2012年01月01日

大晦日 格闘技をニコ生で観る(※但しタイムシフトに限る)

Dynamite!! 〜勇気のチカラ 2009〜 [DVD] / 魔裟斗, 石井慧, 吉田秀彦, 山本“KID”徳郁, 桜井“マッハ”速人 (出演)

>ネット独占!! 完全生中継!​! FieLDS prese​nts FIGHT FOR ​JAPAN『元気ですか!! ​大晦日!! 2011』

大晦日、12月31日(土)にさいたまスーパーアリーナで行われる
FieLDS presents FIGHT FOR JAPAN 『元気ですか!! 大晦日!! 2011』の模様をネット独占!全試合完全生中継します!!

・第1部:無料
・第2部:無料
・第3部:有料(ネットチケット2,000PT)


半月前にタイムシフト視聴を予約しておいた。
そして当然、劣悪な画質とクソ重くてイライラするインフラで課金コンテンツを視聴するつもりも更々無く。

というか、そうなるとヒョードル VS 石井とかは観れないのだが、格闘技映像に飢えてたので全然過去分のでもOK。

そして

・長島☆自演乙☆雄一郎、桜庭 和志らが出場!元気ですか!!放送記念!
 『Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜』


・青木 真也、所 英男らが出場!元気ですか!!放送記念!
 『DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント 5.29』


・高谷 裕之、所 英男らが出場!元気ですか!!放送記念!
 『DREAM JAPAN GP 2011 バンタム級トーナメント決勝戦』


・青木 真也、川尻 達也らが出場!元気ですか!!放送記念!
『DREAM.17 9.24』

の4本を観たのだが、これ正味でだと7時間+5時間+4時間+5時間とか凄い長時間になるのだが、
年末特番といいながら数ヶ月前の収録VTRを1日の3分の1近く流してたり、その告知番組に1日の6分の1を使うとか手抜きにも程があるって状態のクソみたいなテレビより全然いい。

何故かと言うと先にも述べたようにタイムシフト視聴予約をしておいたので、

・ニコ生なのに自分の好き勝手な時間に観れる。
・生配信じゃないので巻き戻しもスキップも自在=16時間付き合う必要なし。
・視聴ボタンを押すとダイアログには「※視聴は一度のみです」とか出るのだが期限の間は何度でも観れた。
 (最後まで見ていなかったから?その辺の仕様は知らないのだが)

という事で、かったるいインタビュー、入場、PVだのは全部すっ飛ばして自分用のダイジェスト状態で観れるし、
おまけにそれぞれの試合結果は出てるので、その結果を見て判定のはほぼ飛ばして、技で決まったのかTKOを集中してみる事が出来た。


・長島☆自演乙☆雄一郎、桜庭 和志らが出場!元気ですか!!放送記念!
『Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜』
http://www.dreamofficial.com/free/fightcard/?id=20101231

宮田和幸が宇野薫をタックルから回り込んでバックドロップというのを3発も繰り出してるのが良くて、これは判定だったけど通して見た。

宮田和幸 テイクダウンマスター [DVD] / 宮田和幸 (出演)

宇野薫 THE CONTENDERS BEST


確かに総合格闘技は決まり手に到る間の駆け引きも見所なんだけど、gdgdの後の判定とかみたいな状態も結構あるのでダイジェスト状態で面白い所だけみれるのは快適。

所英男の試合は決定打に欠けて長引いてたのを思い出してラストだけ観た。

所英男 [DVD] / 所英男, 小谷直之, レミギウス・モリカビュチス, ダリウス・スクリアウディス, エリカス・ペトライティス, アンタナス・ジャズビタス, 勝村周一郎, 大石真丈, TAISHO, 今成正和, 矢野卓見, 松本秀彦, 中原太陽 (出演・声の出演)

