2013年05月19日

Windows2000リカバリとOperaのアップデート

前のシステムクラッシュ記事を遡ると半年はもった様子だが、

>まだWindows 2000で使える無料ウィルス対策ソフト
http://read.seesaa.net/article/289819090.html

またも自動起動を繰り返したまま抜け出れないループのシステムクラッシュに。
日曜で時間もあるのでリカバリをかけた。

で、ローカルにとってあったOperaを入れたら最新版アップデートのダイアログ表示がされたので、入れようとしたらUxtheme.dllについてopera12にエラーが出るようになった。

どうやら同じ被害が出ている模様。

>opera 自動更新後のエラー
http://my.opera.com/japanese/forums/topic.dml?id=1522372

Uxtheme.dllを入れるためググって、怪しいサイトからDLLを落とすよりはということでKDWを使ってみた。

>KDWとは
http://www7.atwiki.jp/win2000/16.html

>KDWについて
http://yachiken.michikusa.jp/wow/sonota/kdwl.html


System32に直接入れるのは危ない感じなのでtemp側で実験したが、

>KDWのUxTheme.dllと.NET Frameworkの深い関係
http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1101855.html
>とりあえず、UxTheme.DLLは必要なアプリだけ フォルダに入れて使う方がよさそうですね。


それでは検出されないようなので、仕方なくSystem32下へ。

で、そのダイアログは引っ込んだものの、今度はkernel32.dll側を認識してくれない。

Windows 2000 SP4パッチはあててある。

>Windows 2000 SP4 用の更新プログラム ロールアップ 1
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=18997

これも下記からKernel32の改造版を入手させていただいて、

>Windows 2000 Kernel32 改造計画【BM】
http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1299806.html

KDWでいれてみたのだが、下記ダイアログがでて一向に症状改善しない。

GetuserGeoID.JPG

これKernel32を見に行ってるプログラム側のせいじゃねえの?と思って、
Operaの過去バージョンを探して少しづつ古いのを入れてみた。

http://arc.opera.com/pub/opera/win/

結局、2012/11/19のバージョン11代迄遡らないとエラーダイアログは消えなかった。
http://arc.opera.com/pub/opera/win/1164/autoupdate/

OperaがVer.12にした際に変更した何らかによって起きてる事だなというのは判ったが、
最新版が使えなくなったという事自体は未解決のまま。

サポートが切れてるOSつかってて最新版にアップデートのしようのないIEが強制で入ってる状態なので、今更ではあるんだけど。

メンテと原因追求にもつかれたので、ひとまずここまで。というメモ。

そもそも金払って買ったものが勝手に企業のメンテ放棄で使えなくなること自体がおかしいし、
ユーザー側にメリットがないWindows8だのUltrabookだのが売れてないのもアタリマエ。

Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用) / マイクロソフト(DSP)

さすがにUbuntuだののLinuxだの入れちまうってのが妥当だとは思いつつも、最悪の事態に備える形でデータ側をバックアップしておかないとなあ・・・。まあクラウドに徐々に分散させて逃がしたりはしてるんだけど。
KDDI系の光回線がまったく意味がないくらい遅い。これで月額1万円とかねえわ!

超かんたんUbuntu 100%活用ガイド [大型本] / 佐々木 康之 (著); 技術評論社 (刊)
超かんたんUbuntu 100%活用ガイド [大型本] / 佐々木 康之 (著); 技術評論社...

posted by wolf_howling at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自由なモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事