2012年06月21日

めだかボックス最終箱「黒神めだかがいなくても!」

めだかボックス 第1巻 [Blu-ray] / 豊崎愛生, 小野友樹, 加藤英美里, 茅野愛衣, 浪川大輔 (出演); 佐伯昭志 (監督)

Webラテ欄の

>最終箱は、原作者・西尾維新先生描き下ろしのオリジナルストーリー!乞うご期待!!

って引っ張りも、想像どおりのクソつまらねえ内容。

不二子アニメ同様、ここにも全く盛り上がらずひっそり終わる黒歴史が・・・

・・・って、この惨状なのに2期やんのかよ!正気?

ここんとこ集英社のアニメ化ゴリ押しってとみに酷いが
所詮バクマン同様にウチワで盛り上がっても、所詮、マス=一般ウケなんてねえんだよ!

バクマン。 19 (ジャンプコミックス) [コミック] / 小畑 健 (著); 大場 つぐみ (原著); 集英社 (刊)

Webやデジタルを忌み嫌った結果、30年前と同レベルマーケがこの時代にも通用するとか思ってる辺りがつくづく末期だなと。

テメーのメディアでも、ぬらりひょんの巻末状態とかみてダメなものはダメだったって気づけ。

ぬらりひょんの孫~千年魔京の宴~ [DVD] / 福山潤, 堀江由衣, 鳥海浩輔, 櫻井孝宏, 間島淳司 (出演)

大体、何処のターゲットにマーケしようとしてんだ?

スマホやガラケー、ゲーム機を子供はみんな持ってるんだから
今日日、雑誌のマンガなんて読まない上に、テレビアニメもわざわざみねえよ。

てことでラノベ作家原作で深夜枠って事は中高生やオッサン相手なんだろうか、元々の作品が原作者同様のオッサン読者層に媚びたネタが散見できるけど、そもそも論的に大人は暇人以外はガキっぽい内容のツマラネエマンガやアニメなんかフツーは読まねえし観ねえよ。

マスゴミが支配してた時代じゃあるまいし、Webコンテンツって娯楽が大量にある時代だろ。現実受け止めろ。
何より内々のアンケ人気以上に明確に「売れない」って評価結果が部数や収益で数値的に明確に出てんだろと。

めだかボックス 1 (ジャンプコミックス) [コミック] / 暁月 あきら (著); 西尾 維新 (原著); 集英社 (刊)

posted by wolf_howling at 04:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事