2012年08月18日

じょしらく 第七席 と、小岩井ことりさんの話

じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray] / 佐倉綾音, 山本希望, 小岩井ことり, 南條愛乃, 後藤沙緒里 (出演); 水島努 (監督)

たまたま見たけど・・・

ウホッ! 阿部さん(WWW まさかのアニメ化(WWWW

やらないか!―『薔薇族』編集長による極私的ゲイ文化史論 [単行本] / 伊藤 文学 (著); 彩流社 (刊)

なんか本編ネタとかより、もうエンドカードまで含めて全てそっちに持ってかれてる気がした(W

この作品、原作側も全く知らなかったが久米田康治なのね。

さよなら絶望先生(30)<完> (講談社コミックス) [コミック] / 久米田 康治 (著); 講談社 (刊)

俺、こんなご時世に結構マンガ雑誌なんかを数種もそれなりに眺めてる側の少数派なのに
雑誌のメディア力なんて、もうそんなもんなんだろうなー。

で、エンドロールみて「あ!」って思った名前が小岩井ことりさん。

小岩井さんがアメブロを開始した時だかに、アニメ関連のアメブロアカウントにアメンバー申請してた様子で、流石にBlogもSNSもそれなりに浸透してた時期なので、そういうソーシャルマーケ手法なんだろうなあとも思ったけど、実際どうやってそのマーケを行ってるか、どうなっていくのかに興味があったので乗っかってみたら、
大量にあるブログコメントへのレスが一人一入にすごく丁寧に都度対応してて、独特の雰囲気が印象深かったし、みんな忙しいからやりすぎは顰蹙だろと個人的には思ったので1回しかしなかったけど、メッセもしてみたらレスも丁寧にされてて、ちょっと気になる方でした。流石にもう売れた後はブログに都度コメント返しとかは無理だろうけど。

俺も仕事柄、芸能人ブログってのは代筆やゴーストライター上等(金がある事務所の売り込みという条件つき)、当人が書いてても事務所やマネージャーチェックに加え、アメブロ独自の検閲とかも当然って知ってるけど、
「みっしょに」とかタイピングミスがブログ内のキーワードにみたいになったり(俺、やっぱ記憶力いいな)
後からUPした写真を下げたりとかも記憶にあるので、どの変までなのかなーとかも気になったものだった。

俺はペンギンアップデート対策でバックアップ用途だった筈のSeesaaBlogが逆に自由度の高さから主軸として残すことを決め、ユーザーのTBを無告知で全削除する酷すぎる運営手法の楽天Blogを止め、それに伴う流れで去年の5月からはタレントメディア主軸でCGMでも何でもなくなったAmabaブログは更新を止めてたので、自然とBlogなどのチェックが疎遠になってた・・・

最初はまだ声優を目指してる状態で、進学とか事務所含め色々悩まれてた様子だったけど、メインキャラ取れるまで2年半で来たんだなあと思うと感慨がある。
小岩井さんの出身が京都なのと、年齢も若すぎるので通勤や一人暮らしだのの制限で関西が初期活動主軸にならざるをえないってのは業界的には相当ハンデだったように思うけど、
メッセで「必ず」と宣言されてた首都圏進出を叶えられてよかった。

今日の作品を見るに厳しい言い方だが現状ではまだ技量、声質ソコソコ及第って感じだけど、
確か音声や演技はBlog開始時の音声サンプルを聴いたのがかれこれ数年前の話で、ほぼその段で同等の技量で、何よりその時に思ったのが「十分ビジュアル押しできるのに声優希望」って方だからなあ。

>小岩井ことりオフィシャルブログ「ゆめはキミの太陽。」
http://ameblo.jp/koiwai-kotori/


芸能人も職業選択の自由の範疇だし、売り込み方にも本人の意思を反映してもらわないとねーとは、
近年のバラエティ番組で一山いくらで扱われて笑いものにされてるマスゴミ曰くのアイドル達を見て思う。

十分OKでしょ?ってのに当人が顔出し自体を嫌がってたスタンスとかは、高田純次司会の深夜番組に出演してた皆口裕子さんが恥ずかしそうにしてたのを思い出したり
(というか、アニメとまた違って撮影系テレビ番組の側は色々と近づかない方がいい輩も多いが)

ラブプラス Sound Portrait 姉ヶ崎寧々 / ドラマ (CD - 2010)

近年の活躍が目覚しい某女性声優さんは、数年前とある席で御歴々の前で
「一生、声優として頑張ります!」とか宣言して、アンタそんなに若いのにいいのかよオイ!って思ったが
ユニット活動もそれなりに好調で深夜の看板番組ではコントやってたり、アーケードゲームのモビルスーツ筐体に搭乗したりもして、というか元々モデルだから5人で揃うと一人だけデカくて、昔に番組アシスタントしてた時期に投稿葉書で声を誉められたのが切欠で声の仕事を志し…(もう何処も某じゃねえ)

まあそんな感じ、声優さんのお仕事って。

スフィアクラブ DVD vol.3 / スフィア (出演)

今後の御活躍を見守りたく。

お後がよろしくって・・・よ! [Single, Maxi] / 蕪羅亭魔梨威(佐倉綾音),空琉美遊亭丸京(南條愛乃),波浪浮亭木胡桃(小岩井ことり),暗落亭苦来(後藤沙緒里) 防波亭手寅(山本希望) (CD - 2012)

posted by wolf_howling at 05:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事