2013年07月17日

がんばれ! ベアーズ大旋風 日本遠征 The Bad News Bears Go to Japan

がんばれ!ベアーズ大旋風 -日本遠征- [DVD] / トニー・カーティス, ジャッキー・アール・ヘイリー, 若山富三郎, 石原初音, アントニオ猪木 (出演); ジョン・ベリー (監督)
がんばれ!ベアーズ大旋風 -日本遠征- [DVD] / トニー・カーティス, ジャッキー・アー...

無印と「特訓中」のタイトルは記憶にあったが。これはタイトルは記憶から消えてたが見ているうちに見たことあるのを思い出した。

OPのアニメには花札の「あのよろし」だの、ハラキリ、ゲイシャで例の勘違いイメージを逆に1978年当事のアメリカでも既にパロディにしてたが、内容的に通して今の俺にとっては1978年当事の懐かしい日本の風景だのを見れる映画って楽しみ方が主だった。

富士山の前に見渡す限りの田んぼの稲穂でゼロ系新幹線がそれを横切るとか、もう逆に今の日本では見れない風景。

トレーン Nゲージ No.1 0系新幹線 / トレーン

ロケはあちこちでやってて花園神社から鬼怒川にワープしたりもしてるけど、主に新宿ではどの辺りで撮影してるか解る。関西の寺院ロケは何処だかは解らなかったけど。

Antonio Inoki ... Himselfって感じで出演してて猪木がマーシャルアーツチャンピオンと言いながら何故か空手の板割りというか発泡スチロール折りデモンストレーションやってて、子供に金的されてピンフォールとられるって役で出てるけど、アリとの再戦とかのネタも劇中でつかってて海外でも一応は知名度あったんだろうな。

アントニオ猪木名勝負十番I [DVD] / プロレス, アントニオ猪木 (出演)

当事、フジテレビで実際にやってたオールスター家族対抗歌合戦。
ロス疑惑で無罪になったものの別の逮捕後に牢中で自殺した三浦和義の叔母、水の江瀧子とか、
NHK紅白で指揮者とか務めてたけど元祖暴露本を書いて芸能界追放になったダン池田が審査員とかで出てる。

>ダン池田「芸能界 本日モ 反省ノ色ナシ」(昭和60年)
http://www33.ocn.ne.jp/~shinma/book/book002.html

ハゲを自分で暴露する形でアデランスのCMに出てた若原一郎が養女の若原瞳と歌ったり、
カローラCMで円満な芸能人一家を演じてたが後に離婚したジェリー藤尾と渡辺友子がムーンリバーを熱唱とかやってるけど、芸能人の家族が歌ってそれを有り難がるとか、当事の思考停止した視聴者の価値観が解るな。
俺はこの番組知ってるけど、マジンガーZと新ムーミン見終わった後の時間帯枠ってだけだったから、OPのドレミの歌聴いたらチャンネル変えてた記憶まである。

マジンガーZ BOX1(初回生産限定) [DVD] / 石丸博也, 松島トモ子, 松島みのり, 江川菜子, 八奈見乗児 (出演); 永井豪とダイナミックプロ (原著)

楽しいムーミン一家 人生の迷路を抜け出すための、ムーミン・セレクション。「悲しみの雨の降る日に」 解説・石井ゆかり [DVD] / 高山みなみ, 大塚明夫, 谷育子, かないみか, 子安武人 (出演)

司会の萩本欽一が若山富三郎演じる日本チームの監督に対してやる素人いじりにベアーズ監督トニー・カーティスが「彼を馬鹿にするな」って怒るシーンとかがあって、素人いじりを不快に思うのが普通の感覚だろってのは同意。

萩本欽一は観客席をテレビ局に持ち込んだ人間であり、元々演芸場で得意だった客弄りで人気になった芸人ってのも象徴的。萩本欽一の技法とか当事の日本人の感覚が世界に恥ずべき「お笑い」なのは明白。

というか笑いをとる役、笑われる役というツッコミとボケが本来プロであり、ギャラを貰える訳でもないというか逆に金払って来ている観客を笑いものにする技法ってのは明らかに不遜だし、
素人いじりってのは、マスゴミという高圧的な情報操作権力と、野次馬的なタダで身に来ているギャラリーって過去の関係じゃないと成立し得ないものだな。

だからこそ現在では萩本欽一では数をとれないし、奴の芸で笑ったりなんてのはマスゴミに洗脳されてる老害にしかいないわけだけど。

欽ちゃんのどこまでやるの! DVDボックス / TVバラエティ, 萩本欽一, 小堺一機, 関根勤, わらべ (出演)

今のタモリ、たけし、さんまみたいな老害が身内やゴマスリスタッフに愛想笑いしてもらって、それがウケてると思いこんで有頂天って馬鹿げた状態をマスゴミとして視聴者におしつけてる。何がビッグ3だ。世界に全く通用するレベルにない、近所の五月蝿い親父と変わらない連中じゃねえか。

タモリ2 / タモリ (演奏) (CD - 2007)

オレたちひょうきん族 THE DVD (1981-1982) / ビートたけし, 明石家さんま, 島田紳助, 山村美智子, 西川のりお (出演)

ダウンタウンだのもそのゴマスリ風潮を継承した結果が今のクソつまらないお笑い。
(昔のドミノ倒しの番組で水に落下したドミノをさんまが「あれはダウンタウンていう関西のお笑いです」って言ってたのを俺は覚えてる。)

