2012年01月06日

ブラック・ジャック創作秘話手塚治虫の仕事場から

ブラック・ジャック創作秘話〜手恷。虫の仕事場から〜 (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) [コミック] / 吉本浩二 (イラスト); 宮崎 克 (原著); 秋田書店 (刊)

下記のキャンペーンを経由して辿り付いた作品

>手塚治虫 名作マンガ 1巻無料配信キャンペーン|電子書籍【honto】
http://hon-to.jp/contents/special/pc/tezuka_20111208_a.html


ブラック・ジャックを描いた時は既に手塚は落ち目で、
精神状態も反映して作品は迷走しまくりだわ、内容は陰鬱でウケないわで散々で、
秋田書店から漫画家引退記念に掲載してみるかって感じだったというのは聞いた事があった。

でさー、このおべんちゃらマンガの内容なんだけど、
マンガの神様とか言われてるけど、泥臭く作業してましたとかって事を言いたいんだろうが、

自分がツマンナイと思った回を書き直したいってワガママの結果での作業であって、
しかも自分だけがワガママで苦労するのならまだしも、周りに迷惑かけたってだけの話だろ。

別にイイハナシでもなんでもない。例によってのワガママで不遜な手塚を再確認した。

で、書き直した話ってどの回なんだろう。それが知りたいわ。
それって書き直したのが連載に間に合ったにせよ
「それ自体は、果たして面白かったの?」おべっか抜きで(苦笑

ブラック・ジャックって通して読むと医学的には所詮マンガって程度だったり、ホントにしょーもない回も相当あるし、毎回「ふーん」って感じで、決して「最高!」なんて回はお目にかかったことねーわ。嫌いじゃないけど。

唯一俺が知識として役だったのは、
石坂啓さんって手塚のアシスタントだったのね。これは不勉強で知らなかった。

言われてみれば、あの丸っこい輪郭と、目と口の位置と描き方は確かに面影がある。

赤ちゃんが来た (朝日文庫) [文庫] / 石坂 啓 (著); 朝日新聞社 (刊)


ブラック・ジャック(1) (手塚治虫文庫全集 BT 58) [文庫] / 手塚 治虫 (著); 講談社 (刊)

posted by wolf_howling at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事