2012年12月22日

可愛らしいファンタジーRPG風の都市開発シミュレーションゲーム「冒険ダンジョン村」本日限定、今日のAmazon Androidアプリストア日替わり無料アプリ

Kindle Fire / Amazon.co.jp
Kindle Fire / Amazon.co.jp


Amazon.co.jp: Android アプリストア

https://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=3077680306

一見、可愛らしいキャラクターデザインの懐かしいドット画ファンタジーRPGに見えるが、実際の内容はシムシティのような都市開発シミュレーションゲーム。

シムシティ (Amazon.co.jpオリジナル 「都市セット(フランス)」ダウンロードコード& 初回特典:『シムシティ ヒーロー&悪党セット』付き) / エレクトロニック・アーツ

昔のRPGテイストの再現は上手いし、可愛らしいモンスターが「村が発展してきたので近くに越してきました。襲わせて貰います」みたいな台詞は笑った。

丁寧なチュートリアル展開的な進み方も最初はまあいいと思う。

・・・けど、クエストが次々課題として出されて休む間もないし、やらされてる感が酷いお使いゲームにどんどんなる。

しかもUIの殆どはパソコンゲームの焼き直し同然の操作性、逆に「これ、次は何処をタッチすればいいんだ?スペースキー送りじゃねえし」って戸惑いまくる事しばしば。

画面スクロールでスワイプ使う以外はタッチパネルでの操作は関係ないし、ピンチとかできない。
これじゃあスマホやタブレット用のアプリとして出す意味が無い。

何よりコレ、どうしたらアプリを終わらせる事できるの?
回線からデータだの引っ張ってるせいで黙々とバッテリー食われるし。

そもそも、隙間時間を使うだのしてやるモバイルゲームの発想と全く違う設計思想でデザインされてる。

ドット画は上手いだけにパソゲーやガラケーゲームの臭いがプンプンするぜえ。

それだけに、スマホやタブレットに対応しきれてない残念感が強い。

コンシューマーゲーム大手が過去の呪縛に縛られてソーシャルゲームでハズレばかりを作って収益が縮小する一方で、Webノウハウの高い企業が高収益を得ていて企業拡大しつつ人材不足な現状をみても、自分で過去のルールや発想方法を捨てるイノベーションが必要なんだろうなあ。

でも、すっかり頭の固くなった頑迷なパソコン系の開発者を再教育する手間より、学生にソシャゲ開発を教育する方が楽。

ゲハ達が「ソシャゲはゲームじゃない」だのぬかしても、実際に受け入れられて収益あげてるのはどっちかは結果として明白!ゲーム業界も老害化が進んでいると思う。

監督気取りで自分の作品性を押し付けるコミュ障な開発者だのより、ユーザーの反応に即時に対応できるコミュニケーション力に近い運営能力側の方がソシャゲには必須。要はWebやソーシャルを解ってる人間てのが前提条件。

冒険ダンジョン村 - Android Apps on Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.kairosoft.android.bouken_ja

Kindle Fire HD 16GB / Amazon.co.jp
Kindle Fire HD 16GB / Amazon.co.jp

posted by wolf_howling at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Androidアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事