2012年09月16日

「バイオハザードIV アフターライフ」

バイオハザードIV アフターライフ [DVD] / ミラ・ジョヴォヴィッチ, アリ・ラーター, ウェントワース・ミラー (出演); ポール・W・S・アンダーソン (監督)

シリーズをおうごとにゲームを徐々に意識した映画になってはきてるけど、

バイオハザード6 (【数量限定特典】エクストラコンテンツ「ザ・マーセナリーズ」用ステージDLコードセット同梱) / カプコン

やっぱりオバカなゾンビアクション映画って感じだよなあ。まあそれでいいんだけど。

というかシリーズって言っても、それっぽいカットはあっても、実際はキャラが継続して出てるって位しか繋がり無いに等しい。初期は特にその強引さが酷い。
シリーズ3、4、5はちゃんと話が繋がってる風ではあるけど、それまでは厳密な感じじゃないし、場面展開も急だし都度のいきあたりばったりな感じ。でも単発でもソコソコ楽しめるけどね。

バイオハザード Blu-ray スペシャル・クアドリロジー BOX(4枚組) / ミラ・ジョヴォヴィッチ, アリ・ラーター, ウェントワース・ミラー (出演); ポール・W・S・アンダーソン (監督)

にしても日曜洋画劇場が終わるのは当然って観てて思うのは
録画+CMカット対策だかのCM前のシーンを被せて何度も流したり、
引き伸ばしの過去作品紹介や、公開タイアップにせよ唐突に新作映像挟んだりって
映画を観てる側がやられて喜ぶことだと思ってるのかね?
数分に渡って逆回し映像流すとか、放送業界初かもしれないが放送事故レベルだろ。
それを良かれと思ってやっちまうセンスの無さが凄い。
放送してる連中は視聴者側の事は考えてないから観られなくなって当然。
KYアサヒだから尚更かもしれないがマスゴミってホント、テメーの事しか考えられない人間の集まりだな。

何より映画のセレクションのセンスが悪すぎる
金曜ロードショーの日本の大衆向け狙いじゃないのに、テレ東の午後のロードショーみたいなD級狙いでもない。

何より、同じ作品を短いインターバルで流しすぎ。ボーンスプレマシー何度目だっての。ジェイソン・ボーンシリーズがたいして好きでもない人は必然的に見なくなるとか気づけ。

ボーン・スプレマシー [Blu-ray] / マット・デイモン, フランカ・ポテンテ, ブライアン・コックス, ジュリア・スタイルズ (出演); ポール・グリーングラス (監督)


http://mantan-web.jp/2012/09/05/20120905dog00m200027000c.html

>平城局長は、「他局もそうだが、洋画の安定的なラインアップの配置に苦労している。ここ数年の洋画の興行収入等の成績を見ていると、なかなか難しい」と背景を説明している。



アホか。

ハリウッドムービーブームだった70年代後半から80年代の昭和洋画の方が観たいオッサンは多いだろうに。

釣られたら負けなアベンジャーズのキャッチコピー「日本よ、これが映画だ」に火病ったりしてる連中も居たけど、

アベンジャーズ・アッセンブル / V.A., サウンドガーデン, シャインダウン, スコット・ウェイランド, パパ・ローチ, ブラック・ヴェール・ブライズ, ライズ・アゲインスト, レッドライト・キング (CD - 2012)

確かに「ハリウッドよ、 これも映画だ。」とか言ってる側の邦画は世界に全く通用しない低レベル作品だと思う。

踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD] / 織田裕二, 柳葉敏郎, 深津絵里, 水野美紀, いかりや長介 (出演); 本広克行 (監督)

結局、日本人の感覚とグルーバルな需要があるものに大きなギャップが出てきてるんだと思う。

Cool Japanとか図に乗ってても実際ビジネスとして成立して通用してたのはマリオやポケモンだののコンシューマゲームだったわけで、

スーパーマリオ3Dランド / 任天堂

ポケットモンスターブラック2 / 任天堂

マンガやアニメメディアではドラゴンボール位だったんじゃねえの?(過去形)。知名度がアメリカ偏りとかじゃなくて広かったのは。

みんなのおすすめセレクション ドラゴンボールZ スパーキング! メテオ / バンダイ

のだめやテルマエロマエは海外で大コケとかみても「面白い」と思うことのツボが日本人と海外の人とは、もうずれてるんだろうと思う。(自分も双方、ダラダラ続ける価値があるほど面白い作品とは思わなかったが)

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組) / 上野樹里, 玉木宏, 瑛太, 水川あさみ, 小出恵介 (出演); 二ノ宮知子 (原著); 衛藤凛 (脚本)

テルマエ・ロマエ Blu-ray豪華盤(特典Blu-ray付2枚組) / 阿部寛, 上戸彩, 北村一輝, 竹内力, 宍戸開 (出演); 武内英樹 (監督)

白書に目を通せば解るが、コンシューマゲームは落ち込み、ソーシャルゲームへのシフトでそちらが成長。

情報メディア白書2012 [単行本(ソフトカバー)] / 電通総研 (編集); ダイヤモンド社 (刊)

デジタルコンテンツ白書2012 [大型本] / 一般財団法人デジタルコンテンツ協会 (著); 一般財団法人デジタルコンテンツ協会 (編集); 株式会社DNPメディアクリエイト (イラスト); 経済産業省 商務情報政策局 (監修); 一般財団法人デジタルコンテンツ協会 (刊)

映画は国内で100万人動員できたのは2011年は無し。ハリーポッターもジブリも七光りの五郎アニメも届かなかった。わざわざ劇場まで足運んで金払ってまで観るほどじゃないって評価なんだろう。

【Amazon.co.jp限定】ハリー・ポッター 第1章~第7章PART2 コンプリートブルーレイBOX(12枚組)[数量限定復刻盤] [Blu-ray] / ダニエル・ラドクリフ, ルパート・グリント, エマ・ワトソン (出演)

コクリコ坂から [DVD] / 宮崎吾朗 (監督)

一方でDVDのレンタルは伸びてる。
これは視聴者は押し付けられるのが嫌、自分の観たいものには100円程度は出す、広告付の無料でもクソみたいなものは時間の無駄だから観ない、って当然の結果だろ。

国民から強制的に金を取ってるNHKですら半島の工作員が紛れ込んでて韓流ドラマをゴリ押しして、紅白にK-poop歌手を出すようにもなれば、そりゃあ大河ドラマも大コケするだろう。

テレビってマスゴミや、コンシューマゲーム作ってた作品性だの監督だの言ってた連中は、
コミュニケーションサービスであるネットや、ソーシャルゲームを作ってる側とは感覚が違う。

ゴリ押しの情報操作やってた大本営の感覚はネットサービスやスマホコンテンツには通用しない。
地デジで双方向とかぬかしても過去に縛られててネット側の言うことには耳も傾けないような連中には無理。

バイオハザードIV アフターライフ IN 3D(2D BD再生可能) [Blu-ray] / ミラ・ジョヴォヴィッチ, アリ・ラーター, ウェントワース・ミラー (出演); ポール・W・S・アンダーソン (監督)

posted by wolf_howling at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事