2013年08月23日

SeesaaBlogでGoogle Webmaster Toolsエラー

これからはじめる SEO内部対策の教科書 [単行本(ソフトカバー)] / 瀧内 賢 (著); 技術評論社 (刊)
これからはじめる SEO内部対策の教科書 [単行本(ソフトカバー)] / 瀧内 賢 (著);技術評論社 (刊)

なんかこのBlog自体が検索に掛からないな?と思ったら、
google Webmaster Toolsからエラーの警告メールがきてた。

http://read.seesaa.net/: Googlebot can't access your site
Over the last 24 hours, Googlebot encountered 1679 errors while attempting to access your robots.txt.

って書いてあって、確かにrobots.txtを置いてあった所を叩いてみたら空っぽ

http://read.seesaa.net/robots.txt

こないだSeesaa側がソーシャルボタン表示を自分で壊してやがったので、テンプレをSEO対策改造したものからデフォルトに一旦してみたのがいけなかったか?とも思ったのだが

>Seesaaブログ表示不具合が全く改善しないどころか・・・
http://read.seesaa.net/article/370946478.html

それは8月1日にやってみてたんだけど、
久々にGoogle Webmaster Toolsを開いてサイト エラーを見てみたら7/12からエラーが日に100件を超えるようになってた・・・

SeesaaBlogのrobots.txtってどうなってたっけ?と思ってググると

>robots.txt って何だろう?
http://blog-tips.net/article/115961493.html

>シーサーブログの場合はサブドメイン型ブログなので、デフォルトで設定されているようなんですが、robots.txt はサブディレクトリには設置できないようです。


>シーサーブログの場合は自分では設定できません。


ってーと、運営側。何やってくれやがったんだ?と。

下記みたいな記述もあるので置いてない形で、スパムのぼっと含めなんでもクローラー飲み込むって状態のようにも思うのだが・・・

>Seesaaブログが検索エンジンに弱くなった理由
http://hikkyi.seesaa.net/article/17372839.html

>Seesaaの5月19日のサーバ増強後、「robots.txt」が削除されたようなので、このエントリーの内容は「間違い」になりました。


じゃあ何でクローラーエラーでGoogleから警告が来るんだろうと。

殆どのクロールエラーはタグの個別ページで起きている様子。

これ何が原因なんだろうなあ。

サイトマップがうまく生成されてないから、クローラーに食わせられてないんじゃねえかな?ってまずは思った。

さて、SeesaaBlogってどうやってサイトマップ作ってたっけ?っていうのでググると

>GoogleサイトマップXML出力機能追加のお知らせ
http://info.seesaa.net/article/26537993.html

>以下の手順でサイトマップXMLの出力が可能です。
1.Seesaaブログトップページの「マイブログ」からサインイン
2.「設定」>「ブログ設定」を表示
3.「サイトマップXMLの出力 する/しない」で「出力する」を選択
4.「ブログ設定の変更」をクリック


で、自分でブログの設定を変えてはいないかを確認してみたが、
サイトマップXMLの出力 する になってた。

とのことで、http://ホスト名.seesaa.net/sitemap.xmlをアップデートしてみるかと思った。

というのも、警告メールに

>After you think you've fixed the problem, use Fetch as Google to fetch http://read.seesaa.net/robots.txt to verify that Googlebot can properly access your site.


とあるので、Fetch as Googleを使って、とりあえず、サイトマップをアップデートしてみた。

「URL をインデックスに送信」から

「次の URL を Google インデックスに送信」のフォームに

htt​p:/​/re​ad.​see​saa​.ne​t/s​ite​map​.xm​l

と指定して

「URL とすべてのリンク ページ」

という形で選択。

>サイトを大幅に変更した場合に選択します。Google ではこの URL を基にサイト コンテンツのインデックスを作成しますが、サイト上のすべてのページがインデックスに登録されるとは限りません。


こんな感じでインデックスを貼りなおしてみた。

そして、エラーが出ていたページをクロールエラーから「修正済みとする」って形でエラーページからはずしてみた。

で、「検索のデザイン」の「HTMLの改善 」メニューをみてみたら「重複するメタデータ(descriptions) 」てのがエラーの元らしい。

そのダブりの箇所はというと

「アニメやマンガ、電子書籍、映画やAndroidアプリのレビューに、IT関連NEWSに対する愚痴とボヤキ、てな感じでボチボチと」

って、これ、俺のブログの紹介文がタグのページにテンプレで含まれているのをペンギンアップデートが嫌ったって事だなー。

ペンギンパンダに対応した新SEO対策

これSeesaaBlogのタグのページのテンプレを改造してdescriptionsから紹介箇所を外すか、
紹介分とdescriptionsを全部消す形でしか対応方法ねえような気がする。むしろ後者か?(苦笑
って事で先ずは不本意ながら紹介分をがっさり消してみたら、SeesaaBlogのシステム側が

>※エラー ブログ説明が入力されていません。


・・・ふざけんな!

ソーシャルボタンのバグもだが、基本的なSEO効果を下げるようなシステムを運営側が構築してテンプレ実装してるって話じゃねえか!

これで改善しなかったら、テンプレいじるしかねえ!

・・・でも面倒なのでBRタグとか無害なものを入れておいてシステムを騙した。
クソみてえなシステムはハックするのも楽勝だな。

さて、これでインデックスされてGoogle八分が解除されるかどうか、オペレーション結果を待つこととする。
この作業自体は良くも悪くも未経験だったので勉強にはなるのだが。

しっかし、こんなやり方じゃCMSやブログサイトをGoogleは全部除外する気か?

10分でできるホームページ(第3版) CMS&クラウドコンピューティングによる本格ウェブサイトスタートガイド [単行本] / 河村 卓司 (著); 自由国民社 (刊)

自分たちはセマンティックに物事を進めようと単純化して押し付ける癖に、
コンテンツ作ってる側には手打ちでホームページ作ってた時代にでも戻れってのかバカ!
ホント、どんどんGoogleはEvilになってく一方。
ビッグデータとやらをかき集めまくっても、アウトプットがゴミだから、ソーシャルに検索が敗北していくことは必定だな。

Google Analyticsパーフェクトガイド Ver.5対応版 [単行本] / 山浦 直宏 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)
Google Analyticsパーフェクトガイド Ver.5対応版 [単行本] / 山浦 直宏 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)

posted by wolf_howling at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事