2012年12月29日

立方体を転がすパズルアクションゲーム「EDGE Extended」本日限定、今日のAmazon Androidアプリストア日替わり無料アプリ




Amazon.co.jp: Android アプリストア

https://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=3077680306


EDGE Extended - Android Apps on Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=net.mobigame.edge.extended

本日限定じゃないGoogle Playの無料版はこちら

EDGE Demo - Android Apps on Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=net.mobigame.edge.demo

XI[sai]とIQとBio_100%のKANIMISOをあわせたようなゲーム。

XI コロシアム / ソニー・コンピュータエンタテインメント

I.Q mania / ソニー・コンピュータエンタテインメント

キューブをスワイプで転がして落ちないようにゴールを目指す。

一見、見た目はクールなデザインに見えるけど、左上のマップの表示領域が小さすぎて、ゴールが何処だか判断したり、進行方向を決めるのには殆ど役に立たない=ビジュアライズは出来てても、情報デザインはイマイチ。

【送料無料】 情報デザイン原論 「ものごと」を形にするテンプレート 情報デザインシリーズ / ロバート・ヤコブソン 【単行本】

タイムアップがないから、ゆっくりと慎重に操作できるけど、XI[sai]などの持っているスピーディーなアクション的な爽快感には程遠い。どちらかというと達成感重視のイライラ棒系ゲーム。

電流イライラ棒 / ハドソン

ゲーム表示が縦長にロックされるのでスマホ想定で設計したゲームなんだろうけど、タブレットでスワイプ操作しても、ほんのちょびっとずつしか指を動かせないので、これ4インチスマホだと数ミリしか指動かせないんじゃないの?

あと俺は落ち死には大昔から感覚的に嫌いなので、ロックをいいことに横長置きで操作してる。
そうすると横にすっ飛んでくだけで精神衛生的に宜しい。

スロットなどの縦移動は人間を興奮、もしくは苛立たせ、横スライド移動は精神的に安定させるからね。
(スロットの海物語の長期安定ヒット要因はそういう心理効果もあると聴いたことがある)

パチパラ3D プレミアム海物語 ~夢見る乙女とパチンコ王決定戦~ / アイレムソフトウェアエンジニアリング

ただ、精神衛生的に勘弁できかねるバグが、急にスワイプした「逆方向」に暴走を始める挙動が頻発する!

もしあなたが自動車や自転車を運転していて、
いきなり勝手にハンドルの右と左の方向制御が逆に入れ変わったらどうだろう?
事故が起きない方が奇跡だと思う。

今年頭にアメリカという訴訟大国で薄汚い言いがかりで賠償請求をされかけたのが無効って証明されたけど

>トヨタ車のブレーキ問題、「電子制御系に欠陥無し」という結論
http://slashdot.jp/story/11/02/10/0911208/トヨタ車のブレーキ問題、「電子制御系に欠陥無し」という結論

要はアメ公の婆アがアクセルとブレーキ踏み間違えただけなのを日本の技術に責任転嫁した挙句、ブランドを失墜させた上で金まで毟り取ろうとして失敗した形なわけだが、

このゲームの場合は踏み間違いは起きようが無い。逆方向に暴走するのはスワイプで拾ってる座標の前後順が逆に取得されてるって事で、いくらクソハードウェアにせよASUSタブレットが誤検知してるだけとも思えない頻度で出る。

慎重にやるような仕様のゲームで、逆走ってバグの放置はありえねえわ。

タッチパネルは実は繊細な操作には向かない。

座標をざっくり拾って操作を簡単にしているのがタッチパネルであって、
ピクセル単位の指示を与えるのは慣れの問題以前で現状もマウスが王様。

なのでやっとこ表示だけ対応してきたスマホサイトやゲームアプリのボタンの置き方一つにしても誤検知してイライラするのがあまりに多すぎるのは、バグに加えてデザインや操作方法仕様の設計レベル問題もいまだに多い。

TVCMは散々うちまくってるくせに、エンジニアやデザイナーの腕前実質はあまりに酷い状態としか言い様がないものもしばしばだ。

見た目がカッコよさげでも、中身がこれじゃあ、
化粧や整形しまくってるけど、突発的に暴走する狂人みてえなもんだろ。

それと、Android4系のタブレットだと下部にホームや戻るの他、右側に設定やステータス表示のエリアがある。

このゲームやってると右手の掌底でそこを押しちゃう。そうすると下からスルスルっとポップアップした情報パネルが伸びてきて右側の表示が隠れてしまう。

ホームやバック以外のこっち側はゲームやってる最中は反応殺しとくとか普通考えないか?
ていうより、タブレットで動作検証してねえだろ。コレ作った奴ら。

相当細かいキツ目のツッコミだが、上辺だけで作りこみの甘さが散見できるゲームアプリだった。

まあ普通の人が軽い気分でやるのが遊びって割り切れば、普通のゲームなのかもしれないけど。

スマートフォンアプリのためのUI&グラフィックデザイン [単行本] / 中野 広明 (著); 秀和システム (刊)
スマートフォンアプリのためのUI&グラフィックデザイン [単行本] / 中野 広明 (著); ...

posted by wolf_howling at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Androidアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事