2012年12月23日

クリスマスソングを音ゲーで練習?「ピアノマスタークリスマススペシャル」本日限定、今日のAmazon Androidアプリストア日替わり無料アプリ

クリスマス・キャロル 〜クリスマス・ピアノ曲集 [楽譜] / スタイルノート (著); スタイルノート (編集); スタイルノート (刊)
クリスマス・キャロル 〜クリスマス・ピアノ曲集 [楽譜] / スタイルノート (著); スタイ...

クリスマスシーズンにてAmazonの日替わり無料アプリもイベント的にやってるもよう。


Amazon.co.jp: Android アプリストア

https://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=3077680306

例によってPC側からAndroid アプリストアへの導線が引けるのは上記だけ。
個々のアプリにLINKできない、Webを17年やってて、ECやってる会社なのにどーなの?って仕様なので

Google Play側の無料版とクリスマスバージョンを下記に載せておきます。

ピアノマスターFREE- Android Apps on Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=it.b77.pianomasterfree



ピアノマスタークリスマススペシャル- Android Apps on Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=it.b77.pianomasterchristmas&hl=ja

要はビートマニア類似の音ゲーで楽曲がクリスマスソングって仕様をアプリでやってるもの。

ビートマニア / コナミ

で、音楽が流れて、画面上に振ってくるマーカーに音階とタイミングをあわせて鍵盤を叩くんだけど、俺は10インチタブレットでやってみたが、これ4インチのスマホじゃ無理じゃない?7インチタブレットではインストールしてやる気もおきなかった。というのも鍵盤のサイズが10インチでも表示領域が小さい。俺は手は小さい方なのだが、鍵盤から指の幅であふれてしまう。これ白人や黒人の大人の大きな手で押せるの?

Kindle Fire HD 16GB / Amazon.co.jp

しかも同じ位置で押してるのにミスタッチ扱いされるし。どんだけ厳しい当たり判定してんだと。

そして、和音は押すタイミングが少しずれても別タイミング扱いな上に、押し損ねたマーカーが残留する仕様なので、その鍵盤を押して残留マーカーを消さなければいけないんだけど、弾いてる側は次に来た音階の鍵盤をみてるからそちらを押してしまう。そしてミス扱いが重なるスパイラルに陥る。

その上、和音でのマルチタッチをちゃんと拾ってくれないのがしばしば。

だいたい、これ鍵盤と幅が違うし、半音が課題にやたら出てくるんだけど、初期のポジショニングをどうしたらいいの?って感じ。

簡単な曲を一本指で弾いてるうちはいいけど、和音がでたら複数の指で同時に押すのは当然の操作だし、左手でやったものか、右手で皆押したものかみたいなのも不明確で、これをやっても別にピアノが上手くなることはありえない。

ポジショニングの問題で「え?」って思ったのは、弾いてるうちに鍵盤の位置がスライドする。
音階にあわせて弾く必要がある鍵盤を表示するためだろうが、弾いてる最中に位置が変わるのにユーザーに合わせろって事?
ポジショニングにあわせた楽曲をちゃんと選定すべきだろ。

有料な上に追加楽曲で儲けるアプリらしいけど

何より酷いのがしょっちゅうゲーム中に落ちる。
これマルチタッチの検出だのでオーバーフローしてるんじゃねえの?
こんなたいしたことないアプリなのに処理落ちしまくりって・・・

使い始めて最初はちょっと面白く感じるけど、やるほどにバグや設計の欠陥が明確になってイライラしてくるアプリ。

これもアンインストールしました。

クリスマス・ピアノ曲集 / アンジャパリッツ, レーガー, バッハ, リスト, チャイコフスキー, レビコフ (作曲) (CD - 1996)
クリスマス・ピアノ曲集 / アンジャパリッツ, レーガー, バッハ, リスト, チャイコフスキ...

posted by wolf_howling at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Androidアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最近の記事