2013年08月16日

映画「我が闘争」1960年/スウェーデン

我が闘争 デジタル・リマスター版 [DVD] / ドキュメンタリー映画 (出演); トーレ・ショーベルイ (プロデュース)
我が闘争 デジタル・リマスター版 [DVD] / ドキュメンタリー映画 (出演); トーレ・ショーベルイ (プロデュース)

ナチスの手口を学べとか、外交上ツッコミ入れられる隙がある失言を繰り返すなんてのは国益としてマイナスでしかなく政治家に向いてないどころか、ヒューマニズムがある人間なら口にする筈もないことを、名ばかり民主主義の世襲状態のボンボンはぬかすわけで、挙句にそんな輩が副総理とか衆愚政治ってのはこの事だ。

そもそもナチスは全権委任法って法律を通して憲法を無視しただけでワイマール憲法変えてなくてドイツ敗戦後に新憲法つくるまでそのままだったわけだから、
「ワイマール憲法が誰も知らない間にナチス憲法に変わっちゃった」という発言自体が無学も甚だしい。
意図どうこう以前に事実と違う風雪を流布する嘘吐き。

しかも「素晴らしいワイマール憲法」とかぬかしてやがるが、大統領に首相任免権、国会解散権、軍統帥権だのの強権の上に憲法停止の大権まで与えてたザル法じゃねえか。だからナチスなんかが増長することを許したんだっての。そんな事も知らない素人が権力ふりかざして憲法改正だの立法に関わってる事自体が末期としか思えない。

ともあれ憲法は変えてないにせよ、どうしてあのチョビ髭があそこまで世界に影響を与えるに至ったのか興味があったので見てみた。

本編は総統閣下シリーズ MADで有名になった役者が演じてるのとは違って

ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray / ブルーノ・ガンツ, アレクサンドラ・マリア・ララ, ユリアーネ・ケーラー, トーマス・クレッチマン (出演); オリヴァー・ヒルシュビーゲル (監督)

実写映像を繋いだものなので戦勝国マンセー的な感じではないのと、スウェーデンの編集者が作ってるので、ヒトラーが増長することをむざむざ許したイギリスやフランスにも割と手厳しい感じの内容。

ドイツ語は100ワードも知らないであろう俺だが、演説のシーンで大声あげて怒鳴り散らすチョビ髭がどうやって人心操作してるのかは何となく把握した。

有名な同名の著書と違って、

わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫) [文庫] / アドルフ・ヒトラー (著); 平野 一郎, 将積 茂 (翻訳); 角川書店 (刊)

ドイツの第一次大戦敗戦後のドイツの状態からこの作品は始まるのだが、
オーストリア人ヒトラーの出自から落第の繰り返しの学生時代と、職業を転々とする貧困生活に従軍など、コンパクトに生い立ちを紹介しているのだが、つまるところ、このコンプレックスの塊になる人格形成があったからこそ、不満を持つ若者や、仕事に就けない貧困層や労働者の心の内を理解しており、それが演説で役にたっている。

独裁に至る前の演説では兎に角、若者や労働者を誉めちぎり、輝ける将来をイメージさせて「釣る」という技法だった。

また無学なローゼン曰くの「誰も知らない間に」どころか、親衛隊や軍部の暴力による実力行使こそが釣られなかった人々の反対を押さえつけ、恐怖によって黙らせ従わせたやり口こそが、ナチスの手口そのものだった。

この恐怖政治の手口を学べとかぬかす人外なんかは最も政治や権力から遠ざけるべき。考えもつかない事を人間は口にすることはない。

そして国家までもがこの暴力に怯えて、もしくは関わることを面倒がって、ミュンヘン会談でチェコスロバキアを犠牲にしたイギリスやフランスこそはロンドンやパリがあのザマになる事に同意していたのも同然。

で、大戦と敗戦については割と毎度お馴染みの展開で駅とか爆撃しただのって言ってるけど、
現代でも交通の要所や工場を襲うのは戦略の基本的手法にせよ、
病院までもピンポイント爆撃し、ウィキリークスで民間人をヘリからの射撃で殺している事をばらされてる世界の警察の行いはナチス以下って話だが。

>Collateral Murder - Wikileaks - Iraq
http://youtu.be/5rXPrfnU3G0


大抵の残酷な映像にも耐えられる俺だが、ラストの収容所写真だけは心底惨いと思った。

殺された方々が身に着けていたあまりにも大量な服や靴や眼鏡の山・・・

これだけの人々が成す術もなく殺されていったのかとは汲み取って察するのだが、あまりに数が多すぎて感覚的に掴めなかった。想像が追いつかないレベルに酷い。

この映像だと第二次大戦で殺された民間人が2400万人って言ってたけど、軍人だって強制的に徴兵もされてたわけで。

権力を欲して他人を利用しようとする奴らこそが自分たちだけで殺し合いでもすればいい。

続・我が闘争 デジタル・リマスター版 [DVD] / ドキュメンタリー映画 (出演); トーレ・ショーベルイ (プロデュース)
続・我が闘争 デジタル・リマスター版 [DVD] / ドキュメンタリー映画 (出演); トーレ・ショーベルイ (プロデュース)

posted by wolf_howling at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事