で、この年に一番スカッとした試合が
長島☆自演乙☆雄一郎 VS 青木真也

【送料無料】 自伝乙 スコラムック / 長島☆自演乙☆雄一郎 【ムック】

相手選手の腕をへし折って不遜な態度をした青木が異種格闘戦で1ラウンド目は自分の不利な立ち技ということで、クリンチだのわざと倒れるだのでコソコソ逃げ回ってたのに対して、
2ラウンド目始まって30秒程度で長島の膝が青木の頭にクリーンヒット!青木が失神KOという痛快な試合。何度観ても良い。

んだけど、これを見て思ったのは
「アナウンサーとか解説とかイラネ」って事。
宮田と宇野の試合には余計な音声がついてなくて非常に視聴が快適だったのだが、
長島の試合でアナウンサーが会場のブーイングに
「声援というより、なんか違う感じの声がしますね」とか素人丸出しのコメント。
それに対して長島も「あの時は嫌われていたんですよ」みたいな腕折り事件に触れてないから何の説明にもなってない返しという状態。
これ全く事前知識が無い方には何の解説にもなってねえし、
事情知ってる側からすれば、黙ってろトーク素人ってザマ。

コメントオフに加えて、音もミュートにして観たわ。


・青木 真也、所 英男らが出場!元気ですか!!放送記念!
『DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント 5.29』
http://www.dreamofficial.com/free/fightcard/?id=20110529

これは宇野薫の3年ぶりの勝利試合が入ってて、お子さん達二人との勝利記念写真撮影が嬉しそうなパパ状態が印象的だった。

後は主にTKOの凄まじい状態を堪能。


・高谷 裕之、所 英男らが出場!元気ですか!!放送記念!
『DREAM JAPAN GP 2011 バンタム級トーナメント決勝戦』
http://www.dreamofficial.com/free/fightcard/?id=20110716

これはKOとTKOを軸に観た。確かに総合は危険なせめぎあいだし、上級者同士になれば決着がつきづらいのも解るけど、テクニカルな面は面白くてもどうしても試合としては地味になりがちだからなあ・・・

放送の方で言えば、井岡が1ラウンド1分34秒でKOをみせちゃうというのには観る側としては「アッ!」という感じで爽快なのだが、放送してる連中からすると放送時間がスカスカに空いてしまって、入場だ国家斉唱まで再放送・・・
(しかも何処の誰が何のコネで連れてきやがったんだか下手糞な女の自称歌手。声は出てねえ、音は外れる、あんな放送事故レベルを2回も流すとかねえわ!)

一方で10ラウンド以上も続く打ち合いとか、やってる側が大変なのは解るけど、
観てる側は忙しい今日日に時間は貴重で、楽しい娯楽もなんぼでもある世の中だと流石に付き合ってらんなくなる。

しかもコンテンツとして別にリアルタイムで視聴する価値とか意味とか別にねえよ。
勝敗結果を知るのに一刻を争うとか別にねーし。


・青木 真也、川尻 達也らが出場!元気ですか!!放送記念!
 『DREAM.17 9.24』
http://kakutoh.com/pc/results/shosai.php?id=6881


これは割と試合だけは見る価値あったかもなーと思いつつも、所英男だのの判定はパス。

桜庭和志も「犬神家の一族」パロとかはスキップしたが、したら、すぐ負けてやんの。

ぼく…。 [単行本] / 桜庭 和志 (著); 東邦出版 (刊)

犬神家の一族 デジタル・リマスター版 [DVD] / 石坂浩二, 高峰三枝子, あおい輝彦, 島田楊子, 三国連太郎 (出演); 市川崑 (監督)

宇野薫もハイキックもらってKOだし。

ヨアキム・ハンセンも桜庭も肩固めで負けとか…

時代も流れてるけど、若手のスタープレーヤーで圧倒的なのとかが出てこないと、マスメディアは数が取れないとかで放送もしない状態になるんだろうなー。

青木は今回、勝ってるけど、品位や華がないとスターにはなれないし。

青木真也 跳関十段3 [DVD] / 青木真也 (出演)

ニコニコ生放送ポケットガイド

posted by wolf_howling at 05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事