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(祝)放送23周年目突入記念DVD 永久保存版17(罰)絶対に笑ってはいけないスパイ24時 初回限定版(本編ディスク4枚組+特典ディスク1枚) / ダウンタウン, 山崎邦正, ココリコ (出演)

とんねるずみたいにウチワウケでテレビ局スタッフからだけ笑いをとったりってのが末期。
北野たけしと石橋貴明組ませても一般視聴者が笑える番組、見たいと思う番組なんてできっこねえだろ。
マスゴミ放送局の内部が完全に世間の感覚と違って狂ってる証拠。

とんねるずのみなさんのおかげでした 博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 vol.1 「リカコと過ごした夏」 EPISODE1-5 [DVD] / とんねるず (出演)

お笑いから話を映画に戻す。

一方で子連れ狼の拝一刀や

子連れ狼 DVD-BOX 二河白道の巻 (4枚組) / 若山富三郎, 富川晶宏 (出演); 三隅研次 (監督)

『魔界転生』の「親父殿」柳生宗矩とか

魔界転生 [DVD] / 千葉真一, 沢田研二, 緒形拳, 佳那晃子 (出演); 山田風太郎 (原著); 深作欣二 (監督)

時代劇でコワモテな役の多い若山富三郎がコミカルな役を非常に上手く演じてるのが印象的で、大根役者と子役だらけのこの作品中での演技面唯一の救い。運動神経がいいところを見せるサービスの為か、全く必要が無いのに唐突に前方転回をみせるシーンとかもある。

こないだジャッキーチェンのカンニングモンキー「天中拳」やってたので見たのだが、これも78年作品なんだけど、ラストでおもむろに子連れ狼のテーマが流れてオチってのを上手い事忘れてて「あー、そういえば」って思って見た。当事はアメリカでも香港でも子連れ狼は有名だったんだよな。

カンニング・モンキー/天中拳 [Blu-ray] / ジャッキー・チェン (出演); チェン・チー・ホワ (監督)

世界への日本の知名度といえば、安っぽいセットのビルを壊してるゴジラもどきを子供がバットで殴って「すみません」ってバットのCMが劇中にある。
エンドロールにはTOEIの文字があって東映が絡んでるのであろう証拠はあるんだけど、
当事でも海外には知名度があるメイドインジャパンなゴジラでも円谷が出すのは許可しなかったのかな。

ゴジラ DVDコレクションI(5枚組) / 宝田明, 河内桃子, 小泉博, 若山セツ子, 高島...

太ったエンゲルバーグが箸使ってるシーンとか細かい所にも目が行く俺だが、映画よりテレビシリーズ側の印象が強いので、映画シリーズには出てる役者が同じなんだろうけど違和感がある。

がんばれ!ベアーズ DVD-BOX / ジャック・ウォーデン, キャサリン・ヒックス (出演); ブライアン・レヴァント (プロデュース)

でも、ベアーズのメンバーと言えば女性ピッチャー役やってるテイタム・オニールは印象深かったので名前まで覚えてたが・・・この映画には出てない!

がんばれ!ベアーズ [DVD] / ウォルター・マッソー, テイタム・オニール, ヴィック・モロー, ジャッキー・アール・ヘイリー (出演); マイケル・リッチー (監督)

テイタム・オニール 写真(中) Portrait Photograph #2 / Trad Pictorial Service

で、そのテイタム・オニール演じる女性ピッチャーが何で出てないかっていうと、そのピッチャーとつきあってたチンピラ風のケリーは日本人の女の子との恋愛ストーリーとかが入れられてて、毛唐の無節操ぶりと、ガイジンなら何でもアリか?的なビッチとして着物を着た大和撫子がこの映画では描かれてるから。

実際、ケリーを演じてるジャッキー・アール・ヘイリーのみてくれは痩せぎすで全然強くもチンピラにも見えないんだけどね。流石ロバート・イングランドに代わり、リメイク版エルム街の悪夢で2代目フレディ・クルーガーやってるのがぴったりって風貌はガキの頃から。

エルム街の悪夢 [Blu-ray] / ジャッキー・アール・ヘイリー, カイル・ガルナー, ルーニー・マーラ, ケラン・ラッツ, トーマス・デッカー (出演); マイケル・ベイ, アンドリュー・フォーム, ブラッドリー・フラー (プロデュース); サミュエル・ベイヤー (監督)

まーそんなジャッキー・アール・ヘイリーだが『ウォッチメン』のロールシャッハでもある。

ウォッチメン [Blu-ray] / マリン・アッカーマン, ビリー・クラダップ, マシュー・グード, カーラ・グギーノ, ジャッキー・アール・ヘイリー (出演); ザック・スナイダー (監督)

で、川崎球場で日米野球をやるんだけどフジテレビの番組がとりあつかわれてる割には、左バッターボックス奥に「わが家の友だち10チャンネル」、1塁側に「TBSテレビ」って看板におもいっきりかかれてて映ってるんだけどハリウッド側はどうもいいって扱いなんだろうな。

草野球を西新宿高層ビル群を背景に空き地でやってるんだけど、これに映ってない高層ビルって事と、位置関係的に多分、都庁の建設予定地でやってるものと思われる。
その空き地を見下ろしたホテルは新宿ヒルトンの一室かな。

がんばれ! ベアーズ トリプルプレイ パック (初回限定生産) [DVD] / ウォルター・マッソー, ウィリアム・ディヴェイン, トニー・カーティス (出演); マイケル・リッチー, マイケル・プレスマン, ジョン・ベリー (監督)
がんばれ! ベアーズ トリプルプレイ パック (初回限定生産) [DVD] / ウォルター・マ...

posted by wolf_howling at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事