2012年07月15日

スマイルプリキュア!第23回「ピエーロ復活!プリキュア絶体絶命!!」

スマイルプリキュア!  【Blu-ray】Vol.1 / 福圓美里, 田野アサミ, 金元寿子, 井上麻里奈, 西村ちなみ (出演); 大塚隆史 (監督)

え?今回で最終回?って位、バトル熱すぎるだろ脚本 米村正二(WWW

今日日のgdgdやってる少年誌バトルマンガが見習った方が良いレベル。
こういう我武者羅なバトルって逆に小賢しくなった少年漫画が忘れかけてるもんだなーと思いながら観た。

今回の観て小さな女の子達も朝っぱらから滾ってそうだよなー(WWW
一方でバトってるにせよ女の子キャラ達だから痛さや怖さってものがバトルマニアな男キャラのものとも意味するものも多分違うんだけど、それを乗り越える事の価値ってのもひとしおでありそうだ。

タイトルからして意識してスマプリは割とギャグやコミカル多目な感じに普段はしてるんだろうけど、そのせいで逆に重い話の回とのギャップがやたら大きい気がする。

ともあれ今回は普段はコミカルな悪キャラ達もそれぞれパワーアップして苛烈な戦闘をしてるし、
戦闘シーンでのOPカット作画転用がバンクっぽくてやや気になったけど、
バトルギミックは各キャラ同士上手くやってたと思う。
今日日のジャンプアニメだったら後半だけでも7週以上チンタラやりそう。こういうテンポのよさ、惜しみなさってモノがエンタメやクリエイティブには求められるんじゃねえの?
ダラダラした引き伸ばしを良しとする作家や編集者の感覚の方が腐ってるから見捨てられるんだろと。

ゲストは皇帝ピエーロがCV玄田哲章さん、たった一言の出演だけどロイヤルクイーンが島本須美さんってそれとなく気合入ってた。

にしても、星を破壊するほどのパワーに押し負けないどころか、そいつを一撃で沈めるって、なんか修学旅行とかしてたのと同一の世界観かよ!って位、いきなりのパワーインフレだな(W

んで今回が最終回カヨって状態の次回のユルさとのギャップがまた(WWW

スマイルプリキュア! ボーカルアルバム1 / TVサントラ, 池田彩&吉田仁美, 吉田仁美, 池田彩, キュアハッピー/星空みゆき(福圓美里), キュアサニー/日野あかね(田野アサミ), キュアピース/黄瀬やよい(金元寿子), キュアマーチ/緑川なお(井上麻里奈), キュアビューティ/青木れいか(西村ちなみ), キュアハッピー&キュアサニー&キュアピース&キュアマーチ&キュアビューティ (CD - 2012)

posted by wolf_howling at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事