2006年08月30日

今度は虚偽を書けってか!

あきれ返った・・・

技術書にファンタジー要素でも入れろってのか!

ドキュメンタリーに過剰演出を入れること
「人それをヤラセという」

メディア系の人間てのはウケる為には手段を選ばないってことが身をもって解ったよ。

メディアだからこそ正直にやらなきゃいけないんじゃネーか。

ウソツキの仲間入りはごめんだね。

契約もしてないし、この件は無しだ。

posted by wolf_howling at 05:01 | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事