2012年01月08日

「AVP2エイリアンズvsプレデター」(2007年)

AVP2 エイリアンズVS.プレデター [Blu-ray] / スティーブン・パスカル, レイコ・エイルスワース, ジョン・オーティス, ジョニー・ルイス (出演); ザ・ブラザーズ・ストラウス (監督)

随分と違う意味でオメデタイ新年最初の映画放送だな。テレ朝(W

特別編集版でシリーズ2作一挙放送って言われても、多分、誰も嬉しくない(WWW

ホント、テレビ局ってクソ高い給料を上層部はせしめてても、制作に使う金が無いんだな。

まーCMカットされるメディアにわざわざ金払って広告出してる情報弱者スポンサーと、マスゴミに踊らされる視聴者目当て向けのメディアとコンテンツだし、質なんて低くて当然か。

エイリアンVS.プレデターの1作目は一度見ればもういいってレベルなので逃走中を見終わって後、2から観た。

エイリアンVS.プレデター 完全版 [DVD] / サナ・レイサン, ランス・ヘンリクセン, ラウル・ボヴァ, ユエン・ブレムナー (出演); ポール・W・S・アンダーソン (監督)

(話は変わるが逃走中はARG側を視聴者が観てるのに、ハンターX計画とか要りもしない安っぽいSFドラマだのが挟まれる方が当然の如くウザくて不要、そっちのシリーズは次回最終回ってアタリマエだろ。
ドラマが作りたくてテレビ局入りましたってザコに安っぽいコンテンツ押し付けられても視聴者が楽しいわけねえし。この辺りが一方通行メディアのテレビ番組制作者の能力限界。)

逃走中17〜run for money〜【白雪姫と野獣王子編】 [DVD] / AMO, コカドケンタロウ, 澤部佑, スザンヌ, 鈴木亜美 (出演)


一緒に観てるとヨメが怖い怖いって言うので、こんなD級作品、さして真剣に観てるわけでもないので、
プレデターのシーンは台詞が無いのでgdgd妖精sの「アフレ湖」風にアテレコしてみる(W

gdgd妖精s 第1巻 【BD】 [Blu-ray] / 三森すずこ, 水原薫, 明坂聡美 (出演); 菅原そうた (デザイン); 井上純一 (その他); 石舘光太郎 (脚本); 菅原そうた (監督)

絵面はプレデターでCVは三森すずこ辺りで脳内再生してみると面白い(W

「あれー?なんか、仲間の船が墜落しちゃったよぉ」

「えー、来年から幼稚園なのに初めてのお使いがこれぇ?」

「うわー、なんか蟹みたいな気持ち悪いのが写ってるよー、

エイリアンVSプレデター フェイスハガー マスク

って自分の顔も蟹みたいだけどなー(W」

プレデター (特別編) [Blu-ray] / アーノルド・シュワルツェネッガー, カール・ウェザース, ジェシー・ベンチュラ, ビル・デューク (出演); ジョン・マクティアナン (監督)

「演出上解りやすいように青白く発光する液体を持ってくよ!」

「でも何で帰り用の足を自分で爆破してんのー?」

とか(WWW

ホットペッパーCMのアテレコもそうだけど、映像にミスマッチなこういうの入れるギャグって結構万能かもなー?

というかプレデターの出てる映画って俺はプレデター視点で観てる。

「戦闘種族だよ」「武装してる奴らは狩るよ」「戦いで傷つく事も死ぬ事も名誉だから、恐怖とか知らないよ」

みたいな連中の精神構造とかを再現ロールしながら観れば普通にアクション映画。

1作目の初回=正体も知らない状態でそうやって見ることは不可能だけど。
普通にアーノルド・シュワルツェネッガー視点だろうし。

プレデター [DVD] / アーノルド・シュワルツェネッガー, カール・ウェザース, ジェシー・ベンチュラ (出演); ジョン・マクティアナン (監督)

にしてもホント怪獣バトル以外、なーんにも見る価値無い作品だな。

特別編集版とやらでカットが酷かろうが、シリキレトンボでも如何でもいいって感じ。

AVP ブルーレイディスクBOX (初回生産限定) [Blu-ray] / スティーブン・パスカル, レイコ・エイルスワース, ジョン・オーティス, ジョニー・ルイス (出演); グレッグ・ストラウス, コリン・ストラウス (監督)

posted by wolf_howling at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事