2005年03月28日

デザインとエンジニアリング

「WebデザイナとJavaプログラマの分業フレームワーク、S2JSFを無償公開」
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/ex03/366789

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20050325/158027/

「Seasar - DI Container with AOP -」
http://www.seasar.org/s2jsf.html

サンプルがなんか欲しいところだナァ。
それと、文面をデザイナにおもむろに見せても、
「面白そう」とは思っても「使えるの?」といえば難しいと思います。

オープンソース大賛成だけど、「使用は自己責任」ってスタンスなので、
普及やマーケに大きく弱点を持つ。

これって最近のプロプライエタリソフトにも凄く言えて、昨今のやたらと機能過多で複雑なソフトは開発サイドの考えのメリットを広告だけで流してもユーザーには取り付く島が無い。
(昔の方がセミナーだのコンファレンスだのイベントだの、ユーザーとの関係に各企業力を入れていたように思えるのはわたしだけー?(だいたひかる風)。
TVCMでのインパクトだの、雑誌広告の小綺麗なデザインだけでは結局根付かないんだよね。ユーザーは一番テマヒマのかかる、ヘルプやサポートこそに価値を見出してるので、その時だけ売り切れば勝ちみたいなやり方やってる企業から駄目になると思う)

オープンソースのメンテナンスソリューション以外のビジネスモデルとして、
「リテラシの教育普及」ってモノがあってこれが非常に重要だと思う。
とにかくドキュメントやマニュアルがオープンソースの場合、Webでかき集めても少ない場合も多く見られる。どうしても開発主体な感じなのだ。
コミュニティーもまだまだそういうかんじ。
フォーラムがあっても開発者が中心で敷居が高い。そして情報源は其処にしかないので、思い切ったビギナーが「初心者です」とかって質問スレッドでも立てようものなら、場違いと叩かれたりするので悪循環。
色んな意味でもっともっと「オープン」にしていかなくてはいけないと思う。

下記のイベントとか非常に良い傾向ですよね。

「「コミュニティ活動がスキルを伸ばす」オープンソースカンファレンス2005」
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/ex03/366865

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20050327/158035/

自分としてはセミナーよりもワークショップとかの方が非常に有用だと思う。
誰かに伝えれば、その人がまた伝える事が出来るから。
人にモノを伝えられる力ってのは非常に大切で、それが出来る人はとても価値がある。

デザインと開発の話の範疇だけど、オープンソース&教育の話題に少し脱線気味・・・

別のトピックスで方向修正。

「ティーカップ、Flash作成機能「MagicalMaker」をブログユーザー向けに提供 」
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/03/25/6995.html

「「AutoPage」にFlashコンテンツ作成ツール「MagicalMaker」機能を追加」
http://orange.ap.teacup.com/topc/11.html

ヘルプ
http://autopage.teacup.com/help/magical.html

サンプル
http://angel.ap.teacup.com/magical_sample/

詳しくは使ってみてないんで良くわからないけど、
(ってーのも別にFlashMX2004持ってるし、
BlogタイトルをSWFファイルで創る事自体には全然魅力を感じないので、
個人情報出してまで試す気がしません。)

Web上でSWF生成っていうから自分の知識レベルではMingなのかなーとかって思った。
http://php.s3.to/man/ref.ming.html

「Mingで遊び☆」
http://blue.ribbon.to/~harpy/ming/

開発されてる企業実績とか関連企業見るにJavaベースらしい(憶測)
http://www.4dn.co.jp/company/job.html

で、JavaでSWFエクスポートする技術ってJava/Ming以外って?と思ったら、
こんなにあるんですねー。勉強になりました。
http://redhot.pepper.jp/swf/todo.html

デザイナとエンジニアを繋ぐソフトとして、嘗てはDreamWeaverがあったと思うけど、

Dreamweaver MX 2004 Commercial

おすすめ平均
これでもう目移り不要!
MACユーザーには不向きです。
高いけど良い
Macでスピードアップ!!
サイト制作の基本アプリ

Amazonで詳しく見る


ColdFusion寄りの連携から、逆に専門性が増した分、ユーザー同士の連携ソフトからは乖離する傾向にあると思う。
ColdFusion Server MX 7.0 J Standard

おすすめ平均
大幅にコストダウン さらに実装機能は充実

Amazonで詳しく見る


そしてBlog隆盛やTableレイアウトからCSSベースのデザインなど、Webデザインの現状に則しているのかっていうと、他のソフトはもっと出来てないんだけど、そろそろ根幹的なWizywyg系デザインツールとしての見直しが必要なのではと思う。
(レイヤーでのCSSレイアウトとか昔から出来たの位は知っていますけどね。)

Contributeとかじゃ逆発想的に役不足だし。
Contribute3.0J Commercial

マクロメディア 2004-10-08
売り上げランキング : 979

おすすめ平均
クライアントが更新したいページにアクセスするのに重宝

Amazonで詳しく見る by G-Tools


デザイナでない人と、事務処理スタッフを繋ぐツールの筈がBlogに比べると色んな意味で見劣りする所もあり、じゃぁMT使っちまえばいいじゃんって事をユーザーサイドは考えると思うんだけど?

FlashPaperとかが付いてるからCSSじゃなくてもFlashでいいじゃんって考えなのかなぁ?
いきなりPDF FlashPaper (説明扉付きスリムパッケージ版)


Amazonで詳しく見る



でMacromedia Web Publishing Systemに至るって事?

ビジュアライズベースでBreezeとか?
Macromedia Captivate 1.0 日本語版


Amazonで詳しく見る


もっと大掛かりにサーバでFlash書き出してFlexとか?

でも、前述したようにMingやPHPとか使えばいろいろオープンソースでも実現できるんで、

Flash Communication Server MXやFlash Remoting MXみたいに高価なもの導入するかな?

Flash Remoting MX 1-CPU Japanese


Amazonで詳しく見る


ドンドンサーバサイド寄りになって高価なソフトになってローカルユーザーの需要とかけ離れていってる気がする。

まぁオープンソースでもFirefox使ってれば、「Web Developer」とかあるし
http://www.infoaxia.com/tools/webdeveloper/download.html

今後はNvu (エヌビュー)の開発に期待ってこともできるので。
http://nvu.cc/

posted by wolf_howling at 16:16 | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事