2011年11月02日

海賊戦隊ゴーカイジャー 第36話「相棒カイゾク」

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 コレクターズパック【DVD】 / 小澤亮太, 山田裕貴, 市道真央, 清水一希, 小池唯 (出演); 竹本昇 (監督)

なんか結局、過去のヒーロー人気利用しててもこの程度かって内容がこれだけ続くと、リアルタイムで観てレビュー書く気も薄れてくる。

とはいえ、途中で投げ出すのは自分が嫌なのでレビューは続けてみる。

この前後編2話ともも、まーた香村純子か。これだけずーっとレベル低いと「だって香村純子だから」とか言われそうだ。

マッハルコンを捕まえた後のわざわざマスクオフした全員と対峙してるカットつなぎ、明らかに違和感あるし、
次元をぶちやぶってそのまま参戦じゃなくて、待ってるとか、ストーリーのアクセルとブレーキが逆だろ!

海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイマシンシリーズ05 DXエンジンマッハルコン / バンダイ


ゴーオンレッドも騒いでただけみたいな扱いだし、後から大いなる力の説明をさせるって演出の為に一緒に移動せずにマシンワールドで待たされてるとか、明らかに違和感あるだろ。

レジェンド戦隊ヒーローシリーズ13 ゴーオンレッド / バンダイ

しかも折角の悪の組織同士の戦いとか入れるんなら、三つ巴展開とか2話も使えばいろいろできただろうに。

豪快チェンジも炎神戦隊ゴーオンジャーのメットオンとかまで再現してても、ゴーカイジャーのスーツの上からメットオンとかないわ!なんで顔出しバージョンでやらないっつーか、所詮、その程度の中途半端な拘りなら、これまでの粗末な扱いされてるいろんな戦隊同様でもいいだろうに。
わざわざゴーオンウイングスで金銀のまでやっててスーツアクター任せカヨ。

合成カット変身後は古原靖久がスーツ着用してるとか言っても、裏話説明をしなきゃならない位、絵で伝わらないのなら映像表現を仕事にするの向いてない。プロとしてありえない。辞めるべき。

そしてゴーオンゴーカイオーの必殺技。車で空を飛んだにせよ、マッハルコンと合体してるせいでロボット上半身は逆に自由度が下がって、刀を振り下ろせるのが構造上横軸だけって状態。
なのに相手を縦に真っ二つとか、高速移動して通りすがりに相手を斬るみたいな状態ジャン。
速度とか、飛んでる事とか全く必殺技に貢献してねえ。
違和感ありすぎるし、映像の気持ち悪さからキメシーンどころか、逆に非常にかっこ悪い仕上がりに・・・

結局、年末商戦用の玩具プッシュに、電人ザボーガー公開と被せて古原靖久出したって大人の事情だけのツマンナイ回だな。

『電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑 (別冊映画秘宝) [ムック] / 洋泉社 (刊)

まー劇場版の電人ザボーガーの方はネット評価は、お笑い要素だのは明らかな蛇足な上に、芸人としてもウチワウケ程度のネタしか出せずこれっぽっちも面白くない上に、実生活では過去に14歳の女子中学生に淫行して逮捕暦のある人間のクズを主演ヒーローとして起用するとか、NHKの番組レギュラーで起用してる現状含めて
流石、芸能界。流石、興行が絡む邦画業界。流石、マスゴミ。モラルがすさみきってて自覚がねえのかと。

紳助だけじゃなくヤクザ同然連中はとっとと社会から消えろと思うわけで、
古原靖久だけに大門豊やらせとけばよかったろうと。

『スーパー戦隊祭 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!』公式ガイドブック 武士道フルスロットル [単行本] / 東映, 東映 (監修); 特撮ニュータイプ (編集); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

そしてゴーカイジャーはギャバンとの劇場版の情報も出てるけど、

装着変身 宇宙刑事ギャバン / バンダイ

>ギャバン30年ぶり復活!ゴーカイジャーと夢共演
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111031-OHT1T00033.htm?from=yol

>「宇宙刑事シリーズ」は、シャリバン(83年)、シャイダー(84年)と続いたが、ギャバンは30年ぶりの再登板となる。


はい、所詮スポーツ誌記者。シャリバンの最終回、シャイダー最終回にシャリバンと野口竜のイラストで、そしてシャイダー最終回後の特番で出てるからギャバンが30年ぶりの再登板は大ウソ。
自慢げに自信満々で間違いを平気で書く嘘つきがマスゴミ。

宇宙刑事シャリバン Vol.5 [DVD] / 特撮(映像) (出演)

宇宙刑事シャイダー Vol.5 [DVD] / 特撮(映像) (出演)

で、これまたシナリオがさー。

>今回の映画は、ゴーカイジャーたちが宇宙最悪の監獄にとらわれたギャバンを救出し、敵と戦うというストーリー。大葉はかつて演じた「バトルフィーバーJ」のバトルケニア、「電子戦隊デンジマン」のデンジブルーにも変身する。敵方でギャバンブートレグという最強戦士も登場する。


大葉健二さん出演はまあそうだろにせよ、何、この脚本・・・誰書いてるの?

>宇宙刑事ギャバン、復活!「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」公開
http://www.hollywood-ch.com/news/11103115.html?cut_page=1

ゴーカイジャーの前に、宇宙最強の刑事と呼ばれるギャバンが現れる。海賊行為の汚名を着せて強引に逮捕しようとするギャバンに、ゴーカイジャーは立ち向かうが、圧倒的な力の前に全員が逮捕され、宇宙警察へ引き渡されてしまう。しかし、これはギャバンの作戦だった。ゴーカイジャーの逮捕に疑問を感じていたギャバンは、宇宙警察のトップがザンギャックに操られているのではと考え、敵をおびき出すために敢えてゴーカイジャーを逮捕したのだった。だが逆に、ザンギャックと宇宙警察が作り上げた最強の戦士・ギャバンブートレグに襲われてしまう。



末尾あらすじで観る気がゼロに。最強とか諸々、中学生でももう少しマシな話書きそうだぞ。
脚本書いた奴、宇宙刑事シリーズちゃんと観てねえだろ!

宇宙刑事は1話も逮捕した話ねえし(みんなぶった切ってる(W)
こんなじゃコム長官とかドルギランも扱い微妙な形になる気がする。


35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 / 特撮(映像) (出演)

posted by wolf_howling at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事