2007年03月18日

サイボーグ009 宇宙樹編

サイボーグ009 Vol.1
サイボーグ009 Vol.1石ノ森章太郎 井上和彦 杉山佳寿子

東映 2004-01-21
売り上げランキング : 15009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
サイボーグ009 Vol.2 サイボーグ009 Vol.3 サイボーグ009 Vol.4 サイボーグ009 Vol.5 サイボーグ009 第2章 地上より永遠に 1


http://streaming.yahoo.co.jp/p/y/taa/10058/

あー。9話までの無料配信もう終わってるよ! 紹介記事書こうとしてたら、まーた、VAIOのヤロー、システムクラッシュしやがって、ブックマークもバックアップから、ちまちま最新のに構築しなおしてたら・・・

まぁ見終わってはいたので、レビューはかけるのですが。

紹介にしてはなぁ・・・

東映の方だと、一話だけは無料でも観れます。
http://toei.cplaza.ne.jp/archives/009/index.html

確かに9話までで、北欧神話が敵の「宇宙樹編 完」って出ちゃう迄は、見せすぎちゃうか?って思っちゃうくらいだったけど、閉じるの早えぇ・・・

では、内容の方。

009シリーズは石ノ森章太郎のライフワークで、原作も出版社や雑誌を転々としながら続けられた作品だが、配信してるのは1979年の東映のプロデュースでサンライズが創った作品。

金田伊功のOP、キャラは芦田豊雄、演出を高橋良輔がやってる。

で、石ノ森と高橋良輔作品の共通項として「神との戦い」というものがある。

ブラックゴーストという死の商人=戦争と00ナンバーサイボーグたちは当初は戦うのだが、
徐々に敵対する存在が「人を超えた力を持ちながらも理不尽な行いをする存在」という対象にされていく感じがある。

漫画のキカイダーや、イナズマン VS キカイダーなどを見ても、
「善」や「正義」とよばれるものに対しての懐疑と批判があり、
正にそれを代表するのがスカルマンだろう。

人造人間キカイダー THE ANIMATION DVD-BOX
人造人間キカイダー THE ANIMATION DVD-BOX石ノ森章太郎 関智一

アニプレックス 2002-03-20
売り上げランキング : 16439

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キカイダー01 THE ANIMATION コレクターズDVD-BOX


イナズマンvsキカイダー (2)
イナズマンvsキカイダー (2)MEIMU 石ノ森 章太郎

角川書店 2006-02-01
売り上げランキング : 8773

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
イナズマンVSキカイダー (1) キカイダー02 (7) 仮面ライダーSPIRITS 9 (9) キカイダー02 (6) 仮面ライダーSPIRITS 11 (11)


スカルマン (1)
スカルマン (1)石ノ森 章太郎 島本 和彦

メディアファクトリー 2002-09
売り上げランキング : 196061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スカルマン (2) スカルマン (3) スカルマン (5) スカルマン (4)



一方、高橋作品ではボトムズのキリコの神殺しや、

装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 1
装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 1矢立肇 高橋良輔 今西隆志

バンダイビジュアル 2007-02-23
売り上げランキング : 2501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 2 装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー 装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ 装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル 装甲騎兵 ボトムズ VOL.12


ガリアンでの超越的な技術力に対する抵抗や反発をあらわす内容がある。

機甲界ガリアン DVDメモリアルボックス
機甲界ガリアン DVDメモリアルボックス高橋良輔 菊池英博 渕崎ゆり子

バンダイビジュアル 2003-03-28
売り上げランキング : 20163

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
機甲創世記 モスピーダ COMPLETE DVD-BOX 機甲猟兵メロウリンク ステージ・コンプリーツ (フィギュア同梱 初回限定生産) 銀河漂流バイファム COMPLETE BOX (完全初回限定生産) 伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 機動戦士ガンダム MSイグルー 黙示録0079 ジャブロー上空に海原を見た 1



石ノ森氏が亡くなられた為、正にその名が方向を示した遺稿「Conclusion God's War」は2001年のアニメで、序章のみが語られる。

サイボーグ009 ~Conclusion God’s War~序章~
サイボーグ009 ~Conclusion God’s War~序章~石ノ森章太郎 川越淳 櫻井孝宏

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2003-08-27
売り上げランキング : 16742

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
サイボーグ009 第2章 地上より永遠に 7 サイボーグ009 第2章 地上より永遠に 5 サイボーグ009 第2章 地上より永遠に 6 サイボーグ009 第2章 地上より永遠に 4 サイボーグ009 第2章 地上より永遠に 2



「もし」というものはありえないものなのだが、続きが書かれていたらどのようになっていただろうか。

ともあれ、新作の島村ジョーをやっていた櫻井孝宏は
「前のでは和彦さんだったんだってさー(笑)」というような状況。
確かに、当時の子供向けを意識している面もあるので、
演出や話の整合性などを鑑みると、流石に現在では相当厳しいところもあるのだが
展開などで、「え?ここで人死んじゃうの?!」というようなギャップが結構、今にしてみると効果的かも。

手塚作品だと、人気が無いとかで容赦なくキャストシステムキャラを話を盛り上げるために殺したりするのだが、
昨今の連載漫画ではキャラという商品は逆に数を増やしてって展開だったり、
人の死にも理不尽さや唐突さではなく、割とそれを引き立たせるための誘導を一応は意図的に入れておくので、(いわゆる死亡フラグ、活躍した後に死ぬって華持たせ演出)あっけなく人が死んじゃう方が逆にインパクトって出るものなのかもねとか。

古臭くなってしまったシナリオと演出を除けば、
展開と演技と、各キャラたちの活躍は埋もれさせてしまうには惜しい作品。
特にラストのくだりは現在でも「そうきたかー」と「小学校高学年」くらいなら思うはず。(卑下してるわけでなくて、子供の見るもの的なカラクリとしては楽しめるだろうと)

で、OPEDの歌がいいんだ!

OPは石ノ森作詞の「誰がために」、EDのこおろぎ'73が歌う「いつの日か」
双方、作曲は平尾昌晃で、編曲は今ではドラクエで有名な、すぎやまこういちの作品。劇中のBGMも、すぎやまこういちが手がけている。

サイボーグ009 ― オリジナル・サウンドトラック Vol.2 石ノ森章太郎 萬画音楽第全集6
サイボーグ009 ― オリジナル・サウンドトラック Vol.2 石ノ森章太郎 萬画音楽第全集6TVサントラ 成田賢 こおろぎ’73

コロムビアミュージックエンタテインメント 1999-08-21
売り上げランキング : 17797

Amazonで詳しく見る

posted by wolf_howling at 20:48 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最近の記事