2013年01月07日

爽快操作シューティングゲーム「All my enemies」本日限定、今日のAmazon Androidアプリストア日替わり無料アプリ



さすが、Google先生。下記のURLを参照すると「すべて私の敵」って直訳表示(W

All my enemies - Android Apps on Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=drowning.zebra.allmyenemies

FREE版とか、続編が

「すべて私の敵無料」「すべて私の敵の復讐」って・・・

All my enemies Free - Android Apps on Google Playhttps://play.google.com/store/apps/details?id=drowning.zebra.allmyenemieslite&feature

All my enemies Revenge - Android Apps on Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=drowning.zebra.allmyenemiesr&feature

そして無料版の解説が

"私の親愛なるしもべ、私は、あなたの天皇は、あなたのための厳格な命令を受けている。あなたは私のパワーのすべての反対を終了しなければなりません、あなたはすべての私の敵を破壊する必要があります。"


場末の中華料理屋のメニューか!?

検索性の酷さといい、Googleの中でもダメな連中がGooglePlay担当してるんだろうなあってホント思うわ。

で一方、Amazon Androidアプリストアの解説側はちゃんと

「ダウンロードにはWifi環境が必要です。グラディウス、斑鳩、R-TypeにインスパイアされたAll my enemiesは優れたグラフィックスのシューティングゲーム」


と親切で解りやすい事この上ない!さすがAmazon!

これAndroidアプリストアはGoogle Play側に置かない方がいいような気がしてきた。

ただ、その説明もシューティングの中でも自機の操作が煩雑なのが比喩として出されていて

グラディウス ポータブル コナミ・ザ・ベスト / コナミデジタルエンタテインメント

斑鳩 IKARUGA (GameCube) / インフォグラム ジャパン

R-TYPES RETROGAME MUSIC COLLECTION EX / ゲーム・ミュージック (CD - 2011)

正直、十字キー操作でも大変なシューティングゲームはタッチパネルに直接の操作性の焼き直しじゃ、初期のシューティングしか全く通用しないぞ?大丈夫なの?と思ったのだが、なるほど快適にスワイプで操作できる。
弾は自動で撃ちっぱなしでボムだけを自分が射出。アイテムは近づけば自動で勝手に吸着してくる感じでとれる。

問題は細かい操作ができそうな10インチタブレットでやる方が、指の滑りがよくないと操作が行き詰ってしまう事。細かさよりスピードが重視されてる。
防護用のシートにも操作性が左右されそう。

7インチタブレット、もしくは4インチのスマホでやった方が逆に楽かも。
それだけ、このゲームがタッチパネル操作性について、よく考えられて作られていると思った。


Amazon.co.jp: Android アプリストア

https://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=3077680306

Kindle Fire / Amazon.co.jp
Kindle Fire / Amazon.co.jp

posted by wolf_howling at 04:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Androidアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事