2005年05月12日

ここでBlogと日記を考えてみる。

現在メインのBlogの楽天広場とSeesaaブログなのだが、
10000文字数制限で溢れた記事はSeesaaにはノーカット版(W)で掲載しているが、
他に差は無い内容の記事を掲載している。」

楽天広場に3件まで記事が投稿できる様になったので、
開始時は喜び勇んで記事を3本とも掲載していた、
でもここでアクセス数を見るに少し考えを変えてみる。

というのも、最近少々急がしい事と、備忘録として記事にしようというモチベートの無いニュースが続いたので、無理する事も無いので掲載本数が減った。
ところが、楽天広場のアクセス数にはほぼ変わりが無かったのだ。
つまるところ、最新訪問者の足跡なども見るに、一日200名ほどのお得意様がリピートしてウォッチして頂いている様子。

一方、Seesaaブログの方は外部からの検索で記事を閲覧して、TBをつけて下さる方が多い。
こちらはUUが一日100名くらい。PVはまちまちなのと期間が短すぎて資料性意味なし。
まぁ始めてからの期間も2ヶ月程度なので差があるのは仕方ないにしろ、
2年と2ヶ月とで倍程度の差というのは逆に以外だ。

やはり現在のITは「量」より「質」。テマヒマ考えて自分も絞った作業を鑑みる。

ここで加えて「閉じた世界」と「開けた世界」を感じた。

楽天広場は最新訪問者や登録会員だけのコメント機能などもあり
(私も荒れないようにコメント許可設定しているのは楽天広場会員だけ)
内部の自分と価値観共有できる、もしくは興味があったり見ていて面白いサイトをユーザーはチェックしているのではないだろうか?

一方、それに比べるとSeesaaブログは登録者同士の関係は薄い。
新機能の情報交換のTBを行ったりなどが、登録者間コミュニケーションとしてはメインな感じ。

だが、同じ記事の筈なのにTBはSeesaaブログの方が付く。
そして、交流関係は広まっている感じがする。

やっぱ楽天はアフィリエイト充実のレビュー日記サイトで、
Seesaaはポッドキャスティングも可能なBlogってことなんでしょうか?

ここでちょっと気になるのが「楽天広場のTBのつけにくさ」なのではなかろうか?

機能的な面から見ると、
実は楽天広場は「自分の記事にTBをつけて継続的な論考を行うBlog的側面が実はある」けど、それを使いこなしている人をあまり見ない。
それは「自分のBlog内検索性が悪いから!」

楽天広場ブログサーチってテストリリースのベータにしろ
自分のページから使えれば凄く便利だと思う。
http://blogsearch.plaza.rakuten.co.jp/

これ早く管理トップとBlogページにプラグインとしてつけてください!
自己Blog内検索機能が無いので、
仕方なく私は自分のBlogタイトルを加えてアンド検索してます
(楽天広場で現状のみ役立つ小技?)

加えて思うのが、
「テンプレートのデザインのせいで、何故かTBをつけるのに気分的に抵抗が出る」
これ、センシティブなもんですけど、
なんかテンプレートデザインがあか抜けてない気がする。

Seesaaもエイプリルフールの時はホリエモンテンプレなんて作って見せるくらい、
「自分所のテンプレートデザインにコンプレックス持ってる所」の筈なのに、
最近の見た目はそんなに悪くないですよ。CSSも安定してきたし。

楽天さんのデザインって「絵面の色身が強すぎる」のが多い。
バナーとかページの中でフォーカスしてもらうもの並みの明度や彩度でテンプレ全体ができているのが多い。
でも、設定が柔軟に可能なので、(ここは良いですよね!)
一応私の所のは相当柔らかく色味や文字の所を弄ったつもり。

この点、Seesaaも最初は真っ黄色のテンプレなんてトンデモもあったんだけど、
「文字ベースのコンテンツの可読性」とかを考えて、柔らかい色見になってきた。

イーグルスの新しいテンプレとかも見るにやっぱ色味がドギツイ!
周囲が強すぎて、中のコンテンツが沈みすぎる。
このあたりのヤボテンさを押さえてみたらどうでしょう?
例えば女性デザイナーとか増やすとかって手は有効かも?

そう言えば、楽天って女性ブロガー割合が多い気がするのは気のせいかな?
VRさん調べて欲しい(W
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/8312.html
はてなの女性使用率が割と高くてココログが低いのが以外!!
Nifty継承者テクノクラートの影響なのかナァ?

「女性も安心して打てる雀荘」とかって比喩が出る俺も変だが、
女性から信頼して貰えるってのは凄く強い武器だと思うけどね。

タグ:日記 blog

posted by wolf_howling at 12:26 | TrackBack(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事