるよねえ。

結局、キャラパクってるだけだから、言動もうわべだけでブレブレなんだよなーと思って苦笑いしながらみてた。


なんつーか、いちいちめんどくせえ。

マーベル大叙事詩の一つ、インフィニティーガントレットで、アダム・ウォーロックが集ったヒーロー達の中でハルクとウルバリンだけを呼び出して、「メンバーの中で君達だけしかできないから頼んでおくが、いざというときはサノス(敵)を殺してくれ」ってシーンがある。

インクレディブル・ハルク [Blu-ray] / ティム・ロス, エドワード・ノートン, リヴ・タイラー, ウィリアム・ハート (出演); ルイ・レテリエ (監督)

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [DVD] / ヒュー・ジャックマン, リーヴ・シュレイバー, リン・コリンズ, ダニー・ヒューストン, ライアン・レイノルズ (出演); ギャヴィン・フッド (監督)

大江健三郎が朝まで討論か何かに出てた高校生が「なぜ、人を殺してはいけないんですか?」という質問に対して朝日新聞に「まとまな子供なら、そういう問いかけを口にすることを恥じるものだ。」などと書いたわけだが。

思考停止の自らが明確な理由を未成年に向けて答えられず、
近頃の若いもんは的な脈絡ゼロの話にすりかえ議論から逃げた上に、
人格否定とか、反対の為の反対やってるだけの単なるへそ曲がりの薄っぺら人間性がうかがえた事とかも思い出したり。

原発反対だって、何十年もの自民党政権時代にする機会もあったろうに、地震が来たら途端に大騒ぎするんだったら山本太郎と同じ。

そもそもアメリカ人が人を殺す道具として作った原爆というものの方が明らかに殺意に満ち満ちてるのに同列にするとか、脳みそ調べてもらった方がいい。

兎に角、家族や仲間を守る為だったら正当防衛だし、躊躇無く相手を切り裂くだの、ボコボコに叩きのめす方が当然だと思うけどね。

しかも、所詮人間なんてのはもっとシンプルで、範馬勇次郎やAチームのコングじゃねえが大統領をぶん殴るのは「ムカついたから」って理由で十二分に行動に繋がりうる。

グラップラー刃牙 Tシャツ 範馬勇次郎モデル-Lサイズ【刃牙Official Site】

特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージョン>ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray] / リーアム・ニーソン, ブラッドリー・クーパー, クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン, ジェシカ・ビール, パトリック・ウィルソン (出演); ジョー・カーナハン (監督)

まあ本気でやっちまうか、頭を冷やしてブレーキかけるか、
やった場合の事後処理をどう対応するかだの、それを覚悟してやったのか、なーんも考えずにやらかしたのかとか、
それらもどんだけムカついたかだよなと。


3分間の活躍でウルトラマンになれないオジサンてのはフツーだし、
家族を殺されたとか散々ウジウジ言いながらも、バットマンになれないバニーちゃんてのの違和感の方がなー。

思わぬ人気でどうせ2期やるんだろうけど、もっとアメリカのコンビもの警察ドラマとか観たほうがいい。
ネタ切れで酷い続編作られる方がファンへの裏切りだ。

兎に角、アメコミをちゃんと読め!

あー、でも最後に誉めとく。

エンドロールに「オリオンをなぞる」をかけたのは正解!
俺のカラオケレパートリーがまた一つ増えたし。

オリオンをなぞる
オリオンをなぞる

posted by wolf_howling at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事