2012年09月30日

ASUSタブレット EeePad TF300でバッテリがどれだけ持つか試してみた(最悪な修理対応サポートについて追記記事あり)

【重要追記】

ASUSは無償修理の保障期間内なのに「故障が起き得ない」ので7500円払えと言ってきた

http://read.seesaa.net/article/305833477.html

ASUSの製品を買って私は大損をした。今後、ASUS製品を私が購入することは無い。

二度とない。

ASUSという企業ブランドにはもう不信しかない。


ASUS Eeeシリーズ EeePad TF300 ブルー ドッキング TF300-BL32D / Asustek
ASUS Eeeシリーズ EeePad TF300 ブルー ドッキング TF300-BL32D...

ASUS EeePad TF300はタブレットにキーボードドックがついていて、それぞれに充電が可能なので、
休み休みな形で使っていると、1週間に1回の充電作業で事足りている。

バッテリが長持ちする事だけは良く解るのだが、継続して使ってみると一体どれだけ持つか気になったので試してみた。

30000あるファイルをディレクトリ移動してみた。
Androidにデフォルトでついてるファイラーは使いづらい、見づらい、機能がショボいの最悪なのが公式なのでRhythm Softwareのファイルマネージャアプリを入手。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rhmsoft.fm

バックエンド作業の形でずっとカット&ペースト作業をさせてみたら10時間掛かった。

その段階でドック側はとうに空っぽで、タブレット側の残量が35%

カタログスペックは

>タブレットバッテリー駆動時間: 約10時間(充電時間:約2.5時間)
 /タブレット+ドック駆動時間:約15時間(充電時間約4.75 時間)


ってあるんだけど、割とその通りっぽい。

普通は人間側がタブレットで10時間ずっと作業してるなんて方がないしね。

ASUS Eeeシリーズ EeePad TF300 ホワイト ドッキング TF300-WH32D / Asustek
ASUS Eeeシリーズ EeePad TF300 ホワイト ドッキング TF300-WH32...

posted by wolf_howling at 04:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学の威力だ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事