2006年12月22日

SPAMコメントやSPAM TBに対するBlog側対抗機能比較

Seesaaは最初はホントにスパム発信する業者がユーザー側にも多くてスパム処理に辟易してたが、

URLやIP、ワードでのフィルタリングや、英字のみTB排除機能など様々なスパム対策と
決定的だったのが「記事内に参照LINKが入っていないものはTBを認めない!」という機能があってこれのおかげで凄く管理が楽!

同じBlogシステムベースを使っている「らじろぐ」だがバージョンが違って、
英字のみTB排除機能と参照LINKの規制機能がない。
おかげでTBスパムはここはちまちま消しては、ブラックリストに登録している。
(もうIPベースでも数百は溜まった・・・これ何かに共有して使えないかな、業者のフィルタリングとかの情報として)

楽天は楽天ユーザ内に限定して使ってます。
TBスパムに対しての管理が他のBlogツールより明らかに甘いので、通報してもいたちごっこだし。
それと外部に記事バックアップ用のBlogがあるので、純粋にコミュニケーションを主に楽しむ為に本来のTBとしての機能としては少々寂しいのですが外部からは締めてしまいました。

楽天広場の場合、ポイントバラマキ状態問題のときにも明らかになりましたが、アカウントが簡単に作れてしまうことで、スパム業者が入ってしまうことも根本的な問題ではあるのですが。

Livedoorブログはスパムフィルタがソコソコあるんですけど、ここはTBが賑わう前にスパムコメントで嫌気がさしてコメントは不許可にして放置状態(苦笑)

というか、何処でもそうだけど、コメント機能もユーザー認証しないと自分の場合はつけて欲しくないかも。
なのに、大抵のBlogってデフォルト設定はコメント、TB両方とも「受け付ける」にしちゃってるところが多い!

で、ユーザーはスパムの洗礼を受ける事になる。

MTだのは逆に徹底して設定管理してるけどねぇ。

で、こないだ始めたアメブロはコメントもTBもデフォルトでキャンセル状態にされてる。

それはいいんだけど、TB欲しい記事にもいちいち毎回TB許可のチェックボックスを開けなきゃいけないのは面倒!というか設定画面側の機能いみねぇじゃん!

おかげだか、スパムどころかTBも全く無し(苦笑)

現状、本来のTBがちゃんとついていて管理が楽なのは、参照LINKを有効にしてる、Sesaaとはてなダイアリーが一番使っての比較で優秀な感じ。

posted by wolf_howling at 01:42 | TrackBack(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事