2013年08月18日

マイノリティ・リポート

マイノリティ・リポート 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray] / トム・クルーズ, コリン・ファレル, サマンサ・モートン, マックス・フォン・シドー, キャサリン・モス (出演); スティーブン・スピルバーグ (監督)
マイノリティ・リポート 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray] / トム・クルーズ, コリン・ファレル, サマンサ・モートン, マックス・フォン・シドー, キャサリン・モス (出演); スティーブン・スピルバーグ (監督)

俺、トム・クルーズもスピルバーグも別に好きじゃないので、わざわざ金だの払ってまで見てなかったまま10年以上が経過って感じだな。

UIで有名なこの作品だけど、ぶっちゃけ多数のファイルを扱うのならCUIが最強、現存するタッチパネルUIなんかはいずれもマウスベースのUIより劣る。

既にKinectでこれの真似事はできるけど、便利でもなんでもねえし。

Xbox 360 Kinect センサー / 日本マイクロソフト

とはいえモバイルに最適な音声入力ってUIも長い歴史を持ちながらいまだに微妙なまま。
20年近く試してる俺の経験上で、クラウドで膨大な辞書を持てたって事位しか実質革新はないし。

ドラゴンスピーチ11J 優待版 / ジャストシステム

透明な板状のメディアの整理方法も顕微鏡のプレパラートとか思い出したけど、あれって検索性も一覧性も低いから。一枚づつ取り出してみないと中身がなんだかわかんねえだろ。
既に2000年のPS2発売のおかげでデジタルバーサタイルディスクは浸透済みだから、2002年のこの作品はなんかSFっぽい変わった事をやろうって発想だったんだろうけど、クラウドで管理してるファイルを無線で飛ばす位が、シリアルの箱の表面に広告動画を流したり、立体映像を室内に投影できる技術があるのにできてない事側にもう違和感が・・・。非接触メディアですらないのはSuicaとか普通に使って暮らしてる人間からすると違和感ありすぎ。

何よりエアカーレベルのホバークラフトがあって、ジェットパック使ってる警官までいる2054年の世界なのに建物や室内の生活空間が20世紀すぎる。

欧米の近代建築だと耐久年数は50年程度じゃね?
とある建築家の方に伺ったが近年のフランスでは30年程度が建築物の寿命って感じで壊すって話。
地震の有無とかもあるけど、レンガの建築物なんて安全性の面からんみれば壊した方がいいとおもう。
レンガの建築物をありがたがるのなんて末っ子のブタ位だろ。

3びきのこぶた ~建築家のばあい~ [大型本] / スティーブン・グアルナッチャ (著); スティーブン・グアルナッチャ (イラスト); まきお はるき (翻訳); バナナブックス (刊)

というか下部が球体で普通の地面に着陸ができない設計ってバカげた全く合理性に欠けた構造デザインのホバークラフトがCG使ってようが映像美的にあまりにも醜悪。ダサい。

これに先駆けること20年前のブレードランナーのポリススピナーのデザインって何てカッコイイんだろうって思う。

1/24 スピナー / フジミ模型

まー古臭いアメリカと近未来ってのも原作のフィリップ・K・ディックの世界観だからって事なんだろうけど、
多分に制作当時に意識したであろうマトリックスのスタイリッシュな画面と極端な世界観よりも後発なのに、映像として野暮ったい感じがぬぐえないのはスピルバーグの技量の無さというか古臭さなんだろうな。

マトリックス スペシャル・バリューパック (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray] / キアヌ・リーブス, ローレンス・フィッシュバーン, キャリー=アン・モス (出演); ウォシャウスキー兄弟 (監督)

でもGAPのデジタルサイネージは立体映像っぽい表現を除けば割と近いものは今でも作れそう。
とはいえ、自販機にドリンク剤勧められたからって買わねえよバーカってのが人間様だろ。

日本を動かす次世代メディア デジタルサイネージ戦略 電子看板最前線 [単行本(ソフトカバー)] / 中村 伊知哉, 石戸 奈々子 (著); アスキー・メディアワークス (刊)

プライバシー問題がありすぎるが個々人を識別してビッグデータで傾向とかレコメンドしたとしても、そもそも同じというか似たような服なら増やす意味自体がなくね?結局、売る側の都合でデータ処理しても無意味。

最強のビッグデータ戦略 [単行本] / ビル・フランクス (著); 長尾高弘 (翻訳); 日経BP社 (刊)

俺、Amazonは日本上陸前から10年以上使ってるけど、レコメンドされた商品なんか買ったことねえ。
でも、カレー屋では同じものを30年ずっと食うので、マスターは俺が黙って座っても「いつもの」を出してくれる。

まー俺は衝動買いはおろか、誰かに言われたからとか、他人が買ってるから、流行ってるとかマスゴミが風雪を流布してるから買うなんてことは絶対にしねえからな。
最初から自分で購入するものは情報を集めるだけ集めて、試用できるものはやってから買う。
それを必要最低限でやってるから無駄遣いがない。だから数千万って現金を所持してる。

話を映画に戻すと、もう古典なのでサスペンスとしてもSFとしてもアリガチなのにその映像に3時間もいらねえ。こんなの犯人とかオチとかバレバレじゃん。あまりに退屈。ながらで十分。

それと「24」同様に俺にとってはこの主人公もアメリカの殺人事件も別にどうでもいいから、何の感情移入もねえってのに尽きる。

24 -TWENTY FOUR- シーズン8 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD] / キーファー・サザーランド (出演)

よっぽど銃規制した方がこんな占いシステムより確実に人死に減らすことができるぜ。

銃を持つ民主主義―「アメリカという国」のなりたち (小学館文庫) [文庫] / 松尾 文夫 (著); 小学館 (刊)

その解り切った最善策ですらも、死の商人のビジネス優先っていう自由の国はとりっこないので正に対岸の火事なんだけどな。

マイノリティ・リポート [DVD] / トム・クルーズ, コリン・ファレル, サマンサ・モートン, マックス・フォン・シドー, キャサリン・モリス (出演); スティーブン・スピルバーグ (監督)
マイノリティ・リポート [DVD] / トム・クルーズ, コリン・ファレル, サマンサ・モート...

posted by wolf_howling at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事