2012年02月19日

「豆腐小僧」流石、ウジサンケイ絡みのクソ映画

豆富小僧 DVD&ブルーレイ セット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray] / 深田恭子, 武田鉄矢, 小池徹平, 大泉洋, 宮迫博之 (出演); 杉井ギサブロー (監督)

流石、ウジサンケイ&角川絡みのクソ映画。

これだからマス主導邦画ってのはダメって典型というか
韓流の為にダメ邦画を量産して日本のブランドを貶めるネガキャンミッションが産経ってのにはあるんじゃねえの?(苦笑

マンガ嫌韓流 [ムック] / 山野 車輪 (著); 晋遊舎 (刊)

ジブリってだけで持ち上げられてた高畑手動のクソ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」の劣化焼き直し作るとか、半島人や大陸人以下のクソっぷりだな。

平成狸合戦ぽんぽこ [DVD] / 上々颱風, 野々村真, 柳家小さん, 桂米朝, 福澤朗 (出演); 高畑勲 (監督)

しかも、人気だの当てこんで当時ピカルの定理だのでも使って失敗してた平野綾の起用とか
今見るともう痛々しさしかないのが・・・(苦笑

ピカルの定理マガジン [単行本] / 扶桑社 (刊)

AYA MUSEUM 特別限定盤 [DVD付] [CD+DVD, Limited Edition] / 平野綾 (CD - 2011)

この作品は必然的にダメ出ししかできないのだが、
邦画らしいダメ3大要素として

1.子供向けの作品と子供だましとを間違えている。
子供は難解な表現をしても伝わらないが、
幼稚な内容を求めている訳ではない。

2.CGで映画を作る事側に価値があると勘違いしている。
だからビジネスとして世界に通用しない。
テクノロジーと人と時間と金の無駄。

3.何より京極夏彦は水木しげるの二次創作屋レベルであって、
別に妖怪図鑑をそれなりに読んでる子供以上に妖怪に詳しい人って程じゃない。


図説 日本妖怪大全 (講談社プラスアルファ文庫) [文庫] / 水木 しげる (著); 講談社 (刊)

水木しげる妖怪大百科 [単行本] / 水木 しげる (著); 小学館クリエイティブ (編集); 小学館 (刊)

だから出てきてる妖怪にしても親子関係だののイイカゲンさはまあ創作って事にしても

何より豆腐小僧は役立たずだのって言ってるけど

妖怪としては人間に豆腐を食わせて全身カビだらけにするというミッションが奴にはある!(W

=豆腐は足が速い(腐りやすい)事と、カビたものを食べると腹を壊すぞって戒めだろ。



逆にホントは何もしない、ただ居るって妖怪だった「ぬらりひょん」が
藤沢衛彦の創作「妖怪画談全集 日本篇 上」で「怪物の親玉」とか唐突に意味もなしに書かれて、

妖怪画談全集〈第1-4編〉 (昭和4年) [−] / 中央美術社 (刊)

アニメ鬼太郎の3期で「妖怪の総大将」とかって、これまた何の理由も無しに強化がされたら、

劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES VOL.1(DVD)

ここ数十年で急に本当に(当然フィクションの中で)実力者妖怪扱いされたりとかだし。

ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス) [コミック] / 椎橋 寛 (著); 集英社 (刊)

タヌキが人を操ってるんじゃなくて、
マスゴミだの書籍だのを鵜呑みにする思考停止した情報弱者こそが操り人形だろうと。

豆腐小僧双六道中ふりだし [単行本] / 京極 夏彦 (著); 講談社 (刊)

posted by wolf_howling at 04:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事